反社会学講座ブログ

パオロ・マッツァリーノ公式ブログ
反社会学講座ブログ TOP >

やっぱりやろうよ、ベーシックインカム

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。ここしばらく原稿執筆を優先していたので、ブログを書くのは久しぶりです。その間、世間ではいろいろあって私が思ったのは、やっぱりベーシックインカム、本気で検討するべきじゃないか、ってことでした。

 日本にいるかぎり、どこに住んでいようと地震などの自然災害からは逃げられません。大規模な自然災害ともなると、人間の努力や心掛けで防ぐのは不可能です。地球規模の気候変動に見舞われている以上、今後、自然災害は増えることはあっても減ることはないでしょう。日本で暮らしていれば、だれもが一生に一度は被災者になるといっても過言ではありません。
 で、被災したときになんらかの援助を受けるには、罹災証明とかを申請しなきゃいけないわけですよ。被災直後のタダでさえ肉体的・精神的ダメージが大きいときに、そんな申請すること自体がみじめでイヤな感じになるんじゃないですか。しかも災害直後は役所のほうだって復旧作業にてんてこまいだから、書類の審査とかはどうしたって後回しになってしまいます。
 ベーシックインカム(BI)をやってれば、なにも申請せずとも、毎月の決まった金額がいつもどおり自動的に口座に振り込まれるんですよ。いつ、いくらもらえるのかわからない義援金や見舞金よりも、確実に生活の足しになります。突然の災害で家を失おうと職を失おうと、BIだけは生きてるかぎり無条件に誰もがもらえるんです。BIは誰も見捨てません。困ったときに、これほどあてにできる画期的な福祉システムが他にありますか。

 先日から『健康で文化的な最低限度の生活』というドラマもはじまりましたけど、もちろんBIの本来の目的は、世界中の国で破綻しかけている、生活保護など福祉制度全般の再生にあります。
 福祉が目の敵にされがちなのは、それを不公平だとカン違いしてるひとが多いからです。
 しばらく前に、ガイ・スタンディングさんの『ベーシックインカムへの道』という本を読みました。これまでのBIをめぐる論点はほぼ押さえられてるので、入門書としてもおすすめです。
 この本によると、世界中で似たような世論調査結果が出るそうです。「BIを受け取っても、自分は仕事を辞めたり減らしたるするつもりはない。でも、自分以外の人はBIを受け取ったら怠け者になる」という理由でBIに反対する意見が多いとのこと。
 要するに、「よのなかの連中はみんな怠け者だが、私は少数の勤勉な人間である」と、「多数の」ひとが考えてるわけです。なんという矛盾。この矛盾した人間不信&自己過信は世界共通の現象なんです。
 日本人もねえ、自分らは勤勉だが外国人は怠け者だと長年いってきましたけど、いまや日本のコンビニや外食産業は勤勉な外国人労働者に支えられてます。
 実際には、世界中の人間の多くは勤勉なんです。もしも世界中が怠け者ばかりだったら、とっくのむかしに地球の文明社会は崩壊してます。
 でも勤勉なひとほど、自分だけが必死に働いていて、他人は怠けてるという被害妄想に取り憑かれやすく、福祉制度はマジメな自分が払った税金を怠け者に与える不公平な制度だと敵意を抱いてしまいがち。
 ほら、だから、BIなんですよ。BIは最初からすべてのひとに平等に支給されます。究極の公平な制度です。
 困ってない人にまであげる必要はない、って考えが、そもそも間違ってます。だって災害の例でもわかるように、一生に一度くらいは、だれもが必ず困るんです。困ってからもらったんじゃ遅い。困る前に支給されてれば、困ったときにすぐ使えます。
 悪いようにはなりませんて。BIはきっと有意義に使われます。なにしろ、よのなかのほとんどのひとは勤勉なのだから。
[ 2018/07/19 21:24 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

近況など

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。オリンピックと同様に、ワールドカップ中継もまったく見てません。ボールは他人。興味ないよ!
 ここんところ、ブログもツイッターもあまり更新していないのですが、べつに体調不良とかではありません。現在、新刊の執筆作業が大詰めを迎えているところです。
 なぜか締めきりが迫ると、シャンシャン見に行きてえなあ、とか世俗的な欲求に駆られまして、じゃあ脱稿したら見に行こう、なんて思うのですが、完成しても、たぶん見に行かないんです。しょせん現実逃避の欲求なんで、仕事が終わると欲求も消えるんですね。
[ 2018/06/25 21:26 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

漫談・下町のドンファン

 こんにちは、下町のドンファンです。足立・葛飾・江戸川区あたりの商店街やスナックでがんばっていきたいな、と思いますけども。

 さっそくのダメ出しなんだけど、ドンファン、人生の先輩として、ジャニーズのメンバーに忠告しておきたい。女遊びをしてもいい。だけど、遊ぶ相手はオトナにしろよ、ってね。
 よし、ドンファンいいこといった。テンションマックスだから、今夜はショーンKの復帰パーティだっ!
 ウソです。いや、ウソはいかんよねえ、ショーン。

 で、あちらのドンファンの事件だけど、仮に殺人だとしたら、あまりにわかりやすすぎません? あんなすぐにバレるような殺しかたする? 犬を殺して次はおまえだぞ、って、まるでマフィアの脅しかたじゃん。コワぁ。
 殺人だとして、犯人は2時間サスペンスも名探偵コナンも観たことないのかね。計画殺人ならもうちょっと工夫しそうなもんだけど。学習能力ないのか。まあ、スナックの常連の2サスファンの推理では、意外性を狙って犯人はデヴィ夫人だろうってことだったけど。シロウトの推理ほどあてにならないものはないね。

 学習能力がないといえば、スポーツをやると人格が磨かれるとか、スポーツをやると人間性が高まるとかいってる人たち。
 アメフトの件ばかりじゃない、相撲、レスリング、ああいう一連のゴタゴタを見ればわかりそうなもんだ。スポーツをやってる人間にも指導者にも、クソみたいなヤツはたくさんいるんだよ。クソ人間がスポーツをやったからって、人間性は変わらないの。クソ人間がスポーツをやっても、スポーツが得意なクソ人間になるだけ。

 あちらのドンファンならきっと、女遊びが男を磨く、とかいうよ。スポーツをやれば人格を磨けるってのも一緒。なんの根拠もない俗説だし、スポーツやらない人への差別・偏見だよね。
 じゃあさ、生まれつきからだが不自由でスポーツができないひとは、みんな一生クソ人間のままだってことになっちゃうじゃん。女房こどもがいるのに、浮気相手と旅行に行きまくってたりするような……あれ? なんかそんなひとがいたような……?
 気のせいかな。とにかく、スポーツ経験と人間性にはなんの関連もないってことに、いいかげん気づけよ、って話。

 ドンファンも最近気づいた。女優とつきあうにはIT社長をめざさなきゃいけないのかと思ってたけど、いまから社長になるのはムリだなあ。大変だなあ。IT係長くらいじゃダメ? ダメかぁ。じゃあ、また!
[ 2018/06/11 09:46 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

言葉の時代考証

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。秋・冬と豊作だったテレビの連ドラでしたが、この春、ちゃんと録画して観てるのは『シグナル』だけ。『崖っぷちホテル』と『家政夫のミタゾノ』は放送時間に観られるときだけ観てます。気軽に愉しんで、ちょっといい気分で寝られるという深夜枠ドラマの役割をきっちり果たしている良作なので、やっぱり放送時間に観るのがいいのかな、と。

 朝ドラの『半分、青い。』は、おもしろくなってきました。朝ドラってやっぱり、現代物のほうがいいんじゃないの? 戦前の話だと現代人にとってはもう異世界のファンタジーなんですよ。作り物臭がぷんぷんにおってきて共感しにくい。
 ひとつ引っかかったのは言葉の問題。こども時代の回で、「マジ」「ビミョー」ってセリフが聞こえてきたのにはビックリしました。その時代にはまだどちらもほとんど使われてなかったはずです。
 マジは80年代後半くらいから、ビミョーはもっとずっとあとでしょう。てなことをいうと、マジは江戸時代からあったんだぜー、と知識をひけらかす雑学マニアが出没しそうですが、それは言葉として存在したというだけで、庶民の日常会話には使われてなかったと思いますよ。

 夕方には『カーネーション』の再放送をやってるんですね。いま、相撲で中断してますけど。たまたま観た日の回で、主人公が仕事仲間に「お疲れさんです」っていってました。
 これもまちがいです。お疲れさまはもともと芸能界だけで使われていたあいさつで、一般人が使うようになったのは80年代から。
 78年の朝ドラ『おていちゃん』の台本にお疲れさまというセリフがあったのですが、これは芸能界で仕事をしている脚本家が、つい書いてしまったのでしょう。でもこのときは、たまたまリハーサル現場にいたNHKのアナウンサーが気づき、大正時代にお疲れさまというあいさつはなかった、とディレクターに教えてセリフが修正されたというエピソードが残ってます。『カーネーション』のときは、もうお疲れさまが日常語になりすぎていて、だれも気づかなかったんですね。

 まあ、言葉の時代考証はむずかしいところです。時代劇で、本当にその時代の言葉でしゃべられたら、たぶん現代人には理解できないし。セリフが現代語に吹き替えられてる、と思うことにしましょうか。
[ 2018/05/24 20:52 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

将来なにになりたいですか?

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。こどものころ、「将来なにになりたいですか」と質問されたり、作文を書かされたりするたびに困ってました。私は、なんにもなりたくなかったからです。

 たとえば現在、不動産屋で働いてるひとたちは、こどものころから土地建物が大好きで、将来は不動産屋で働きたいです、と作文に書いてたの? たぶん、そんなひとほとんどいませんよね。たまたま仕事を探していたとき、不動産屋の求人があって、たまたま応募したら採用された、って感じじゃないですか。
 特殊な資格を必要としない業界なら、だいたいの仕事はそんなもんです。たまたま就職して、その仕事が向いてればプロになれる。向いてなくたって、続けていればいつのまにかプロになってたりする。
 こどもに将来なりたい職業なんて聞くことに意味があるんでしょうかね。幼いころから将来の目標を明確に設定し、それに向けて研鑽・努力に励まねばなりませぬ、みたいな悲壮感あふれる指導をする必要はないんじゃないの。
 こどものころから始めなければならない職業は、子役とスポーツくらいでしょ。子役はオトナになってから始めるわけにいきません。スポーツは非情な世界です。どれだけ経験と実績を積み重ねた名選手でも、年とると必ず若い才能に負けて引導を渡されます。逆にいうと、10代で芽が出なければプロになるのはまず不可能です。
 むかしは音楽も3歳からやらなきゃダメとかいってましたけど、必ずしもそうじゃなさそうです。中学生くらいで楽器をはじめて、プロのミュージシャンになってるひともいますから。

 現実には、こどもの頃なりたかったものになれたひとのほうが少数派なんじゃないですか。たいていのひとは、オトナになってから仕事を探し、たまたま就職してますが、べつにそれが不幸な人生ってわけじゃありません。むしろあまりに目標を絞っていると、挫折したときに軌道修正ができなくなるかもしれません。

 いま私は肩書きもなく、どこの組織や会社にも所属せず、何者でもなく、なんの保証もなく、たまたまもの書きをやって細々と暮らしてます。こどものころには、将来こうなっているなんてまったく想像もしませんでした。
 自分の本が思ったほど売れないのは不満ではあるけれど、高級なものを食べたいとか、高価なものを所有したいって欲求がほとんどないので、いまの状態をさほど不幸だとは思ってません。なにより、こどものころから大嫌いだったイバってるオトナのケツをなめずに生きていけてるのは、ありがたいことだと。ある意味、なんにもなりたくなかったこどものころの夢を叶えたのかもしれません。
[ 2018/05/05 21:13 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

Author:パオロ・マッツァリーノ
イタリア生まれの日本文化史研究家、戯作者。公式プロフィールにはイタリアン大学日本文化研究科卒とあるが、大学自体の存在が未確認。父は九州男児で国際スパイ(もしくは某ハンバーガーチェーンの店舗清掃員)、母はナポリの花売り娘、弟はフィレンツェ在住の家具職人のはずだが、本人はイタリア語で話しかけられるとなぜか聞こえないふりをするらしい。ジャズと立ち食いそばが好き。

パオロの著作
世間を渡る読書術

会社苦いかしょっぱいか

みんなの道徳解体新書

日本人のための怒りかた講座

エラい人にはウソがある

昔はよかった病

日本文化史

偽善のすすめ

13歳からの反社会学(文庫)

ザ・世のなか力

怒る!日本文化論

日本列島プチ改造論(文庫)

パオロ・マッツァリーノの日本史漫談

コドモダマシ(文庫)

13歳からの反社会学

続・反社会学講座(文庫)

日本列島プチ改造論

コドモダマシ

反社会学講座(文庫)

つっこみ力

反社会学の不埒な研究報告