反社会学講座ブログ

パオロ・マッツァリーノ公式ブログ
反社会学講座ブログ TOP >

ハロウィン、恵方巻、オリンピック

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。オリンピックに関して、以前にブログでこんな記事を書きました。

スポーツと国歌
http://pmazzarino.blog.fc2.com/blog-entry-231.html

 60年代くらいまでは、スポーツが世界を平和にできるのではという希望を信じることができたかもしれません。でも、いまやスポーツは臆面もなく政治利用されてます。
 スポーツで世界は平和になりません。逆でしょ。平和だからスポーツができるんです。スポーツを楽しみたいのなら、世界を平和にしなきゃいけません。だから本来ならスポーツファンこそが、スポーツの政治利用に異議を唱えて平和を訴えなきゃいけないはずなのですが。

 オリンピックは、世界一速いヤツ、世界一強いヤツ、世界一上手いヤツを決めればいいんじゃないの。スポーツにスポーツ以上のものを期待するからおかしなことになる。
 以前のオリンピックだかワールドカップだかで、「楽しんできたいと思います」みたいなコメントした選手が、「日の丸背負ってんだから遊びじゃなくて真剣にやれ」なんて批判されてたことがありましたけど、保守的な道徳観で叱るなら、「スポーツなんかやって遊んでないで、マジメに働け」っていうのがスジでしょ。

 スポーツが人間性を養うなんてのは、なんの根拠のない妄想です。相撲協会をごらんください。国家の法律で禁止された暴力的制裁を容認し、組織の掟を重視するなんてのは、ヤクザの倫理そのものです。
 相撲はスポーツじゃなくて神事だ? 去年、深川のあたりでは、神事に携わるヤツが金と権力に取り憑かれて人殺しをしてましたけど? 神の名を借りて暴力を正当化するヤツこそが、一番のバチ当たり。
 相撲界のみならず他のスポーツでも賭博だの脱税だの薬物だのでつかまる選手や元選手はたくさんいます。それは個人の資質の問題であって、スポーツが人間性を良くすることもないし、悪くすることもありません。
 スポーツは、「努力はほとんど報われない」という冷酷な事実を教えてくれます。スポーツに人生を捧げて努力してる人間が世界中にどれだけたくさんいることか。でもそのうちの99.99……パーセントは栄光をつかむことなく終わります。これほど割にあわないことはない。それでもスポーツをやるひとは絶えないのだから、ハマるひとにとっては、スポーツは最高にエゴイスティックで魅力的な遊びなのでしょう。

 そんなにスポーツやオリンピックに文句があるなら見るなよ、と怒られそうです。はい、見ませんよ。オリンピックのテレビ中継は、一度も見たことがありません。なぜなら、オリンピックの全競技に1ミリも興味がないから。私は年に2日しかスポーツを見ません。ツールドフランスの総集編とNFLのスーパーボウル中継。以前はシーズン中の試合もたまに見ましたが、めんどくさくなってやめました。

 私みたいなひとは他にいないのでしょうか? テレビを見てると、タレントもコメンテーターもアナウンサーも、全員がオリンピックに前のめりの興味を示してる印象を受けます。なかには「ぼく、オリンピックに興味ないんでなんのコメントもないです」というひとがいてもおかしくないのに、ほぼ皆無というのが不自然です。
 私はスポーツを否定してるのではなく、興味がないだけです。ただ、ひとつだけ文句をいうならば、興味がないひとにまで、参加や応援を強要するな、ってこと。みんながオリンピックに興味があるふりをしなきゃいけないような風潮がおかしい。スポーツに興味がない者にとっては、オリンピックはハロウィンや恵方巻と同じくらいどうでもいい行事のひとつにすぎないのですから。
[ 2018/02/12 20:17 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

役立つけれど難しいクリティカルシンキング

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。昨年末から私用でバタバタしてまして、あまりブログを更新できません。だいぶ経ってしまいましたが、年末にネットで興味深い翻訳記事を読みました。

なぜ頭のいい人でも愚かな行動を取ってしまうのか
http://gigazine.net/news/20171230-intelligence-critical-thinking/

 記事の執筆者であるアメリカの心理学者は、その理由をクリティカルな考えかた(クリティカルシンキング、批判的思考)ができないからだとしています。
 私もその説におおいに賛同しますので、クリティカルシンキングについて、私なりの考えをまとめておきます。

 勉強ができることとアタマがいいことは別だよと、むかしからよくいわれます。全般的な傾向でいえば、勉強ができる人はアタマがいい場合が多いのですが、なかには一流大学卒で学者や評論家の肩書きがあるのに、矛盾だらけのデタラメを真顔で吹聴するひともいるわけで。だいたいその手のひとたちに共通するのが、クリティカルシンキングができてないってことなんです。

 クリティカルシンキングは批判的思考と訳されますが、なにかを批判、否定したり、異論をやっつけることが目的ではありませんので、誤解のないよう。自分たちが常識と思ってること、正しいとされていることが、誤った前提や偏見で歪められていないかどうか、つねに疑いながら考えるってことです。
 簡単そうに思えますが、じつはこれが非常にむずかしい。なぜなら、クリティカルシンキング最大の敵は自分だから。ひとは、自分を疑うってことをなかなかしないんです。
 よく、「自分のアタマで考えましょう」なんていうひとがいます。はっきりいって迷惑です。そんな危険なメソッドを広めるのは無責任極まりない。
 アタマの悪いひとほど、自分が過去に学んだ知識や経験則が絶対正しいと、根拠のない自信を持ってます。論理的思考は、客観的事実などの正しい材料が揃っているときのみ、正しい結論を導き出せるのです。アタマの悪いひとは客観的事実を無視し、自分のアタマのなかにある偏見だらけの前提をもとに思考をはじめます。スタート地点をまちがえてるから、どんなに考えても正しいゴールには到りません。
 アタマのいいひとなら、思考が迷走しゴールになかなか着かないと、もしかして自分が設定した前提条件がまちがってるのでは? と気づくのですが、アタマの悪いひとは矛盾をすべて他者のせいにします。で、彼らは結局こう考えて納得します。
「ワタシは正しい。なぜなら、ワタシは正しいからだ」。

 こういうひとを世間ではなんというと思います? バカ? そう思ってくれるならいいのですが、恐ろしいことに「ブレないひと」「信念を曲げないひと」などとリスペクトされてたりします。そういう人物は、批判的思考のできないアタマの悪さをきれいごとの精神論でごまかして、自信たっぷりに愚かなことをするので、やっかいです。
 本当にアタマのいいひとは、ブレます。自分の知識や常識の賞味期限を確認し、なんかおかしいなと気づいたら、自分のアタマ以外のところにある客観的情報を入手した上で考えを修正します。つねに絶対正しいひとなんていないのだから、ブレるのが当然です。ブレなきゃおかしい。正しくブレるためにクリティカルシンキングが役立つのですが――長くなりそうなので、この話の続きは、またいずれ。
[ 2018/01/31 21:06 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

冬ドラマ序盤の評価ランキング

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。この冬のドラマ、初回・2回時点でのランキングです。
 話題性では、『逃げ恥』で一躍名を上げた脚本家野木亜紀子さんのオリジナル『アンナチュラル』。よくできてます。観て損はありません、が、欠点も少ないけどこのドラマならではの個性や魅力が感じられないので、私の評価ではランク外。
 『逃げ恥』のとき、こんなしっかりした脚本を書く野木さんはマジメな常識人なんだろうな、と想像してたのですが、『アンナチュラル』もやはり、良くも悪くもマジメでした。マジメな脚本をマジメに演出してるから、謎解きもサスペンスも人間関係もユーモアまでもが予定どおりに進行してしまってる。私はもっと裏切られたい。なんなら、クセの強い演出家と組んだほうがおもしろくなりそうな気がするのですが。

 序盤段階での第1位は、『anone』です。なんといっても、独白やナレーションが一切ないのが最高。独白の多いドラマや映画って、よけいなお世話ですね。人間の内面を言葉で説明したいなら小説書けよ、映像作品なら、セリフと行動ですべて表現しなさいよ、と。
 説明がないから、観るものには考える楽しみがあるんです。いったいこの人たちはなにをしようとしてるのか、この物語はどこへ向かおうとしてるのか。寓話のようなストーリーから一気に夢と無縁の現実に引き戻される初回の展開は鮮やかでした。

 2位はなんとビックリ、おおかたの爆死予想を覆した今期の大穴『トドメの接吻』。攻めの姿勢に徹し、B級のトップを狙ったのが勝因です。マンガ原作ドラマが多いなか、マンガよりマンガっぽいオリジナルってところも高評価。ナゾの女、門脇麦さんがヘンな走りかたで追ってくるのは、確信犯的に笑かそうとしてるでしょ。3話で彼女の正体や話の全体像が見えてきたけど、まだまだ攻めの姿勢をゆるめてません。

 3位『99.9』。私は小ネタ系ミステリが好きなので、前シーズンからのファンです。物語の骨格は、日本の刑事裁判制度の問題点を突く社会派ミステリなのですが、それマジメにやっちゃったら、きっと説教臭くなりますよ。小ネタやダジャレでいい塩梅に脱力させてるから、エンターテインメントとして楽しめるわけで。

 4位『FINAL CUT』。マジメ系のよくできたスリラーなら、私は『アンナチュラル』よりこちらを推します。テレビワイドショーの報道姿勢が批判されていて、ともするとテレビ局にとってはブーメランと揶揄されそうなテーマにあえて挑んでます。でも、なにより驚いたのは母親役の女優さん。あれ、このひとどっかで……あっ! 裕木奈江!

 5位『海月姫』。映画版は最初の15分でやめましたけど、ドラマの初回は最後まで観られました。個人的に好みの話ではないので継続するかは未定ですが、お好きなかたは次回もどうぞ、嫌いなかたはさようなら、と初回で大胆に視聴者をふるいにかけてしまう割り切りかたはすがすがしい。万人受けの高視聴率を狙う時代はもう終わりました。
[ 2018/01/22 14:02 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

2017年のよかったもの 映像・マンガ編

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。年末年始をまたいでだいぶ間が空いてしまいましたが、2017年のよかったもの、の続きです。

 2017年に観た映像作品で印象に残ったのはメジャーなものばかりだったので、ここはあえて、世間からスルーされてるものを取りあげましょう。『オジンオズボーンが17年やってきた!ワァ!ワァ!ワァ!』。
 「みきしみきし、いじーしんてぃ」と、すべて「い行」で『桃太郎』をしゃべるネタはご存じのかたもいるのでは。DVDにはその『大きなカブ』バージョンが収録されてます。かなり長尺のネタなのでテレビのネタ番組では披露できそうもありませんが、これが『桃太郎』を越える出来。大きなカブを抜こうとがんばるおじいさんのところに、元の童話には登場しないチンパンジーや借金取りなどが次々にやってきて収拾がつかなくなる展開に、腹筋痛くなるほど笑いました。

 残念だったのは、おすすめしたくなるような活字本と出逢えなかったこと。でも、マンガで秀作がいくつかありました。
『僕だけがいない街』
 先に実写版映画で観たときの感想が、「もったいないな」。せっかくおもしろくなりそうな話なのに矛盾と消化不良ばかりが目立ちます。原作マンガの評判は耳にしていたので、こんなはずはないと原作を読んでみたら案の定、オールタイム級の傑作でした。
 映画の失敗の原因は、長い話を2時間にむりやり縮めたことがひとつ。もうひとつは、原作マンガは小学生時代がメインなのに、映画は藤原竜也さんを主演に据えてる関係で、過去と現在を無意味に行き来させて現在のシーンを増やしたこと。そのせいで余計な矛盾が増えてしまいました。
 さて、私は以前『君の名は。』のレビューで、過去に戻って死者をよみがえらせる安易な設定を批判しました。『僕だけがいない街』も、何者かに殺された母親と同級生を救うため、主人公が小学生時代にタイムリープする話なんです(意識と記憶はオトナのままで身体がこども)
 じゃあなんでこの2作の評価が正反対なのか。過去を改変する話は必ずどこかで矛盾と破綻が生じます。その欠点を忘れさせるためには、説得力ある丁寧な描写を積み重ねる作業が不可欠です。『君の名は。』(『僕だけが』の映画版も)はそこが不十分だから疑問と不満が溜まっていくんです。
 原作マンガをぜひ読んでいただきたいので、極力ネタバレを避けてあいまいに説明しますが、この作品はざっくりいうと二部構成で、小学生に戻った主人公が同級生を連続児童殺人から救うべく何度も試行錯誤するのが一部。二部ではオトナになった彼らが真犯人と対決するのですが、小学生時代の丁寧な描写がここで効いてきて、読者は自然に感情移入できるんです。
 もうひとつの決定的な違いはエンディング。映画のラストはかなりシラケます。原作は、最後の1ページですべてがつながる見事な幕引きです。

『ふらいんぐうぃっち』
 日常と怪異が互いを侵食することなく平和共存しているほのぼのした世界観が素敵。舞台が青森なので、道に生えてるバッケを摘んできて天ぷらにして食べるだけの話とか。でもそうやって油断してるところにときたまポロッとギャグを差し込んでくるから、つい笑ってしまうんです。

『プラチナエンド』
 この作品には否定的な意見も多いようですが、単純な勧善懲悪の話でしかカタルシスを得られないのはお子様ですよ。主人公に「人を殺せない」という縛りを設けた作者のチャレンジ精神を私は高く評価します。人を殺せない優しい主人公と、殺しを厭わない凶悪な敵。圧倒的に不利な状況をどうやって切り抜けるのか。最新刊は未読ですが、いまのところかなり成功してると思います。
[ 2018/01/10 19:54 ] おすすめ | TB(-) | CM(-)

2017年のテレビ評

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。今年テレビを見てていちばんのナゾだったのが、CMとかで頻繁に使われるようになった、顔を近づけてきた人に「近いよ」っていうやつ。あれなんなの。まったくおもしろくないんだけど。

 10月のブログ記事で、この秋のテレビドラマは初回の印象では豊作だと書きました。そのときあげた5本のうち、途中でやめたのは『奥様は、取り扱い注意』のみ。あとの4本、『監獄のお姫さま』『先に生まれただけの僕』『コウノドリ』『刑事ゆがみ』はいずれも甲乙つけがたいくらいの出来でした。こんなに毎週ドラマが楽しみだったのはひさしぶりのこと。
 『刑事ゆがみ』は2話での失速を3話で取り戻しました。元相棒の寺脇康文さんを犯人役で起用し、事件が解決しても真相のやりきれない苦さが口に残る秀逸なストーリーで本家『相棒』に真っ向勝負。視聴率では負けたけど、内容では『相棒』を越えたんじゃないですか。続編希望。
 クドカンさんの作品には独特のおふざけテイストがありまして、舞台ではウケてもテレビだとひかれる傾向が強く、『監獄のお姫さま』も例外ではなかったのですが、そのノリを受け入れられる人たちにとっては、能書き不要のまちがいない傑作。
 『先に生まれただけの僕』は高嶋政伸さんの怪演と風間杜夫さんの快演が目立ちましたが、このドラマ、それ以外も先生役のキャストがすべてハマってたのがすごい。当て書きだったのかなあ?
 学校経営という切り口の斬新さだけでなく、ドラマの中身もしっかり具が詰まってました。高校を辞めてプロ棋士になりたいという生徒とどう向き合うか先生たちが悩む回が秀逸でした。ムリだやめろと頭ごなしに反対するのでなく、現実との折り合いをつける約束をさせた上で夢を追うことを応援するんですよ。
 『コウノドリ』の鴻鳥先生も、頭ごなしに医者の考えを押しつけず、患者の事情にできるかぎり寄り添う姿勢を見せてました。出生前診断で胎児に障害があると知った二組の夫婦。一方は産まないことを選び、もう一方は産む選択をするのですが、鴻鳥はどちらも否定することなく医者としてできるベストを尽くします。
 現実には、障害があるとわかると産まない人のほうがかなり多いらしいです。そういう人たちを批判する意図は全然ないんだけど、「かけがえのないいのち」って言葉はウソなんだなと思いました。いのちは選別できるんです。かけかえられるんです。それが現実である以上、選別は行われます。倫理的な理想論で責めても意味がない。
 以上の4本に『みをつくし料理帖』を加えたのが今年のテレビドラマベスト5です。

 バラエティは、こどもにおもねらなくていい夜11時台以降の深夜枠が断然おもしろい。以前から推していた『全力!脱力タイムズ』のおもしろさにも、ようやく世間のひとたちが気づいてくれたようですし。
 いま一番おすすめなのは、『激レアさんを連れてきた』ですね。激レアな体験をした人の話を聞くのですが、だんだん凄いのか凄くないのかよくわからなくなってくるという、不思議な感覚も深夜枠ならでは。
 あと、先日パイロット版で3回深夜に放送されただけなのでだれも見てないと思うけど、『千鳥の東京路地裏大クセ探訪』は、ぜひレギュラー化を望みます。私も東京に来て気づいたのですが、大通りから一歩裏道に入ると、ボロい長屋みたいなのがけっこう残ってて驚きます。番組での住人の話から、どうしてそんな地価の高いところに住めるのか、裏事情がうっすら汲み取れて興味深かったです。
[ 2017/12/28 18:48 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

Author:パオロ・マッツァリーノ
イタリア生まれの日本文化史研究家、戯作者。公式プロフィールにはイタリアン大学日本文化研究科卒とあるが、大学自体の存在が未確認。父は九州男児で国際スパイ(もしくは某ハンバーガーチェーンの店舗清掃員)、母はナポリの花売り娘、弟はフィレンツェ在住の家具職人のはずだが、本人はイタリア語で話しかけられるとなぜか聞こえないふりをするらしい。ジャズと立ち食いそばが好き。

パオロの著作
世間を渡る読書術

会社苦いかしょっぱいか

みんなの道徳解体新書

日本人のための怒りかた講座

エラい人にはウソがある

昔はよかった病

日本文化史

偽善のすすめ

13歳からの反社会学(文庫)

ザ・世のなか力

怒る!日本文化論

日本列島プチ改造論(文庫)

パオロ・マッツァリーノの日本史漫談

コドモダマシ(文庫)

13歳からの反社会学

続・反社会学講座(文庫)

日本列島プチ改造論

コドモダマシ

反社会学講座(文庫)

つっこみ力

反社会学の不埒な研究報告