FC2ブログ

反社会学講座ブログ

パオロ・マッツァリーノ公式ブログ
反社会学講座ブログ TOP >

10月に新刊が発売されます!

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。すでに書店や問屋などの新刊情報に載っているのでご存じのかたもいるようですが、私の書き下ろし新刊が10月中旬に発売されます。

『歴史の「普通」ってなんですか? 忘れられた庶民の伝統』(ベスト新書)
 今回は当初、「伝統の検証」というテーマで書きはじめまして、去年の秋口には3分の1くらいできてたのですが、その後個人的な事情で長らく執筆できなくなりました。その間に伝統というテーマに飽きてしまい(伝統なる概念が空虚な共同幻想にすぎないと、看破してしまったので)、ようやく書き上がるころには、伝統というテーマ以外のネタの比率が高まってしまいました。そこで書名は『歴史の「普通」ってなんですか?』になりました。

 書店向けの内容紹介では、恵方巻のことが書いてありますが、これは他人が調べたことをさらっと紹介してるだけなんで、ここをフィーチャーされてもなあって感じなんですけども。どちらかというと、本の帯のほうが的確に内容をイメージできると思います。

保育園がうるさい! 建設反対!(昭和51年)
マニキュアしてるから、漬け物なんて作れなーい。(昭和13年)
祝日に国旗を掲揚する慣例はありません。(警視庁・大正9年)
生まれつきの茶髪を黒く染めろと先生に言われた。(昭和40年)

 これ全部、むかしの日本であったこと。
 昭和初期のギャルたちも、料理よりおしゃれが大事でした。庶民はもとより、官公庁でさえ、祝日に国旗を掲揚する習慣はありませんでした。祝日に国旗を掲揚する行為は、戦時体制下で強制されてはじまったことなので、日本の伝統ではありません。

 今回いちばんの目玉は、これまでだれも教えてくれなかった、保育園と共働きの迫害の歴史です。
 元の原稿では第3章だったのですが、これを冒頭に持ってこようという編集の提案に乗りました。私もこれをぜひ、できれば日本人全員に読んでもらって、あらためて日本庶民の近現代とはなんだったのかを、考えていただきたいので。それくらい重要な問題だったんです。
 最近も保育園の建設反対運動が話題になりましたけど、40年前には、都内ほとんどの区で、反対運動が起きてました。いまはむしろ少なくなったくらいです。
 保育士(保母)は60年前から低賃金重労働で離職者が多かったし、自治体が無認可保育所を支援する予算を組むと地方議員が妨害したりと、大正・昭和の日本人は、保育園と共働き夫婦を、執拗なまでに差別・迫害してきたのです。まさにヘイトとしかいいようがない実態を調べれば調べるほど、知れば知るほど、怒りをおぼえました。

 たまに、こういう意見をいただきます。歴史もいいけど、前のように社会学、社会問題のほうに戻ってほしい、と。
 いえ、私はずっと、社会問題に取り組んでるんです。いまの社会問題を正しく理解するには、いまだけ見ててもダメなんです。いま起きている問題の根は、必ず過去にあることを痛感したから、私はしつこく過去の社会と人間の実態を洗い直すのです。
 社会問題の解明・解決のためには、ありのままの歴史を見る必要があります。極右みたいな連中は、過去の歴史を美化・捏造してお花畑にしてしまいます。だから彼らは、素晴らしい過去に戻せば社会は良くなるなどというデタラメな処方箋を書いてしまうわけです。
 人間は歴史の失敗からしか学べません。いま保育問題の対応が後手に回ってるのは、1970年代までの失敗の歴史とその教訓が、80年代のバブル期にすっかり忘れられ、リセットされてしまったからなんです。だから90年代に問題が再燃したときに、またゼロからはじめるはめになりました。

 これ以上詳しいことは、本でお確かめください。発売までひと月ほどなので、また発売日が迫ったら追加情報をお届けします。
[ 2018/09/21 09:24 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

残暑お見舞いコラム

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。この夏は毎日のように、記録的、観測史上最高、みたいな暑さが続きました。ソバやそうめんをゆでるのさえイヤで、スーパーで売ってる冷や奴とネギトロ巻きだけで過ごそうかと思ったくらい。
 ただでさえ、暑いってだけでなんか腹立つのに、東京オリンピックの暑さ対策のためサマータイムを導入しようなんていい出すマヌケな政治家たちがいるんだから、余計に腹立ちます。夏場の東京は、朝6時ごろに起きた時点でもう暑いんですよ。朝の8時ごろには30度くらいになってます。冷房入れなきゃ、やってられません。日が沈んでもずっと暑いままなんですよ。1時間時計を早めたところで、暑さ対策にもならないし、経済効果もあるわけない。
 カジノにせよ、サマータイムにせよ、海外ではそろそろやめようかって相談してるようなことを、周回遅れでやりたがる日本のおじさん政治家たちって、なんなんでしょうね。

 とまあ、そんな暑さのなか、ネットメディアにこんなコラムを書きました。

2030年に氷河期が来る!? 酷暑の中でもトンデモ説がはびこる理由

 とりあえずご一読を。扇情的な記事タイトルは編集部がつけたものです。私が考えたのではありません。
 ……読みましたか? 笑っちゃうでしょ。図書館で下調べをしているあいだ、ずっと苦笑してましたよ。記事でも断言してますけど、2030年に氷河期は来ません。なぜなら、50年前から〝必ず〟氷河期が来ると〝専門家〟が〝断言〟していたにもかかわらず、結局一度も来なかったから。
 70年代に一度は消えた氷河期説が、温暖化懐疑論と名を変えて復活したんだから、しぶといですね。ある科学者は2009年に、すでに太陽活動の低下がはじまっているから、地球はすぐにも寒冷化する。数年で温暖化論争には決着がつく! と豪語してました。
 はい、ハズレ~。あんたの負け~。なのにこのひと、2015年になっても、数年後に寒冷化がはじまると発言してたそうです。ズリぃなあ。1万年くらいそういい続けてりゃ、いつか当たるだろうから、がんばって長生きしてください。

 あらためて調べてみて知ったのですが、氷河期到来ブームだった70年代に、すでに温暖化論もあったんですね。で、当時から、温暖化を支持する科学者のほうが多かったというのが事実。キリンビールも広告で温暖化を支持してたようですし。
 1968年の『少年マガジン』に、温暖化で水没した都市で人類が暮らす未来予想イラストが掲載されてたってのも驚くでしょ。
 未来人がダイオウイカとモリ一本で戦ってたりするんだけど、未来だったらもっといい武器がありそうなもんですけどね。水中のビルの谷間で使える立体起動装置とか、誰も発明しないのか。未来人はみんなバカなのかな?
[ 2018/09/05 20:49 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

夏ドラマの序盤評

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。ヘビーな話題が続いたので、久々にドラマ評を。
 序盤の段階でのベストは『高嶺の花』。このヒリヒリした感じ。紙やすりでこすり合うような人間関係。芸術家の狂気なんかも描いて露悪的と思われそうですが、そのむこうにエンタメ的なヒューマニズムが透けて見えるあたり、いかにも野島伸司「らしい」作品だと私は思いますけど。
 わかりにくいだの、気持ち悪いだのという声があるようですが、えっ、この程度で? そのひとたちは『高校教師』を観てないのかな。あれ、純愛ドラマのふりをした、とんでもなく気色悪い変態ドラマですよ(ほめてます)
 そういえば、4年前に野島さんが脚本を書いた『プラトニック』。やたらと映画やドラマで乱発される「難病で死ぬ感動話」の裏に潜むエゴイズムをひんむいて見せた秀作なのに、さっき調べたら、DVD化とかまったくされてないみたい。主演が堂本剛さんと中山美穂さんですよ。難病の少女を演じてたのは、いま朝ドラ主演の永野芽郁さんですよ。なんで幻の作品になっちゃってるんだろ?

 2位と3位は決めがたいので、同率2位ってことで社会派の2本を。
 ひとつは、『透明なゆりかご』。いきなりしょっぱなで、日本人の死因の本当の第一位はガンでなく、人工妊娠中絶である、とボディブローをくらわされます。なるほど、胎児も死者とみなせば、そうなるわけですね。中絶ってそんなに多いのか、と愕然とします。
 イラストタッチの原作マンガ(1巻だけ読んでみました)と違い、実写だと生々しくなりすぎやしないかという懸念があったのですが――中絶した胎児のかけらを容器に入れて業者に渡すところとか――、そのへんはうまく調整してるようですね。

 もう一本は『健康で文化的な最低限度の生活』。こちらの原作は未読です。まあ、視聴率的に苦戦するだろうなとは予想できました。生活保護と聞くだけで悪人か怠け者と決めつけるようなひとたちは、はなからこんなドラマを観ないでしょうし。
 じつは私も期待してなかったのですが、予想以上によくできてます。なにがいいって、「普通」なのです。感動や共感を必要以上に押しつけてこない。吉岡里帆さんの演技も普通ですが、それでいいです。脚本も演出の方針もまちがってません。なぜなら、このドラマが伝えようとしているのは、生活保護受給者も担当する職員たちも、みんな普通のひとなのだ、という点なのですから。

 で、評価に迷うのが『この世界の片隅に』なんですよねえ。決して駄作ではないんですが、原作マンガのファンとしては、とまどう個所も多いので。
 こども時代に、一緒に人さらいにさらわれた相手が後のダンナになると、ドラマではそういう設定で確定しちゃってますけど、これは原作ではほのめかすだけなんです。人さらいの犯人も毛むくじゃらの怪物のように描かれていて、もしかしたらすずの白昼夢だったかもしれない。夢と現実の狭間にあるエピソードのはずなのに。
 ばあちゃんちの座敷わらしも同様に、こども時代のファンタジーなんですよ。なのにドラマでは、座敷わらしのような女の子がのちに女郎になって、ダンナが客になるという、あまりにも偶然が重なる設定なのでシラけます。原作マンガをそう解釈してるひとがいるとネットで知ったとき、それは深読みしすぎだろう、と一笑に付したのですが、なんとドラマでは採用されてました。
[ 2018/08/09 22:00 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

死刑制度についての私見 その2

死刑制度についての私見 その1 はこちら

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。犯罪被害者支援弁護士フォーラムなる団体が死刑に関して声明を出し、被害者遺族の心情を考えれば、軽々しく死刑を批判すべきでないと述べています。
 この声明では、死刑に反対する人々に対し、軽々しい、軽々しいとやたら連呼して批判しているのですが、冗談じゃない。死刑に反対するひとたちが、軽々しい人道主義から批判してると決めつけるのは不愉快だし、失礼です。真剣に考えに考え、悩みに悩んだ末に死刑を否定しているんです。
 そもそも、死刑の存廃は正解のない問題です。だから、もし日本人全員が死刑について真剣に考えているなら、正解のない死刑の賛否は拮抗するのが自然です。なのに、反対が1割で、支持が8割なんて極端な数字が出るのは、支持するひとたちのほうこそが、圧倒的に軽々しく決めている証拠です。死刑についてろくに勉強もせず、なにも考えず、反対意見には感情論で頭ごなしに噛みついて、耳をふさいで反論を聞かないようにする。そういう態度のひとがいかに多いかってこと。

 二言目には、被害者遺族の気持ちを考えろ! となりますが、本当に遺族の気持ちを考えてるのか疑わしい。その遺族の気持ちとやらは、あなたの勝手な想像ではないのですか。
 たとえば、凶悪殺人の被害者遺族のなかにも、死刑に反対しているひとがいるのをご存じですか。彼らは犯人を許したわけじゃありません。恨み憎しみ、悩み苦しんだ末に、それでも犯人の死刑は望まないと結論を出してるんです。
 でも、死刑を望まない被害者遺族の気持ちは無視されます。それどころか、被害者遺族が死刑に反対すると、猛烈なバッシングを受けることも珍しくありません。ある被害者遺族は街頭で加害者の死刑執行に反対する嘆願活動をしていたら、通行人から「被害者遺族の気持ちを考えろ!」と怒鳴られました。「私が被害者遺族です」というと、その通行人はなんともいえない顔をして立ち去ったそうです。

 幼いわが子を虐待して殺した両親を、どう裁きます? やっかいなのはこの場合、両親は加害者でもあり、被害者遺族でもあるという点です。どちらの気持ちに寄り添うのですか? やはり凶悪犯罪者だから死刑にしますか。
 では、もしも殺された子に兄弟姉妹がいたら? 殺された子の無念を晴らすために両親を死刑にすれば、残された兄弟姉妹からじつの親を奪うことになります。社会の安定・安全や法の平等を守ることと引き替えに、その子たちは孤児になるのですが、それであなたの正義は満足ですか。

 もうひとつ、死刑に軽々しく賛成できない理由は、死刑を執行する刑務官の存在です。
 彼らに殺人をさせてるのだという意識が、あまりにも薄すぎるんです。多くのひとがこのおぞましい事実から目を背けてるのが腹立たしい。
 それは職務だから当然だ、といった評論家がいましたが、そんなふうに割り切れるのは、他人事だと思ってるからでしょ。刑務官やその家族の気持ちを考えたら、職務だからのひとことで殺人を命じることなんてできませんよ。

 どうしても死刑を存続したいなら、私からひとつ提案があります。死刑執行の役割を、裁判員制度と同様に、日本国民全員から抽選で選ぶことにしませんか。
 ふざけてるわけじゃありません。これは真剣な提案です。死刑執行、ひとを殺すという重荷を一部の刑務官だけに背負わせるのは、はなはだ不公平な話です。みなさんが死刑に賛成するのなら、その重荷を全員で平等に負うのが当然でしょう。
 逆にいうと、自分が手を汚し、殺人の重荷を背負う覚悟のない人間には、ひとの命を強制的に奪う死刑という重大な行為に賛成する資格などないってことです。
 あ、死刑執行のボタンを押すだけではないですよ。遺体を片付けて、供養する業者に引き渡すところまでやってもらいます。ひとを殺すだけで、あとの処理をせず逃げ帰ったらヒットマンと同じです。
 こういう提案をすると、「オレがやってやる」みたいな威勢のいいヤツが出てくるものです。でも、そうやって正義を声高に叫んで強がるひとほど、じつは肝っ玉が小さいんですよね。もし本当に死刑執行をやったら、毎晩うなされたりして精神を病んでしまうかもしれません。
 それこそ被害者遺族が、この手で犯人を殺してやりたい、死刑執行のボタンは自分に押させろなんていいますが、私はそれも絶対にさせたくありません。そんなことをしたら、今度はその被害者遺族が、殺人という重荷を一生背負うことになってしまうからです。

 結局、考えれば考えるほど死刑の矛盾は深まるばかり。矛盾から目をそらすのは簡単です。しかしそれは思考停止の第一歩なので、私は矛盾から逃げたくありません。考えた末に、矛盾を解消するには、すべての殺人を否定するしかない、という結論に到ったのです。
 死刑は凶悪犯罪の抑止力にはなりません。現に、死刑があっても凶悪犯罪は起きてますから。すべての殺人を否定することのほうが、強力な抑止力になるのですが、このへんの話はまた回をあらためてするつもりです。それまでに、できれば死刑に関する以下の2冊をぜひ読んでおいてください。

森達也『死刑』角川文庫
読売新聞社会部『死刑』中公文庫
[ 2018/07/31 10:28 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

やっぱりやろうよ、ベーシックインカム

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。ここしばらく原稿執筆を優先していたので、ブログを書くのは久しぶりです。その間、世間ではいろいろあって私が思ったのは、やっぱりベーシックインカム、本気で検討するべきじゃないか、ってことでした。

 日本にいるかぎり、どこに住んでいようと地震などの自然災害からは逃げられません。大規模な自然災害ともなると、人間の努力や心掛けで防ぐのは不可能です。地球規模の気候変動に見舞われている以上、今後、自然災害は増えることはあっても減ることはないでしょう。日本で暮らしていれば、だれもが一生に一度は被災者になるといっても過言ではありません。
 で、被災したときになんらかの援助を受けるには、罹災証明とかを申請しなきゃいけないわけですよ。被災直後のタダでさえ肉体的・精神的ダメージが大きいときに、そんな申請すること自体がみじめでイヤな感じになるんじゃないですか。しかも災害直後は役所のほうだって復旧作業にてんてこまいだから、書類の審査とかはどうしたって後回しになってしまいます。
 ベーシックインカム(BI)をやってれば、なにも申請せずとも、毎月の決まった金額がいつもどおり自動的に口座に振り込まれるんですよ。いつ、いくらもらえるのかわからない義援金や見舞金よりも、確実に生活の足しになります。突然の災害で家を失おうと職を失おうと、BIだけは生きてるかぎり無条件に誰もがもらえるんです。BIは誰も見捨てません。困ったときに、これほどあてにできる画期的な福祉システムが他にありますか。

 先日から『健康で文化的な最低限度の生活』というドラマもはじまりましたけど、もちろんBIの本来の目的は、世界中の国で破綻しかけている、生活保護など福祉制度全般の再生にあります。
 福祉が目の敵にされがちなのは、それを不公平だとカン違いしてるひとが多いからです。
 しばらく前に、ガイ・スタンディングさんの『ベーシックインカムへの道』という本を読みました。これまでのBIをめぐる論点はほぼ押さえられてるので、入門書としてもおすすめです。
 この本によると、世界中で似たような世論調査結果が出るそうです。「BIを受け取っても、自分は仕事を辞めたり減らしたるするつもりはない。でも、自分以外の人はBIを受け取ったら怠け者になる」という理由でBIに反対する意見が多いとのこと。
 要するに、「よのなかの連中はみんな怠け者だが、私は少数の勤勉な人間である」と、「多数の」ひとが考えてるわけです。なんという矛盾。この矛盾した人間不信&自己過信は世界共通の現象なんです。
 日本人もねえ、自分らは勤勉だが外国人は怠け者だと長年いってきましたけど、いまや日本のコンビニや外食産業は勤勉な外国人労働者に支えられてます。
 実際には、世界中の人間の多くは勤勉なんです。もしも世界中が怠け者ばかりだったら、とっくのむかしに地球の文明社会は崩壊してます。
 でも勤勉なひとほど、自分だけが必死に働いていて、他人は怠けてるという被害妄想に取り憑かれやすく、福祉制度はマジメな自分が払った税金を怠け者に与える不公平な制度だと敵意を抱いてしまいがち。
 ほら、だから、BIなんですよ。BIは最初からすべてのひとに平等に支給されます。究極の公平な制度です。
 困ってない人にまであげる必要はない、って考えが、そもそも間違ってます。だって災害の例でもわかるように、一生に一度くらいは、だれもが必ず困るんです。困ってからもらったんじゃ遅い。困る前に支給されてれば、困ったときにすぐ使えます。
 悪いようにはなりませんて。BIはきっと有意義に使われます。なにしろ、よのなかのほとんどのひとは勤勉なのだから。
[ 2018/07/19 21:24 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

Author:パオロ・マッツァリーノ
イタリア生まれの日本文化史研究家、戯作者。公式プロフィールにはイタリアン大学日本文化研究科卒とあるが、大学自体の存在が未確認。父は九州男児で国際スパイ(もしくは某ハンバーガーチェーンの店舗清掃員)、母はナポリの花売り娘、弟はフィレンツェ在住の家具職人のはずだが、本人はイタリア語で話しかけられるとなぜか聞こえないふりをするらしい。ジャズと立ち食いそばが好き。

パオロの著作
世間を渡る読書術

会社苦いかしょっぱいか

みんなの道徳解体新書

日本人のための怒りかた講座

エラい人にはウソがある

昔はよかった病

日本文化史

偽善のすすめ

13歳からの反社会学(文庫)

ザ・世のなか力

怒る!日本文化論

日本列島プチ改造論(文庫)

パオロ・マッツァリーノの日本史漫談

コドモダマシ(文庫)

13歳からの反社会学

続・反社会学講座(文庫)

日本列島プチ改造論

コドモダマシ

反社会学講座(文庫)

つっこみ力

反社会学の不埒な研究報告