反社会学講座ブログ

パオロ・マッツァリーノ公式ブログ
反社会学講座ブログ TOP >

ウソつき大統領のドキュメンタリー

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。
 11月18日のブログ記事で、トランプ大統領の誕生によってTPPと道徳教育は終了するだろうと予告しました。TPPは風前のともしびですし、トランプの不道徳な言動はとどまるところを知りません。
 私がトランプを嫌うのは、まちがった情報を垂れ流す大ウソつきだからです。情報というものは、正しいものにしか価値はありません。日米の貿易についても、事実と異なる情報をもとに日本を一方的に批判してきましたよね。
 アメリカ国内の犯罪が増えているのは不法移民のせいだ、ともいってます。でも、BS朝日の番組で町山智浩さんは、不法移民は増加してるのに、アメリカ国内の犯罪はずっと減少傾向にあるといってました。トランプは根も葉もないデマを流して犯罪被害に遭うかもしれないと恐怖を煽り、それを移民のせいにするという悪質なウソを重ねています。国のトップが冤罪を奨励してるようなものです。まあ、犯罪が減ってるのに増えてると不安を煽る人がいるのは、日本も同じですけども。

 1991年にアメリカで製作されたものの、トランプから訴訟を起こすと脅されてお蔵入りになっていたテレビドキュメンタリーが先日、NHKBSで放送されました。そこで披露されたエピソードの山には呆れるばかり。

 長年使われずにいたニューヨーク市のスケートリンクを再生する事業をトランプが請け負った。だが下請け業者には、これはボランティア事業だからとウソをつき、工事代金を一切支払わずタダ働きをさせた。工事費用はトランプが独り占め。

 トランプタワーの建設工事には、ポーランドなどからの不法移民を使っていた。しかも正規の賃金の3分の1の賃金で。

 トランプタワー建設時に、その一室をイギリスの皇太子が購入予定だとするフェイク記事を新聞に書かせた。

 トランプタワーは58階建てなのに、68階建てだと意味不明のミエを張ったことで消防署ともめた。

 ゴルバチョフが訪米した際、トランプタワーに立ち寄ることになっているとフェイク記事を新聞に書かせたが、実際にはそんな訪問予定はなかった。

 自分の名前を出したくない怪しい取引や訴訟でいつも使っていた偽名が「バロン」。

 日本人のなかにも「優秀なビジネスマンとしてのトランプ氏の手腕に期待する」なんて楽観的なことをいう人がいますけど、その人は、トランプのビジネスがズルとハッタリと恐喝によって成り立っていたことをご存じないのでしょうね。
 そのトランプも、アトランティックシティーでのカジノ経営では巨額の損失を出しました。トランプでさえ失敗したのに、カジノは儲かると夢見てる日本の政治家たちって……。


[ 2017/02/05 23:35 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

最近気にいってるテレビ番組と海外ニュース

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。
 冬ドラマは興味を惹かれるのがあまりないので、ほとんどチェックしてません。『タラレバ娘』はおもしろいっちゃあ、おもしろいけど、そもそもアラサー女子の恋愛に興味がないもので、初回だけでやめちゃいました。共感できる人はハマるのでしょう。
 『A LIFE』は、よくこんなに有名俳優をかき集めたな、とキャスティングに驚きました。ヒューマニズムを感じさせつつも感動を押し売りしてこない橋部さんの脚本のおかげで、地味な秀作となってます。
 で結局、いまいちばん楽しみなのは、BSジャパンでやってる『ワカコ酒』の再放送。

 ドラマ以外で最近気にいってるテレビ番組は、『内村てらす』。若手芸人に対するウッチャンの距離感が絶妙なんです。ちょっと人見知りっぽい間合いで接するけど、要所要所で的確なつっこみを入れて、ちゃんと見守ってるぜ、って安心感を与えるので、若手がすごく話しやすそうです。
 あと、『全力! 脱力タイムズ』のふざけかたが凄く好きなんですけど、周囲にあんまり見てるって人がいないんですよね。報道番組や情報番組の権威主義的なところを徹底的に馬鹿にしてるんです。評論家軍団がマジメくさった顔で的外れな話ばかりするのを、ゲストの芸人が孤軍奮闘してつっこみまくるも完全にスルーされ、結局はその芸人がイジられて終わるという、かなりシュールな作りになってます。

 私が民放のニュースやワイドショーを見ないのは、コメンテーターがうざいから。専門的な解説をしてくれるならともかく、タレントがなんの事実にも基づかない個人の感想や倫理観を述べるだけなら、情報としての価値はゼロです。
 そういうわけで、朝はNHKBS1の海外ニュースを見ています。朝7時からの番組は、世界中の主要テレビ局が流したニュースをまとめてくれてるので便利ですし、国によってメディアの視点もちがうなあ、と感じられて興味深い。
 どこの国のニュースもコメンテーターなんて出てきませんよ。あんなシステム、日本だけでしょ。海外のテレビニュースは、アナウンサー、キャスターがニュースを読むだけ、現場の記者とやりとりするだけ。どう感じるかをコメンテーターに教えてもらわなければ自分の感想や意見を持てないのだとしたら、それは日本の教育の敗北を意味します。
 フランスとイギリスのニュースは皮肉が効いてます。日本人には皮肉を悪口と取って怒っちゃう人が少なからずいるんで、日本のニュースではムリなのかもね。
 議会の様子なんかも日本とは雰囲気がちがうので、おもしろいですよ。イギリスの議会はけっこうキツめの言葉が飛び交ってエキサイトしてます。
 フランスの議会はダラダラしてる感じ。ニュースじゃなくてドキュメンタリーだったかな? 売れ残った食品を廃棄せず利用することを義務づける法案が満場一致で可決されましたって議長が宣言してるんだけど、議場がガラガラで空席だらけだし、出席の議員たちもとなりの人とおしゃべりしてるし、これで満場一致かい!
 ロシアと中国のテレビニュースは、政府の意に沿うニュースしか流さない御用メディアなので信用できません。シンガポールのテレビ局のニュースのほうが、中国の客観的な実態を伝えてると思われます。
 日本の女性アナウンサーが、いちばん上等な服を着てるんじゃないでしょうか。他の国の女性アナウンサーは、もっと安っぽいスーツとか、普段着みたいなので出てたりしますよ。たしかオーストラリアだったと思うけど、タンクトップみたいなラフな服でニュース読んでるアナウンサーを見たことがあります。
 アメリカの女性お天気キャスターで、ジンジャー・ジーって人がいるんだけど、本名なのか? なにかを略した芸名なのか? まあ、どうでもいいですけど。
[ 2017/01/29 20:37 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

Web春秋連載更新のお知らせと2016年のよかった本

 こんにちは、ピコ太郎のどこがおもしろいのかわからぬまま年を越したパオロ・マッツァリーノです。
 年末年始を挟んだため、いつもよりちょっと遅くなりましたが、今月もWeb春秋連載「会社苦いかしょっぱいか」が更新されました。今回は出張がテーマです。戦前・戦後でサラリーマンの出張環境がどう変化したのか。ぜひご一読を。
 今回はこれといったこぼれ話はありません。代わりに、昨年末に書き切れなかった2016年のよかったものを補足しておきます。

2016年のよかったもの:本
ミル『自由論』(斉藤悦則訳・光文社古典新訳文庫)
 私は毎年つねに、自分の本こそがベストだと思ってますが、自分の本はさんざん紹介してきましたので他人の本から選びます。
 あまりにも有名なミルの『自由論』ですが、なんとなく食指がのびず、読んでなかったんです。数年前に光文社の文庫で新訳が出ていたことを知り、どんなもんかと斉藤悦則訳のを読んでみたら、複雑な気分になりました。
 これ、原書は日本でいえば幕末のころに書かれたものです。そのミルの指摘が、ことごとく現代社会にも当てはまってしまうんです。

 たまたまイギリスに生まれたからイギリス国教会の教義を信じてるのであって、北京に生まれてたら仏教か儒教を信じてたであろう。
 みたいなことをミルはいうのですが、要するに、常識はそれが正しいかどうか考え抜かれた上で支持されているのでなく、世間のみんなが支持してるからという理由でなんとなく選ばれているにすぎない。だからまちがってる可能性はつねにある。
 人は自分の好みをルールとして他人に押しつけようとする。不人気な反対意見を述べる人々は不道徳な悪者と決めつけられてしまいがち。だからこそ、言論の自由を保証することによって、反対意見の存在を認めなければならないのだ。
 現代では社会が個性を圧していて、社会の最上層から最下層まで、敵意に満ちた恐ろしい監視のもとで暮らしている。
 個性を押しつぶす画一化が現在も進行中である――

 ミルがあげた「現代」の問題点は、160年近く経った「現代」にもほぼそのまま、当てはまってしまいます。私は文化史の研究から、少なくともこの100年、人間は基本的に変わってないと主張してますが、もっと前から変わってないのかもしれません。
 自分の偏見や間違いを決して認めない強権的な人間が続々と世界中で指導者になってます。彼らはいずれ、自分を批判する意見を弾圧しはじめ、言論の自由が脅かされることでしょう。
 
[ 2017/01/06 22:28 ] おしらせ | TB(-) | CM(-)

2016年のよかったものども

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。この夏は、泡盛の「残波」を薄~いソーダ割りにして飲んでました。東京だと酒屋でもあまり見かけない残波が、なぜか近所のまいばすけっとで売ってるんです。

 2016年のよかったものどもを選出しました。

音楽編

Arkady Eskin『What's New』(ジャズアルバム・ピアノトリオ)
 今年のわけわからん大賞。東欧、ベラルーシという国のピアニスト。名前も、アーカディ・エスキンという英語風の発音で正しいのかすらわかりません。
 CDのジャケットも英語の曲名以外はすべてキリル文字で読解不能。現地では2005年くらいに発売されたものらしい。私は今年中古で入手しました。
 写真の印象では、50代か60代のおじさんです。ジャケットの下に着てるTシャツの文字が「deep purple」に見えるんですけど、ジャズを演奏するのになぜロックTシャツ?
 ジャズではウッドベースが普通ですが、このトリオのベースはエレキベース弾いてるのもロックっぽい。でも彼らがやってる音楽をジャンルわけするとフュージョンではなく、まちがいなく王道のジャズなんですよねえ。
 私のお気に入りは「ベサメムーチョ」。ラテンの名曲が、東欧のスパイスをたっぷりまぶされたアレンジで演奏されます。エフェクトかけまくりのクセが強いベースソロがフィーチャーされるのですが、途中からギターに持ち替えてない? もうなんでもありかよ。
 わけわからんといいつつ、何度も聴きたくなる妙な中毒性がある一枚。


JUJU『WHAT YOU WANT』(Jポップアルバム)
 近頃の日本のミュージシャンは、有名曲のカバーアルバムで稼がないとオリジナルアルバムを作らせてもらえないんですかね? カバー曲に興味が持てない私は、洋楽好きの30、40代がハマりそうな名曲揃いのこのオリジナルを推します。


映像編
『ファーゴ』(テレビドラマ・アメリカ)
 いまやアメリカは映画よりテレビドラマのほうがおもしろいというのが常識になりつつあります。これ、映画のリメイクだと思ってスルーしてる人が少なくないようですが、オリジナルストーリーです。有名俳優がほとんど出てないので、いつだれが死んでもおかしくない緊張感が最後まで持続します。有名俳優が出てると、どうせこの人、最後まで生き残るんでしょ、ってわかっちゃうから興醒め。

『真田丸』(テレビドラマ・日本)
 メジャーすぎる選択ですが、やっぱりこれを選んでおかないと。私が大河ドラマを最後まで観るなんてめったにないことなので。『清須会議』のつまらなさゆえに三谷さんの歴史ものを疑問視してましたけど、不安は初回で払拭されました。
 ウザいと批判されてたきりですが、私は好きでしたね。私は『真田丸』を幸村ときりの物語だと思って観てましたから。きりは実在したけど実像はまったくわかってません。きりという名前も三谷さんがつけたのだとか。史実に縛られないから、三谷さんは手駒として自由にきりを動かせるんです。たとえば幸村とガラシャはなんの接点もなかったはずですが、きりがミサに顔を出していたことにすれば、幸村と絡まずとも、自然なかたちでガラシャを登場させられます。コミックリリーフとしても活躍したし、物語全体を通して、きりは作劇上重要な役回りを果たしていたのです。
[ 2016/12/29 22:34 ] おすすめ | TB(-) | CM(-)

『逃げ恥』最終回

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。いやあ、ようやく観ましたよ、録画しておいた『逃げ恥』最終回。
 芸能ニュースで、田嶋陽子さんが最終回だけ観て酷評してたと聞きました。じつは私も、田嶋さんとは理由が違うと思いますが、最終回には不満です。私は初回からずっと楽しみに観てたので、最終回も許せるレベルではあるし、このドラマ自体が今年のベスト級の作品であることはゆるがないと思います。でも、もし私も最終回だけしか観なかったら、酷評してたかもしれません。
 夫婦にはいろんなカタチがあっていいよ、というメッセージには賛同します。でも現実の人生では、数ある選択肢のなかからどれかのカタチを選ばざるをえないわけです(むろん「逃げる」も選択肢のひとつです)。どれかを選ぶことで、ドラマがはじまるんです。選ばないと悲劇も喜劇もはじまりません。
 ドラマのみくりだって、最初、契約結婚をするという選択をしたからドラマがはじまったんじゃないですか。なのに最終回では、二人の今後の選択肢をいろいろ見せるだけで、結局どの道を選んだのかがボカされたまま終わってしまうんです。もしもそれが続編の展開の自由度を広げるための保険だとしたら、ズルいやりかたです。
 せっかく最終回の前の回のラストで「これは好きの搾取です!」とプロポーズを断る波乱の展開で大笑いして終わったのに、最終回はみくりたちだけでなく、他のカップルもみんな、なんとな~くしあわせになりましたとさ、みたいに無難な締めかたをしてしまったのは、やっぱり残念ですね。
 もしも続編の二時間スペシャルみたいなのを作るなら、まさしく必要なのは田嶋さんのようなキャラですよ。ひらまさが転職した会社で彼の価値観を全否定する女上司があらわれて迷いが生じ……くらいの波乱を期待しています。
[ 2016/12/23 16:08 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

Author:パオロ・マッツァリーノ
イタリア生まれの日本文化史研究家、戯作者。公式プロフィールにはイタリアン大学日本文化研究科卒とあるが、大学自体の存在が未確認。父は九州男児で国際スパイ(もしくは某ハンバーガーチェーンの店舗清掃員)、母はナポリの花売り娘、弟はフィレンツェ在住の家具職人のはずだが、本人はイタリア語で話しかけられるとなぜか聞こえないふりをするらしい。ジャズと立ち食いそばが好き。

パオロの著作
みんなの道徳解体新書

日本人のための怒りかた講座

エラい人にはウソがある

昔はよかった病

日本文化史

偽善のすすめ

13歳からの反社会学(文庫)

ザ・世のなか力

怒る!日本文化論

日本列島プチ改造論(文庫)

パオロ・マッツァリーノの日本史漫談

コドモダマシ(文庫)

13歳からの反社会学

続・反社会学講座(文庫)

日本列島プチ改造論

コドモダマシ

反社会学講座(文庫)

つっこみ力

反社会学の不埒な研究報告