反社会学講座ブログ

パオロ・マッツァリーノ公式ブログ
反社会学講座ブログ TOP >

死刑制度についての私見

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。『みんなの道徳解体新書』を読んでくれたみなさんから、おもしろい、笑えて考えさせられる、などおおむね好意的な感想をいただいてます。
 私自身が道徳の副読本を読んだり、道徳教育の歴史を調べる過程で感じた驚きや疑念、爆笑などをみなさんにお伝えできたのならうれしいかぎりです。

 おそらく読者から反感を買う可能性が高いのは、私が死刑制度に否定的な態度を表明しているところでしょう。なにしろ日本人の8割は死刑に賛成してるのですから。
 この問題に関して私は、アウェイでの圧倒的に不利な戦いを強いられることになります。でも大事なことなので、疎まれるのを承知で、死刑制度に関する私の考えをいっておきます。

 死刑の賛否がわかれるのは当然のこと。しかし、人のいのちに関わる矛盾だらけの問題を、多くの人がろくに考えも悩みもせず、感情論で賛成してしまってるのは不愉快ですし、理性や知性の軽視に危機感をおぼえます。
 自分の価値観や常識が傷つくのを恐れる人は、死刑の是非というテーマを振られるやいなや「被害者遺族の気持ちを考えろ!! いのちはいのちでしか償えないのだ!!」と顔を真っ赤にして紋切り型の怒声を浴びせ、議論を打ち切ってしまいます。
 「日本死ね」という言葉は不愉快だと批判してる善人たちの8割は死刑を支持して「罪人死ね」と思ってるわけです。殺せ殺せと善人が叫ぶ。なんだか矛盾してます。え? 人を殺した罪人はいのちで償うのが当然だから矛盾していない?
 なるほど。そういえば先日、87歳の老人が運転するクルマが小学生の集団登校の列につっこみ、こどものひとりが死亡する事件がありました。
 不思議なのは8割の人たちから、この老人を死刑にしろと叫ぶ声が聞こえてこないことです。おかしいじゃないですか。かけがえのないわが子のいのちを奪われた被害者遺族の気持ちを考えれば、運転してた老人はいのちで償うのが当然ではないのですか?
 なのに、ついさっきまで「被害者遺族の気持ちを考えろ!」と死刑を支持していた人たちがいきなり手のひらを返し、加害者の気持ちに全面的に寄り添っちゃってます。
 そして「あれは不幸な事故だ。悪意はなかったのだから加害者を恨んではいけないよ」と、冷たく被害者遺族を突き放すのです。なんという矛盾。

 被害者遺族の気持ちを考えたら、死刑ほど不公平な刑はありません。被害者遺族は、大切な家族を奪われたくやしさ、怒り、喪失感、苦しみを生涯抱えて生きるのです。なのに、加害者は死刑になった瞬間、すべての苦しみから解き放たれてしまいます。
 だから加害者は終身刑にして、被害者遺族と同様に生涯苦しみを背負わせることこそが真の「極刑」だと私は考えます。

 ありがちな反論。
「囚人を税金で養うのはムダだ! 年に300万円かかると聞いたぞ!」
「どうせ日本では20年も経たないうちに仮釈放されちゃうんだろ!」

 囚人1人あたり年間200~300万円もの費用がかかるという説はこれまで何度も耳にしましたけど、調べてみたらまったく根拠のない数字でした。
 『矯正統計年報』のデータをまとめた『統計で見る平成年間の矯正』によると、刑事施設の囚人ひとりにかかる予算は平成21年で1日あたり1453円、てことは年間約53万円。
 平成26年『法務年鑑』の平成27年度当初予算では、矯正収容費は約476億円。この金額は国家予算のなかでは微々たる額です。税金のムダづかいをなくしたいのなら、削るべきものは他にいくらでもあるはずです。

 仮釈放されるまでの期間については、じつは私も短いのだろうと誤解してました。だから終身刑の導入に賛成だったのですが、平成27年『矯正統計年報』によると、無期懲役の受刑者が仮釈放になるまでの平均期間は31年6月だそうです(近年、20年以下で釈放された例はないようです)
 つまり現在、日本の無期懲役刑は実質懲役30年と考えていいのです。仮に30歳で無期懲役になったら出られるのは60すぎ。人生を棒に振ったも同然です。もっと高齢で刑に服したら、文字通り終身刑になるかもしれません。
 この事実を知って以来、だったら終身刑を導入せずとも、いまのままでいいのかな……と私の考えは揺れてます。
 あるいは、このアイデアは以前にも著書に書いたのですが、仮釈放を認めるかどうかの決定権を被害者遺族に与えるという手もあります。これなら被害者遺族の気持ちに反して仮釈放されるおそれはありません。被害者遺族は許すこともできるし、望めば終身刑にもできます。

 重ねていいますが、賛否どちらを支持するにせよ、死刑がはらむ重大な矛盾から目をそらさず、考え、悩んでからにしてください。決めかねるなら、「わからない」「迷っている」と正直に答えてください。この問題に関しては、安易に極論に走るのは無責任。どっちつかずで悩むほうがずっと誠実な態度です。
[ 2016/12/07 21:59 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

Web春秋連載が更新、第9回は宴会芸です

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。今月もWeb春秋の連載『会社苦いかしょっぱいか』が更新されました。
 第9回は年末という時期にぴったりな、宴会芸の近現代史がテーマです。
 1970年代の宴会のオゲレツぶりは、セクハラなんてレベルを軽く凌駕してました。だからずっといってるでしょ、日本人の道徳心はむかしよりいまのほうがずっと強まっているのだと。それこそが、否定しようのない歴史の真実。
 一般人でも乱れてたんだから、お笑い芸人なんてもっと過激です。
 75年の『週刊現代』には、先代の柳家小さん一門が毎年恒例にしていた忘年会の様子をレポートしていますが、記事のタイトルで「警視庁には見せられない」とことわってるほど。
 以前は中華料理屋でやってたのですが、あまりの下品さにウエイトレスが耐えられず、店から断られたので小さんの家でやるようになったのだとか。それもそのはず、一門の落語家たちが次々に披露する宴会芸は、すべて基本フルチン。部屋の灯りが消えたかと思うと、全裸でケツに火のついたローソクを挟んだ前座が「ホ、ホ、ホータル来い」と歌いながら登場したり、先代の江戸家猫八が「粗チン大会を行う」と宣言してフルチンになると、あまりの小ささにだれもかなう者がいなかったり。
 同じく『週刊現代』84年の記事で赤塚不二夫さんが語るところでは、タモリさんは全裸オットセイという芸を、雪が積もった軽井沢の別荘の庭でやっていたそうです。
 ちかごろのお笑いは裸のヤツばかりで芸が無い、とか批判するかたがいますけど、お笑いはむかしから、裸が基本。裸にはじまり、裸に終わるのです。
[ 2016/12/01 22:15 ] おしらせ | TB(-) | CM(-)

道徳教育終了の危機を、現場の先生はどう見ますか

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。
 トランプさんが次期大統領に選ばれたことで、TPPと道徳教育に終了の鐘が鳴り響いています。
 これまで学校の道徳教育では、「ウソをつくな」「他人の悪口をいうな」「差別やいじめをするな」「異性を侮辱するな」と教えてきました。ところが、それに反することを公然とやってきた人が、アメリカという超大国の最高権力者に選ばれてしまったのです。
 不道徳なことをやりたい放題やっても叱られるどころか、大統領になれちゃうのなら、もはや道徳教育は意味をなしません。
 さて、学校現場で道徳の授業をやっている先生がたに、ぜひうかがってみたいものです。この道徳の危機的状況を、こどもたちにはどう教えます? 「本当はトランプさんはいいひとなんだよ! さあ、みんなでトランプさんのケツをなめよう!」とでも?

 そんな絶妙だか微妙だかわからんタイミングで発売された私の最新刊が、道徳教育の本質をえぐる『みんなの道徳解体新書』。
 ツイッターには、ちょこちょこと感想などが流れてきます。さっそく読んでくれたみなさん、ありがとうございます。
 本の帯の「きみのこころも、シュールにかがやけ!」というコピーをほめてくれたかた。うれしいですね。あのコピーも私が考えたんです。『みんなの道徳解剖教室』というタイトル案のほうは変更されちゃいましたけど、解体新書というタイトルも気にいってます。
 数時間で読めた、一日で読んだというかたもいます。そうでしょう。さくさく読めるように書いてますから。だからといって私の本はスカスカではありません。それどころか、1年以上かけて調べた情報がぎっしり詰まってます。
 漫談のような軽い文体でふざけてるようだけど、じつは私の言葉にはすべて裏付けがあるので、きちんと反論しようとするとかなり骨が折れると気づくはずです。ゆるキャラだとなめてキックしたら、着ぐるみのなかに鉄板入ってた、みたいな。
 『「昔はよかった」病』など、以前の著書でも同様で、毎度のことなんで慣れっこですが、私があきらかにした事実を受け入れたくなくて批判してる人たちのほとんどは、まともに反論できてないんです。彼らは抽象的もしくは紋切り型のフレーズで、ふわっと全否定してるだけ。

 道徳の授業をしている現役の先生が『みんなの道徳解体新書』を読んでくださったようですが、現場を知らない人間が勝手なことをいってるだけだ、と紋切り型のフレーズで斬り捨ててました。
 私が道徳教育のダメなところを辛辣な皮肉と笑いで批判したもんだから、気分を害したのでしょう。でもね先生、ご自分が私の主張になにひとつとして反論できないからって、紋切り型の批判はいけません。
「現場を知らない者が口を挟むな」というフレーズは、なんの根拠もなく自分を正当化できるので便利ですが、説明や反論の義務を放棄してるわけで、ディベートだったら反則負けです。
「学校現場を知らない民間人校長が教育方針に口を出すな!」
「医療現場を知らない患者が医療ミスだとか騒ぐな!」
「政治の現場を知らない市民が政治家のやることに文句をいうな!」
「テレビの現場を知らない視聴者が番組にケチをつけるな!」
 こんなんで論破したことになるのなら、まあ、ラクはラクですけどね。でもそれが通るなら、私はこういって批判をかわすこともできるんですよ。
「出版の現場を知らない読者が、オレの本をレビューで批判するな!」
 もちろん、私はそんなこころの狭い人間ではありません。自由に意見や感想を述べてくださいね。

 現場の先生たちは、道徳副読本に載ってた江戸しぐさが捏造された歴史文化であることに気づかなかったじゃないですか。むかしの人は礼儀正しかったねー、なんて適当なことを教えてたんでしょ?
 たとえ道徳教育のまちがいに気づいてたとしても、現場にいるから何もいえないってこともありますよね。先生だって家のローンがあったり、養う家族がいたりする。上が決めたことにヘタに逆らってクビや左遷になるリスクは避けたいはず。学校にかぎりません。そうやってすべての現場はゆがんでいくのです。
 だから、外部の人間がゆがみやまちがいを指摘することに意味があるんです。むろん、根拠のある客観的事実を指摘しなきゃダメですよ。感情的なクレームでなく。
 私は『みんなの道徳解体新書』を書くにあたって、入念な下調べをしました。そうして得た大量の情報を、笑いをまじえた軽い読みものに仕立てるのがいつもの私の流儀なんです。なので、紋切り型で片付けられるほどヤワなものではございませんよ。
 現場の先生がたにこそ有益な情報をたくさん提供してる本なんだけど、読まないなんてもったいないなあ。
 もちろん、生徒のみなさんが読んで、先生を論破しちゃうのもアリですよ。
[ 2016/11/18 21:57 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

『みんなの道徳解体新書』の内容紹介ページができました。

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。
 『みんなの道徳解体新書』の内容紹介ページができました。
 左の「パオロの著作」欄の画像からリンクしています(広告や書店へのリンクではありません)
[ 2016/11/09 20:45 ] おしらせ | TB(-) | CM(-)

Web春秋の連載第8回が更新されました

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。カズレーザーさんは学生時代から私の本をチェックしてくれてるそうです。やっぱり勢いのある人は本を選ぶセンスもいいですね。きっと宇治原さんは、私の本を読んでないんじゃないかなぁ……

 さて、今月もWeb春秋の連載『会社苦いかしょっぱいか』が更新されました。
 今月のテーマは都会の会社員とは切っても切れない通勤電車。鉄道にまったく興味がない私ですが、今回いろいろ調べたおかげで、むかしの鉄道文化にちょっと詳しくなりました。
 あ、そういえば先日、電車で化粧する女性は大正時代からいたとツイートしたところ、多くの反響がありました。そのなかに、大正時代に電車に乗るのは一部の上流階級だけだったのだろう、なんて意見がありましたけど、そんなことはないですよ。大正時代には、電車や市電が庶民の足として欠かせないものになってました。
 そして、現在電車でのマナー違反とされる行為はほぼすべて、戦前からあった――あったどころでなく、いまよりマナーがヒドかったことを証明する史料がさらにたくさんみつかりました。

 大正3年の『実業の日本』に、銀座の輸入商かなにかに勤めるサラリーマンが、通勤電車の人間模様を「通勤日誌」として連載しています。乗客同士のケンカもよくあるし、車内禁煙なのにタバコを吸う人もいます。
 この筆者が知り合いの英国人と乗り合わせたときのこと。乗客がたくさん立ってるというのにまたを広げて我が物顔に座っている男がいました。英国人は筆者に英語で話しかけます。あんな不作法な男はイギリスにはいないよ。武士道の日本人がこれでは呆れるね。
 英国人は車内の掲示を指さして、あれはなにが書かれてるのかと問います。あれは、飛び乗り乗車をするな、キップを丸めるな、など、乗客への注意書きだと教えると笑い出します。「まるでキミの国の市民は小学校のこどもか幼稚園の小さいのだな」。かなり辛辣な罵倒に筆者は、彼が英語で話してくれてよかった。日本語だったら問題になったと冷や冷やします。

 昭和5年刊の『ラッシュアワー展望』は東京駅の元助役が書いた鉄道エッセイなので、具体的なエピソードが盛りだくさん。当時からキセル、つまり不正乗車の被害額が莫大なものになっていたそうです。世界各国の鉄道と比べてみても、公徳心・道徳観念の希薄なことは日本人がもっとも著しいと嘆きます。
 若い駅員に「きみ」と呼びかけられた男が、私は代議士だ! 駅夫風情が私にキミとは失敬じゃないか! と駅事務室にねじ込んできます。応対した助役が事情を聞くと、電車が完全に止まる前にホームに飛び降りて転んだところに若い駅員が駆け寄り、キミ、どうかしましたかと声をかけたというんです。駅員は親切にしたのにねえ。
 なんとか頭を下げて帰ってもらったものの、助役は「代議士がそんなにエライものなのか」と憤るのでした。

 要するに、タチの悪いクレーマーも、マナー違反者も、100年前からたくさんいたんです。日本人の道徳心や恥の意識が劣化したなんてことはありません。むしろ少しましになったくらいです。
[ 2016/11/01 20:29 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

Author:パオロ・マッツァリーノ
イタリア生まれの日本文化史研究家、戯作者。公式プロフィールにはイタリアン大学日本文化研究科卒とあるが、大学自体の存在が未確認。父は九州男児で国際スパイ(もしくは某ハンバーガーチェーンの店舗清掃員)、母はナポリの花売り娘、弟はフィレンツェ在住の家具職人のはずだが、本人はイタリア語で話しかけられるとなぜか聞こえないふりをするらしい。ジャズと立ち食いそばが好き。

パオロの著作
みんなの道徳解体新書

日本人のための怒りかた講座

エラい人にはウソがある

昔はよかった病

日本文化史

偽善のすすめ

13歳からの反社会学(文庫)

ザ・世のなか力

怒る!日本文化論

日本列島プチ改造論(文庫)

パオロ・マッツァリーノの日本史漫談

コドモダマシ(文庫)

13歳からの反社会学

続・反社会学講座(文庫)

日本列島プチ改造論

コドモダマシ

反社会学講座(文庫)

つっこみ力

反社会学の不埒な研究報告