反社会学講座ブログ

パオロ・マッツァリーノ公式ブログ
反社会学講座ブログ TOP > 未分類

ウソつき大統領のドキュメンタリー

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。
 11月18日のブログ記事で、トランプ大統領の誕生によってTPPと道徳教育は終了するだろうと予告しました。TPPは風前のともしびですし、トランプの不道徳な言動はとどまるところを知りません。
 私がトランプを嫌うのは、まちがった情報を垂れ流す大ウソつきだからです。情報というものは、正しいものにしか価値はありません。日米の貿易についても、事実と異なる情報をもとに日本を一方的に批判してきましたよね。
 アメリカ国内の犯罪が増えているのは不法移民のせいだ、ともいってます。でも、BS朝日の番組で町山智浩さんは、不法移民は増加してるのに、アメリカ国内の犯罪はずっと減少傾向にあるといってました。トランプは根も葉もないデマを流して犯罪被害に遭うかもしれないと恐怖を煽り、それを移民のせいにするという悪質なウソを重ねています。国のトップが冤罪を奨励してるようなものです。まあ、犯罪が減ってるのに増えてると不安を煽る人がいるのは、日本も同じですけども。

 1991年にアメリカで製作されたものの、トランプから訴訟を起こすと脅されてお蔵入りになっていたテレビドキュメンタリーが先日、NHKBSで放送されました。そこで披露されたエピソードの山には呆れるばかり。

 長年使われずにいたニューヨーク市のスケートリンクを再生する事業をトランプが請け負った。だが下請け業者には、これはボランティア事業だからとウソをつき、工事代金を一切支払わずタダ働きをさせた。工事費用はトランプが独り占め。

 トランプタワーの建設工事には、ポーランドなどからの不法移民を使っていた。しかも正規の賃金の3分の1の賃金で。

 トランプタワー建設時に、その一室をイギリスの皇太子が購入予定だとするフェイク記事を新聞に書かせた。

 トランプタワーは58階建てなのに、68階建てだと意味不明のミエを張ったことで消防署ともめた。

 ゴルバチョフが訪米した際、トランプタワーに立ち寄ることになっているとフェイク記事を新聞に書かせたが、実際にはそんな訪問予定はなかった。

 自分の名前を出したくない怪しい取引や訴訟でいつも使っていた偽名が「バロン」。

 日本人のなかにも「優秀なビジネスマンとしてのトランプ氏の手腕に期待する」なんて楽観的なことをいう人がいますけど、その人は、トランプのビジネスがズルとハッタリと恐喝によって成り立っていたことをご存じないのでしょうね。
 そのトランプも、アトランティックシティーでのカジノ経営では巨額の損失を出しました。トランプでさえ失敗したのに、カジノは儲かると夢見てる日本の政治家たちって……。


[ 2017/02/05 23:35 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

最近気にいってるテレビ番組と海外ニュース

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。
 冬ドラマは興味を惹かれるのがあまりないので、ほとんどチェックしてません。『タラレバ娘』はおもしろいっちゃあ、おもしろいけど、そもそもアラサー女子の恋愛に興味がないもので、初回だけでやめちゃいました。共感できる人はハマるのでしょう。
 『A LIFE』は、よくこんなに有名俳優をかき集めたな、とキャスティングに驚きました。ヒューマニズムを感じさせつつも感動を押し売りしてこない橋部さんの脚本のおかげで、地味な秀作となってます。
 で結局、いまいちばん楽しみなのは、BSジャパンでやってる『ワカコ酒』の再放送。

 ドラマ以外で最近気にいってるテレビ番組は、『内村てらす』。若手芸人に対するウッチャンの距離感が絶妙なんです。ちょっと人見知りっぽい間合いで接するけど、要所要所で的確なつっこみを入れて、ちゃんと見守ってるぜ、って安心感を与えるので、若手がすごく話しやすそうです。
 あと、『全力! 脱力タイムズ』のふざけかたが凄く好きなんですけど、周囲にあんまり見てるって人がいないんですよね。報道番組や情報番組の権威主義的なところを徹底的に馬鹿にしてるんです。評論家軍団がマジメくさった顔で的外れな話ばかりするのを、ゲストの芸人が孤軍奮闘してつっこみまくるも完全にスルーされ、結局はその芸人がイジられて終わるという、かなりシュールな作りになってます。

 私が民放のニュースやワイドショーを見ないのは、コメンテーターがうざいから。専門的な解説をしてくれるならともかく、タレントがなんの事実にも基づかない個人の感想や倫理観を述べるだけなら、情報としての価値はゼロです。
 そういうわけで、朝はNHKBS1の海外ニュースを見ています。朝7時からの番組は、世界中の主要テレビ局が流したニュースをまとめてくれてるので便利ですし、国によってメディアの視点もちがうなあ、と感じられて興味深い。
 どこの国のニュースもコメンテーターなんて出てきませんよ。あんなシステム、日本だけでしょ。海外のテレビニュースは、アナウンサー、キャスターがニュースを読むだけ、現場の記者とやりとりするだけ。どう感じるかをコメンテーターに教えてもらわなければ自分の感想や意見を持てないのだとしたら、それは日本の教育の敗北を意味します。
 フランスとイギリスのニュースは皮肉が効いてます。日本人には皮肉を悪口と取って怒っちゃう人が少なからずいるんで、日本のニュースではムリなのかもね。
 議会の様子なんかも日本とは雰囲気がちがうので、おもしろいですよ。イギリスの議会はけっこうキツめの言葉が飛び交ってエキサイトしてます。
 フランスの議会はダラダラしてる感じ。ニュースじゃなくてドキュメンタリーだったかな? 売れ残った食品を廃棄せず利用することを義務づける法案が満場一致で可決されましたって議長が宣言してるんだけど、議場がガラガラで空席だらけだし、出席の議員たちもとなりの人とおしゃべりしてるし、これで満場一致かい!
 ロシアと中国のテレビニュースは、政府の意に沿うニュースしか流さない御用メディアなので信用できません。シンガポールのテレビ局のニュースのほうが、中国の客観的な実態を伝えてると思われます。
 日本の女性アナウンサーが、いちばん上等な服を着てるんじゃないでしょうか。他の国の女性アナウンサーは、もっと安っぽいスーツとか、普段着みたいなので出てたりしますよ。たしかオーストラリアだったと思うけど、タンクトップみたいなラフな服でニュース読んでるアナウンサーを見たことがあります。
 アメリカの女性お天気キャスターで、ジンジャー・ジーって人がいるんだけど、本名なのか? なにかを略した芸名なのか? まあ、どうでもいいですけど。
[ 2017/01/29 20:37 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

『逃げ恥』最終回

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。いやあ、ようやく観ましたよ、録画しておいた『逃げ恥』最終回。
 芸能ニュースで、田嶋陽子さんが最終回だけ観て酷評してたと聞きました。じつは私も、田嶋さんとは理由が違うと思いますが、最終回には不満です。私は初回からずっと楽しみに観てたので、最終回も許せるレベルではあるし、このドラマ自体が今年のベスト級の作品であることはゆるがないと思います。でも、もし私も最終回だけしか観なかったら、酷評してたかもしれません。
 夫婦にはいろんなカタチがあっていいよ、というメッセージには賛同します。でも現実の人生では、数ある選択肢のなかからどれかのカタチを選ばざるをえないわけです(むろん「逃げる」も選択肢のひとつです)。どれかを選ぶことで、ドラマがはじまるんです。選ばないと悲劇も喜劇もはじまりません。
 ドラマのみくりだって、最初、契約結婚をするという選択をしたからドラマがはじまったんじゃないですか。なのに最終回では、二人の今後の選択肢をいろいろ見せるだけで、結局どの道を選んだのかがボカされたまま終わってしまうんです。もしもそれが続編の展開の自由度を広げるための保険だとしたら、ズルいやりかたです。
 せっかく最終回の前の回のラストで「これは好きの搾取です!」とプロポーズを断る波乱の展開で大笑いして終わったのに、最終回はみくりたちだけでなく、他のカップルもみんな、なんとな~くしあわせになりましたとさ、みたいに無難な締めかたをしてしまったのは、やっぱり残念ですね。
 もしも続編の二時間スペシャルみたいなのを作るなら、まさしく必要なのは田嶋さんのようなキャラですよ。ひらまさが転職した会社で彼の価値観を全否定する女上司があらわれて迷いが生じ……くらいの波乱を期待しています。
[ 2016/12/23 16:08 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

死刑制度についての私見

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。『みんなの道徳解体新書』を読んでくれたみなさんから、おもしろい、笑えて考えさせられる、などおおむね好意的な感想をいただいてます。
 私自身が道徳の副読本を読んだり、道徳教育の歴史を調べる過程で感じた驚きや疑念、爆笑などをみなさんにお伝えできたのならうれしいかぎりです。

 おそらく読者から反感を買う可能性が高いのは、私が死刑制度に否定的な態度を表明しているところでしょう。なにしろ日本人の8割は死刑に賛成してるのですから。
 この問題に関して私は、アウェイでの圧倒的に不利な戦いを強いられることになります。でも大事なことなので、疎まれるのを承知で、死刑制度に関する私の考えをいっておきます。

 死刑の賛否がわかれるのは当然のこと。しかし、人のいのちに関わる矛盾だらけの問題を、多くの人がろくに考えも悩みもせず、感情論で賛成してしまってるのは不愉快ですし、理性や知性の軽視に危機感をおぼえます。
 自分の価値観や常識が傷つくのを恐れる人は、死刑の是非というテーマを振られるやいなや「被害者遺族の気持ちを考えろ!! いのちはいのちでしか償えないのだ!!」と顔を真っ赤にして紋切り型の怒声を浴びせ、議論を打ち切ってしまいます。
 「日本死ね」という言葉は不愉快だと批判してる善人たちの8割は死刑を支持して「罪人死ね」と思ってるわけです。殺せ殺せと善人が叫ぶ。なんだか矛盾してます。え? 人を殺した罪人はいのちで償うのが当然だから矛盾していない?
 なるほど。そういえば先日、87歳の老人が運転するクルマが小学生の集団登校の列につっこみ、こどものひとりが死亡する事件がありました。
 不思議なのは8割の人たちから、この老人を死刑にしろと叫ぶ声が聞こえてこないことです。おかしいじゃないですか。かけがえのないわが子のいのちを奪われた被害者遺族の気持ちを考えれば、運転してた老人はいのちで償うのが当然ではないのですか?
 なのに、ついさっきまで「被害者遺族の気持ちを考えろ!」と死刑を支持していた人たちがいきなり手のひらを返し、加害者の気持ちに全面的に寄り添っちゃってます。
 そして「あれは不幸な事故だ。悪意はなかったのだから加害者を恨んではいけないよ」と、冷たく被害者遺族を突き放すのです。なんという矛盾。

 被害者遺族の気持ちを考えたら、死刑ほど不公平な刑はありません。被害者遺族は、大切な家族を奪われたくやしさ、怒り、喪失感、苦しみを生涯抱えて生きるのです。なのに、加害者は死刑になった瞬間、すべての苦しみから解き放たれてしまいます。
 だから加害者は終身刑にして、被害者遺族と同様に生涯苦しみを背負わせることこそが真の「極刑」だと私は考えます。

 ありがちな反論。
「囚人を税金で養うのはムダだ! 年に300万円かかると聞いたぞ!」
「どうせ日本では20年も経たないうちに仮釈放されちゃうんだろ!」

 囚人1人あたり年間200~300万円もの費用がかかるという説はこれまで何度も耳にしましたけど、調べてみたらまったく根拠のない数字でした。
 『矯正統計年報』のデータをまとめた『統計で見る平成年間の矯正』によると、刑事施設の囚人ひとりにかかる予算は平成21年で1日あたり1453円、てことは年間約53万円。
 平成26年『法務年鑑』の平成27年度当初予算では、矯正収容費は約476億円。この金額は国家予算のなかでは微々たる額です。税金のムダづかいをなくしたいのなら、削るべきものは他にいくらでもあるはずです。

 仮釈放されるまでの期間については、じつは私も短いのだろうと誤解してました。だから終身刑の導入に賛成だったのですが、平成27年『矯正統計年報』によると、無期懲役の受刑者が仮釈放になるまでの平均期間は31年6月だそうです(近年、20年以下で釈放された例はないようです)
 つまり現在、日本の無期懲役刑は実質懲役30年と考えていいのです。仮に30歳で無期懲役になったら出られるのは60すぎ。人生を棒に振ったも同然です。もっと高齢で刑に服したら、文字通り終身刑になるかもしれません。
 この事実を知って以来、だったら終身刑を導入せずとも、いまのままでいいのかな……と私の考えは揺れてます。
 あるいは、このアイデアは以前にも著書に書いたのですが、仮釈放を認めるかどうかの決定権を被害者遺族に与えるという手もあります。これなら被害者遺族の気持ちに反して仮釈放されるおそれはありません。被害者遺族は許すこともできるし、望めば終身刑にもできます。

 重ねていいますが、賛否どちらを支持するにせよ、死刑がはらむ重大な矛盾から目をそらさず、考え、悩んでからにしてください。決めかねるなら、「わからない」「迷っている」と正直に答えてください。この問題に関しては、安易に極論に走るのは無責任。どっちつかずで悩むほうがずっと誠実な態度です。
[ 2016/12/07 21:59 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

道徳教育終了の危機を、現場の先生はどう見ますか

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。
 トランプさんが次期大統領に選ばれたことで、TPPと道徳教育に終了の鐘が鳴り響いています。
 これまで学校の道徳教育では、「ウソをつくな」「他人の悪口をいうな」「差別やいじめをするな」「異性を侮辱するな」と教えてきました。ところが、それに反することを公然とやってきた人が、アメリカという超大国の最高権力者に選ばれてしまったのです。
 不道徳なことをやりたい放題やっても叱られるどころか、大統領になれちゃうのなら、もはや道徳教育は意味をなしません。
 さて、学校現場で道徳の授業をやっている先生がたに、ぜひうかがってみたいものです。この道徳の危機的状況を、こどもたちにはどう教えます? 「本当はトランプさんはいいひとなんだよ! さあ、みんなでトランプさんのケツをなめよう!」とでも?

 そんな絶妙だか微妙だかわからんタイミングで発売された私の最新刊が、道徳教育の本質をえぐる『みんなの道徳解体新書』。
 ツイッターには、ちょこちょこと感想などが流れてきます。さっそく読んでくれたみなさん、ありがとうございます。
 本の帯の「きみのこころも、シュールにかがやけ!」というコピーをほめてくれたかた。うれしいですね。あのコピーも私が考えたんです。『みんなの道徳解剖教室』というタイトル案のほうは変更されちゃいましたけど、解体新書というタイトルも気にいってます。
 数時間で読めた、一日で読んだというかたもいます。そうでしょう。さくさく読めるように書いてますから。だからといって私の本はスカスカではありません。それどころか、1年以上かけて調べた情報がぎっしり詰まってます。
 漫談のような軽い文体でふざけてるようだけど、じつは私の言葉にはすべて裏付けがあるので、きちんと反論しようとするとかなり骨が折れると気づくはずです。ゆるキャラだとなめてキックしたら、着ぐるみのなかに鉄板入ってた、みたいな。
 『「昔はよかった」病』など、以前の著書でも同様で、毎度のことなんで慣れっこですが、私があきらかにした事実を受け入れたくなくて批判してる人たちのほとんどは、まともに反論できてないんです。彼らは抽象的もしくは紋切り型のフレーズで、ふわっと全否定してるだけ。

 道徳の授業をしている現役の先生が『みんなの道徳解体新書』を読んでくださったようですが、現場を知らない人間が勝手なことをいってるだけだ、と紋切り型のフレーズで斬り捨ててました。
 私が道徳教育のダメなところを辛辣な皮肉と笑いで批判したもんだから、気分を害したのでしょう。でもね先生、ご自分が私の主張になにひとつとして反論できないからって、紋切り型の批判はいけません。
「現場を知らない者が口を挟むな」というフレーズは、なんの根拠もなく自分を正当化できるので便利ですが、説明や反論の義務を放棄してるわけで、ディベートだったら反則負けです。
「学校現場を知らない民間人校長が教育方針に口を出すな!」
「医療現場を知らない患者が医療ミスだとか騒ぐな!」
「政治の現場を知らない市民が政治家のやることに文句をいうな!」
「テレビの現場を知らない視聴者が番組にケチをつけるな!」
 こんなんで論破したことになるのなら、まあ、ラクはラクですけどね。でもそれが通るなら、私はこういって批判をかわすこともできるんですよ。
「出版の現場を知らない読者が、オレの本をレビューで批判するな!」
 もちろん、私はそんなこころの狭い人間ではありません。自由に意見や感想を述べてくださいね。

 現場の先生たちは、道徳副読本に載ってた江戸しぐさが捏造された歴史文化であることに気づかなかったじゃないですか。むかしの人は礼儀正しかったねー、なんて適当なことを教えてたんでしょ?
 たとえ道徳教育のまちがいに気づいてたとしても、現場にいるから何もいえないってこともありますよね。先生だって家のローンがあったり、養う家族がいたりする。上が決めたことにヘタに逆らってクビや左遷になるリスクは避けたいはず。学校にかぎりません。そうやってすべての現場はゆがんでいくのです。
 だから、外部の人間がゆがみやまちがいを指摘することに意味があるんです。むろん、根拠のある客観的事実を指摘しなきゃダメですよ。感情的なクレームでなく。
 私は『みんなの道徳解体新書』を書くにあたって、入念な下調べをしました。そうして得た大量の情報を、笑いをまじえた軽い読みものに仕立てるのがいつもの私の流儀なんです。なので、紋切り型で片付けられるほどヤワなものではございませんよ。
 現場の先生がたにこそ有益な情報をたくさん提供してる本なんだけど、読まないなんてもったいないなあ。
 もちろん、生徒のみなさんが読んで、先生を論破しちゃうのもアリですよ。
[ 2016/11/18 21:57 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

Author:パオロ・マッツァリーノ
イタリア生まれの日本文化史研究家、戯作者。公式プロフィールにはイタリアン大学日本文化研究科卒とあるが、大学自体の存在が未確認。父は九州男児で国際スパイ(もしくは某ハンバーガーチェーンの店舗清掃員)、母はナポリの花売り娘、弟はフィレンツェ在住の家具職人のはずだが、本人はイタリア語で話しかけられるとなぜか聞こえないふりをするらしい。ジャズと立ち食いそばが好き。

パオロの著作
みんなの道徳解体新書

日本人のための怒りかた講座

エラい人にはウソがある

昔はよかった病

日本文化史

偽善のすすめ

13歳からの反社会学(文庫)

ザ・世のなか力

怒る!日本文化論

日本列島プチ改造論(文庫)

パオロ・マッツァリーノの日本史漫談

コドモダマシ(文庫)

13歳からの反社会学

続・反社会学講座(文庫)

日本列島プチ改造論

コドモダマシ

反社会学講座(文庫)

つっこみ力

反社会学の不埒な研究報告