反社会学講座ブログ

パオロ・マッツァリーノ公式ブログ
反社会学講座ブログ TOP > おすすめ

2017年のよかったもの 映像・マンガ編

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。年末年始をまたいでだいぶ間が空いてしまいましたが、2017年のよかったもの、の続きです。

 2017年に観た映像作品で印象に残ったのはメジャーなものばかりだったので、ここはあえて、世間からスルーされてるものを取りあげましょう。『オジンオズボーンが17年やってきた!ワァ!ワァ!ワァ!』。
 「みきしみきし、いじーしんてぃ」と、すべて「い行」で『桃太郎』をしゃべるネタはご存じのかたもいるのでは。DVDにはその『大きなカブ』バージョンが収録されてます。かなり長尺のネタなのでテレビのネタ番組では披露できそうもありませんが、これが『桃太郎』を越える出来。大きなカブを抜こうとがんばるおじいさんのところに、元の童話には登場しないチンパンジーや借金取りなどが次々にやってきて収拾がつかなくなる展開に、腹筋痛くなるほど笑いました。

 残念だったのは、おすすめしたくなるような活字本と出逢えなかったこと。でも、マンガで秀作がいくつかありました。
『僕だけがいない街』
 先に実写版映画で観たときの感想が、「もったいないな」。せっかくおもしろくなりそうな話なのに矛盾と消化不良ばかりが目立ちます。原作マンガの評判は耳にしていたので、こんなはずはないと原作を読んでみたら案の定、オールタイム級の傑作でした。
 映画の失敗の原因は、長い話を2時間にむりやり縮めたことがひとつ。もうひとつは、原作マンガは小学生時代がメインなのに、映画は藤原竜也さんを主演に据えてる関係で、過去と現在を無意味に行き来させて現在のシーンを増やしたこと。そのせいで余計な矛盾が増えてしまいました。
 さて、私は以前『君の名は。』のレビューで、過去に戻って死者をよみがえらせる安易な設定を批判しました。『僕だけがいない街』も、何者かに殺された母親と同級生を救うため、主人公が小学生時代にタイムリープする話なんです(意識と記憶はオトナのままで身体がこども)
 じゃあなんでこの2作の評価が正反対なのか。過去を改変する話は必ずどこかで矛盾と破綻が生じます。その欠点を忘れさせるためには、説得力ある丁寧な描写を積み重ねる作業が不可欠です。『君の名は。』(『僕だけが』の映画版も)はそこが不十分だから疑問と不満が溜まっていくんです。
 原作マンガをぜひ読んでいただきたいので、極力ネタバレを避けてあいまいに説明しますが、この作品はざっくりいうと二部構成で、小学生に戻った主人公が同級生を連続児童殺人から救うべく何度も試行錯誤するのが一部。二部ではオトナになった彼らが真犯人と対決するのですが、小学生時代の丁寧な描写がここで効いてきて、読者は自然に感情移入できるんです。
 もうひとつの決定的な違いはエンディング。映画のラストはかなりシラケます。原作は、最後の1ページですべてがつながる見事な幕引きです。

『ふらいんぐうぃっち』
 日常と怪異が互いを侵食することなく平和共存しているほのぼのした世界観が素敵。舞台が青森なので、道に生えてるバッケを摘んできて天ぷらにして食べるだけの話とか。でもそうやって油断してるところにときたまポロッとギャグを差し込んでくるから、つい笑ってしまうんです。

『プラチナエンド』
 この作品には否定的な意見も多いようですが、単純な勧善懲悪の話でしかカタルシスを得られないのはお子様ですよ。主人公に「人を殺せない」という縛りを設けた作者のチャレンジ精神を私は高く評価します。人を殺せない優しい主人公と、殺しを厭わない凶悪な敵。圧倒的に不利な状況をどうやって切り抜けるのか。最新刊は未読ですが、いまのところかなり成功してると思います。
[ 2018/01/10 19:54 ] おすすめ | TB(-) | CM(-)

『みをつくし料理帖』が滅法おもしろい

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。いつものように朝ドラは、テレビをつけたままいろいろやりながらの視聴。日によって観たり観なかったり。それでもストーリーがなんとなくつかめちゃうのが朝ドラたるゆえん。この前の関西が舞台だったヤツは、人工感動甘味料たっぷりのウソ臭い話だったけど、今度の『ひよっこ』はなかなかいいんじゃないでしょうか。
 私が感心したのは、主人公みね子のおじ(峯田和伸さん)が、ビートルズの素晴らしさを熱っぽく伝えようとするも、周囲の若者は全然無関心というシーン。時代の現実を正しく描いてます。60年代、ビートルズの良さを認めてたのは、ごく一部の人たちだけでした。ほとんどの若者は興味がないか、バカにしてたんです。

 今期はドラマが不作とかボヤいてたら、遅れて大当たりが来ました。『みをつくし料理帖』。時代劇です。
 これ以前、民放で北川景子さん主演の単発ドラマとしてやってましたよね? いまひとつだったんで、途中で見るのやめちゃいましたが。
 同じ原作を作り直す、いまふうにいえば、リブートですか。大成功ですね。原作は読んでませんが、おそらく黒木華さんのほうが原作のイメージに近いのでは?
 黒木さんは古風な顔立ちのせいで、時代劇とかの起用が多いけど、ホントはもったいない。現代劇でも頭抜けてうまい人だから。ももクロの映画でも、新任教師役の黒木さんが登場した瞬間から、だらけた空気が引き締まって映画のグレードが上がりました。けなす人もけっこういた『リップヴァンウィンクルの花嫁』も私は好きですね。周囲に流されっぱなしで不幸になる、あんまり共感できないキャラなのに、黒木さんが演じるとなんだか絵になる。
 で、『みをつくし料理帖』でも当然のごとく、うまい。他にもうまい役者ばかり揃えてしまったので、木村祐一さんだけヘタなのが目立っちゃいました。でもこれ、木村さんのせいでなく、キャスティングの失敗です。東京の人がムリに関西弁しゃべると、関西の人は気持ち悪いっていうでしょ。その裏返しで、普段関西弁の木村さんが江戸弁で芝居するから、ぎこちなくなっちゃってるんです。

 時代劇が衰退したのは、チャンバラと勧善懲悪という固定概念から抜けられなかったせいだと私は思ってます。似たような話ばかり作れば、飽きられますよ。NHKが『ちかえもん』とか、チャンバラに頼らない時代劇を作っていることは非常に野心的な試みで、もっと評価されてもいいのでは。あ、そういえば『ちかえもん』も『みをつくし料理帖』も脚本は藤本有紀さんじゃないですか。
[ 2017/06/03 22:02 ] おすすめ | TB(-) | CM(-)

2016年のよかったものども

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。この夏は、泡盛の「残波」を薄~いソーダ割りにして飲んでました。東京だと酒屋でもあまり見かけない残波が、なぜか近所のまいばすけっとで売ってるんです。

 2016年のよかったものどもを選出しました。

音楽編

Arkady Eskin『What's New』(ジャズアルバム・ピアノトリオ)
 今年のわけわからん大賞。東欧、ベラルーシという国のピアニスト。名前も、アーカディ・エスキンという英語風の発音で正しいのかすらわかりません。
 CDのジャケットも英語の曲名以外はすべてキリル文字で読解不能。現地では2005年くらいに発売されたものらしい。私は今年中古で入手しました。
 写真の印象では、50代か60代のおじさんです。ジャケットの下に着てるTシャツの文字が「deep purple」に見えるんですけど、ジャズを演奏するのになぜロックTシャツ?
 ジャズではウッドベースが普通ですが、このトリオのベースはエレキベース弾いてるのもロックっぽい。でも彼らがやってる音楽をジャンルわけするとフュージョンではなく、まちがいなく王道のジャズなんですよねえ。
 私のお気に入りは「ベサメムーチョ」。ラテンの名曲が、東欧のスパイスをたっぷりまぶされたアレンジで演奏されます。エフェクトかけまくりのクセが強いベースソロがフィーチャーされるのですが、途中からギターに持ち替えてない? もうなんでもありかよ。
 わけわからんといいつつ、何度も聴きたくなる妙な中毒性がある一枚。


JUJU『WHAT YOU WANT』(Jポップアルバム)
 近頃の日本のミュージシャンは、有名曲のカバーアルバムで稼がないとオリジナルアルバムを作らせてもらえないんですかね? カバー曲に興味が持てない私は、洋楽好きの30、40代がハマりそうな名曲揃いのこのオリジナルを推します。


映像編
『ファーゴ』(テレビドラマ・アメリカ)
 いまやアメリカは映画よりテレビドラマのほうがおもしろいというのが常識になりつつあります。これ、映画のリメイクだと思ってスルーしてる人が少なくないようですが、オリジナルストーリーです。有名俳優がほとんど出てないので、いつだれが死んでもおかしくない緊張感が最後まで持続します。有名俳優が出てると、どうせこの人、最後まで生き残るんでしょ、ってわかっちゃうから興醒め。

『真田丸』(テレビドラマ・日本)
 メジャーすぎる選択ですが、やっぱりこれを選んでおかないと。私が大河ドラマを最後まで観るなんてめったにないことなので。『清須会議』のつまらなさゆえに三谷さんの歴史ものを疑問視してましたけど、不安は初回で払拭されました。
 ウザいと批判されてたきりですが、私は好きでしたね。私は『真田丸』を幸村ときりの物語だと思って観てましたから。きりは実在したけど実像はまったくわかってません。きりという名前も三谷さんがつけたのだとか。史実に縛られないから、三谷さんは手駒として自由にきりを動かせるんです。たとえば幸村とガラシャはなんの接点もなかったはずですが、きりがミサに顔を出していたことにすれば、幸村と絡まずとも、自然なかたちでガラシャを登場させられます。コミックリリーフとしても活躍したし、物語全体を通して、きりは作劇上重要な役回りを果たしていたのです。
[ 2016/12/29 22:34 ] おすすめ | TB(-) | CM(-)

災害関連で必読のおすすめ本

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。
 災害関連の本を何冊かまとめ読みしたところ、すごい本を見つけてしまいました。2010年に出てたのに、これまで存在すら知らなかったのはうかつでした。なので遅ればせながら、必読のおすすめ本として紹介します。興味があれば明日にでも、書店か図書館で探してください。

 これまで何度も目に、耳にしてきたであろうこの言葉。
「日本では災害が起きたときも略奪や暴行などは起きず、みんなで助けあう。この日本の素晴らしさを世界が賞賛した」
 私もなかば信じていたのですが、残念ながら、どうやらこれはとんでもないカン違いだったようなんです。それがあきらかになるのが、レベッカ・ソルニット『災害ユートピア』(高月園子訳・亜紀書房)
 この本はおもに南北アメリカで起きた災害後の人々の行動について詳しく検証しています。じつはアメリカでも、災害時には利他主義を最優先する一般市民によって助けあいや救助活動が行われているし、略奪や暴動はほとんど起きていないのだそうです。
 災害学の専門家クアランテリさんは、学生時代に災害とパニックについて論文を書くために資料を探したところ、パニックの事例はひとつも見つからず当惑したそうです。
 それ以来、700例以上の災害を研究して彼が行き着いた結論。
「残忍な争いが起きることはなく、社会秩序も崩壊しない。利己的な行動より、協力的なそれのほうが圧倒的に多い」

 つまり、災害後に略奪や暴行を起こさず、みんなで助けあうのは、人類共通の美徳なんです。日本人だけが特別だと考えるのは、うぬぼれにすぎないということがわかりました。

 災害時にパニックが起きているのは、ハリウッド映画のスクリーンのなかだけで、現実の人々は、意外なほど冷静に行動しているとのこと。
 1972年のニカラグア大地震の被災者は、行政がなにもできないなか、普段はほとんどつながりもなく、かなりバラバラだった人々が、互いに助けあっていたと証言します。
 2001年のニューヨーク9.11のときもパニックのようなものは起きてません。大勢の人々が徒歩で長距離を帰宅しましたが、混乱は起きませんでした。(同じことは東日本大震災のときの東京でも見られました。)ソルニットさんはこれを都会人の特質だとします。都会人は日常的に、見知らぬ人たちのあいだを不安にならずに歩き回っている。いわば、集団避難訓練を毎日しているようなものである、と。

 2005年、ニューオリンズはハリケーンカトリーナに襲われて壊滅的な被害を受けました。このときは、街の一部で略奪騒ぎが起きました。それは事実ですが、もともと普段から犯罪が多発してた地域の一部で起きただけで、略奪や暴行に関する話は、大半がデマだったことがわかっています。
 大規模避難所になったスーパードームでは殺人やレイプが横行しているとするうわさが広まったけど、これもまったくのデマ。
 当初、ニューオリンズ全域で死者1万人という数字が広まったのですが、実際の死者は964人。1万人というのは、市長が勝手な憶測をマスコミに話したのが、メディアで繰り返し流されたことで広まったのでした。
(本には載ってませんが、私が調べたところでは、毒矢を放つ軍用イルカが海軍の研究所から逃げ出したなんていう荒唐無稽なデマまでありました。)
 たしかに電気製品を盗む連中もいましたが、略奪とされた行為の大半は、「調達」だったと考えられてます。洪水で遮断され、外部から物資が届かない街に取り残された人が生きるには、食糧を盗むしかありません。それは犯罪なのでしょうか?
 医療関係者は、治療に必要な薬品などが足りなくなり、無人の薬局などから勝手に調達しました。それは犯罪ですか?
 CNNの女性キャスター・オブライエンさんは、そういう行為を白人がやれば「調達」だけど、黒人がやってたら「略奪」とみなされる、と痛烈な皮肉をいいました。
(読売新聞には、たまたま現地で被災した日本人ミュージシャンの体験談が載ってました。その人も飢えをしのぐため、スーパーから野菜ジュースを勝手に失敬したそうです。これも略奪なのですか?)

 その一方で被災直後から、周辺地域の住民たちが自前のボートなどで乗り付けて、救助活動に励んでいたのです。民間人の活躍で数千人の被災者が無事避難することができました。
 ある医師はボートで街に入ろうとしたら警察に追い返されたので、しかたなく密入国のようにこっそり接岸して上陸し、ボランティアで医療活動をしました。
 このような勇敢な美談を、日本のメディアは報じませんでした。略奪が頻発しているなどという悪い面ばかりが報じられ、それを真に受けた作家が、日本人は徳があるからそういうことはしないのだ、みたいな根拠のないクソ自慢コラムを雑誌に書いてました。
 日本人がいいことをすると、「世界が賞賛した」とうぬぼれるのに、外国人がいいことをしても、日本人はそれを賞賛しないのです。

 『災害ユートピア』は美談ばかりでなく、悪徳にも言及しています。ハリケーンカトリーナの場合、災害直後、被災者たちは利他主義で助けあいました。しかし、略奪や犯罪が横行しているというデマが広まったことで、被災をまぬがれた周辺地域の住民に、疑心暗鬼が芽生えてしまいます。彼らは、略奪者が次は自分たちの町を襲いにくると勝手に思いこみ、銃を持って自警団を組織します。
 そしてなんと、家などを失って中心市街から避難してきた人たちを略奪者と決めつけて、銃を向けて追い返す暴挙に出たのです。とりわけ有色人種の避難者たちは、警告なしにいきなり発砲されて負傷したケースもあったそうです。
 そういえば日本でも震災後、福島から首都圏に避難してきた人たちが差別的な扱いを受けたと報じられてましたね。
 むしろ本当に恐ろしいのは災害ではなく、差別や銃所持を容認する人間だということでしょうか。
[ 2016/03/10 20:49 ] おすすめ | TB(-) | CM(-)

狂気へ、ようこそ

 こんにちは、無冠の帝王パオロ・マッツァリーノです。
 ようやく観ましたよ、去年話題になった映画、『マッドマックス怒りのデスロード』と『セッション』。
 私の評価は、『セッション』は文句なしの大傑作。『マッドマックス』は秀作、といったところです。
 『セッション』のすごさは、芸術がはらむ狂気を映画マニアだけが観る芸術映画としてではなく、一般人も観られるエンターテインメントとして描いたこと。それに尽きます。
 あの狂気に比べると、『マッドマックス』が普通に思えてしまうほどです。ていうか、前評判をたっぷり聞いてたから過激なバイオレンスを身構えて観たのですが、おや、そんなでもないかな? アクション映画として、『マッドマックス』はじゅうぶんおもしろいんですよ。だけど、マックスが窮地を抜け出す過程がわりとさらっとしてるし、敵もさほど邪悪じゃないし、ボスの最期も、えっ、あれで死んじゃったの? ってくらいにあっけない。なんか、狂気が足りなくて、血がたぎるところまでいきませんでした。

 どちらかというと、『セッション』の鬼教師のほうが凶悪なんじゃない? あいつホントに性格悪いヤツだよね。音楽の才能はすごいのだろうけど、ほぼほぼ狂ってるんですよ。通常の善悪の概念がないという点では、サイコパスにやや近いのかも。
 あの指導をしごきやいじめととらえて批判してた人がいたけど、私はそれはあてはまらないと思う。なぜなら、主人公の学生のほうも、普通じゃないから。
 交通事故起こしてクルマが大破損、自分も血だらけになってドラムスティックも握れない状態なのに、演奏会場に向かうんですよ。異常でしょ。

 先日の不倫騒ぎのときにもいいましたけど、芸術家や芸能人は、どこかおかしい人たちなんです。良くて変人、悪けりゃ狂人。それが芸術家なの。だから芸術家や芸能人に一般人と同じモラルを求めてはいけないの。ゲーム機バキバキにするんですよ、芸術家はそういうものなの。芸術の才能と人柄は無関係なの。道徳心が名作を生むわけじゃないの。ベートーヴェンやモーツァルトの奇行はよく知られてるところだし、シューマンなんてホントに狂っちゃいました。でも、彼らが生み出した作品は数百年後のいまでも価値を保ってます。そういうもんなの。

 日本のジャズミュージシャンの菊地さんが『セッション』を音楽的にもつまらないと酷評していて、それを真に受けた人もいたようですが、たぶんジャズを知らない人たちは事情をわかってないと思います。私は30年近くジャズを聴いてきたジャズファンで、比較的王道のストレートジャズが好みです。だから『セッション』のラストの演奏シーンに熱狂しました。
 でも、私は菊地さんのジャズに熱狂したことは一度もありません。菊地さんはフリージャズといわれるタイプの、通常のジャズを破壊する前衛的なジャズをやるかたで、私の好みの音楽とはかけ離れているからです。だから菊地さんが『セッション』のジャズをつまらないというのは、私はジャズファンとして納得できます。ただ、菊地さんのやるジャズもジャズに対する意見も主流ではなく、前衛的なバイアスがかかっているってことだけは、知っておいてください。

 それよりなにより感心したのは、最後まで主役ふたりの狂気を崩さず描ききったところです。
 日本の映画だったら、たぶんあの鬼教師を、悪い人に思えるけど、じつは生徒想いのいい人だった、みたいな感じにしちゃうんですよ。教師と生徒の絆と感動。そういう甘ったる~い映画にしちゃうはず。
 ところが『セッション』はそんな感傷とは無縁の辛口映画を貫きました。あの最後の舞台を、鬼教師のヤツは個人的な復讐に利用するんですよ。アタマおかしいとしかいいようがない。そしていったんは踏みつけにされたものの、すぐさま復讐に転じて主導権を握ろうとする学生も普通じゃない。ラストの演奏はまさに狂人対狂人の殴りあい。
 狂気と歓喜が爆発するなか、それを舞台袖で見守るお父さんの表情がとても印象に残りました。息子が芸術の狂気の世界に足を踏み入れたことを感じて、とまどいと畏怖を目に浮かべるお父さん。普通の世界に住むお父さんはきっと一生、息子の才能と狂気を理解することはないのでしょう。
[ 2016/02/29 20:40 ] おすすめ | TB(-) | CM(-)
プロフィール

Author:パオロ・マッツァリーノ
イタリア生まれの日本文化史研究家、戯作者。公式プロフィールにはイタリアン大学日本文化研究科卒とあるが、大学自体の存在が未確認。父は九州男児で国際スパイ(もしくは某ハンバーガーチェーンの店舗清掃員)、母はナポリの花売り娘、弟はフィレンツェ在住の家具職人のはずだが、本人はイタリア語で話しかけられるとなぜか聞こえないふりをするらしい。ジャズと立ち食いそばが好き。

パオロの著作
世間を渡る読書術

会社苦いかしょっぱいか

みんなの道徳解体新書

日本人のための怒りかた講座

エラい人にはウソがある

昔はよかった病

日本文化史

偽善のすすめ

13歳からの反社会学(文庫)

ザ・世のなか力

怒る!日本文化論

日本列島プチ改造論(文庫)

パオロ・マッツァリーノの日本史漫談

コドモダマシ(文庫)

13歳からの反社会学

続・反社会学講座(文庫)

日本列島プチ改造論

コドモダマシ

反社会学講座(文庫)

つっこみ力

反社会学の不埒な研究報告