反社会学講座ブログ

パオロ・マッツァリーノ公式ブログ
反社会学講座ブログ TOP > 2014年10月

「むかしはよかったね?」連載中の新潮45最新号が発売中

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。「むかしはよかったね?」連載中の新潮45最新号が発売中です、たぶん。まだうちに見本誌が届いてないので私も見てませんけど。
 今回のテーマは「ウザい絆とキモいふれあい」。日本はもはや安全な社会ではない、それは人と人との絆が薄れたからだ! 絆を復活させれば、むかしのように素晴らしいよのなかに戻れるのだー! って叫ぶ日本の中高年と老人たち。その主張がなんの根拠もない迷信であることを、歴史的に検証してお伝えします。
 江戸時代の江戸の町でも、長屋の隣にだれが住んでるか知らないことはざらでした。むしろそういう匿名社会が江戸の町を雑多な魅力ある都市にしたんです。べつに現代人の絆が薄れたわけじゃありません。いまもむかしも人々の実態はたいして変わらないんです。
 絆が深かったはずのむかしのほうが、凶悪犯罪もこどもの誘拐もいまよりたくさん起きてたことをどう説明するんですか。戦前なんて、親が借金のカタに平気でこどもを売り飛ばしてたじゃない。むしろ、少子化が進んだ現代のほうが、親子の絆は気持ち悪いくらいに強まってます。
 などと、私がせっかく歴史と社会の真実を教えてあげても、安心して喜んでくれるどころか、すべてを精神論で解決したがる善良なる日本のみなさんからは、ますます嫌われるんですよね。
 震災の直後、われ先に水や食料を買い占めてたようなヤツらが「絆を大切にしよう」なんて、よくいうよって感じですけど。
[ 2014/10/18 20:28 ] おしらせ | TB(-) | CM(-)

通説の怖さ

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。
 なんでも、書籍で最初に江戸しぐさを批判したのは私ではないかとの指摘を受けまして、そういう栄誉に浴した(?)からには、読まないわけにいきません、江戸しぐさについて徹底検証した原田実さんの『江戸しぐさの正体』。
 私が感じてた疑問や矛盾はほぼすべて突いてました。化けの皮を完全にはがしちゃいました。まあ、普通に考えればおかしいと思うよねえ。江戸しぐさを勧める人たちが江戸文化に無知すぎることはあきらかなんで。
 江戸しぐさ信奉者たちからの反論――は期待するだけムダでしょう。どうせ、「諸説あります」と常套句でいい逃れをするのがオチ。どんなデタラメな説を持ち出しても、これは諸説あるうちのひとつだから、といえば許されると思ってる。さらに追及されると、もうひとつの切り札「信じる信じないはあなた次第」を出してきます。
 そもそも歴史を科学とは思ってない人が多すぎるんです。信頼できる証拠によって論証されなければ歴史の真実とは認められないということがわかってない。自分の経験や信念に合致するかどうかで歴史の正しさを決めていいと思ってる人たちのせいで、歴史がどんどんオカルトになっていきます。

 そのあたりの事情を論じているのが、高野陽太郎さんの『「集団主義」という錯覚』。新刊ではないのですが、最近読んで感心した一冊。
 日本人は集団主義、欧米人は個人主義という通説にはなんの根拠もないってことをまとめた本です。じつはこれまで、さまざまな比較実験や調査が行われているんですが、日本人のほうが集団主義的であるという結果が出た調査はほとんどありません。欧米人と変わらない、あるいは、むしろ日本人のほうが個人主義的な面が強いという結論のものまであります。
 いわれてみれば気づくのですが、日本人のほうが欧米人より個人主義的に見える例だってたくさんあるんです。西洋のスポーツには集団競技が多いけど、日本には相撲、剣道など個人競技が多い。西洋人は家族で皿や食器を共用するけど、日本人は自分専用の箸や茶碗を使う。
 歴史的な例もあげられてます。明治から戦前までの日本でも、学校や会社、官庁などで個人や小集団による組織への抗議、反乱が多数起きていました。ところが、「日本人はもともと集団主義的で和を重んじてたのに、戦後アメリカの影響で個人主義が強くなって勝手な人が増えた」という通説を主張したい人は、過去の例を都合よく忘れてしまう。
 通説を否定する理論に出会うと「通説は正しいのだが、調査や実験の結果にはあらわれてこないだけなのだ」とヘリクツをこねます。これでは、通説は永遠に反証できないことになってしまう、と高野さんは批判します。
 他人が提出した証拠や論理は無視して、自分の直感を絶大に支持する人がいかに多いかってことですよ。自分の直感を絶対視して真実を判定するなら、なにも調べる必要もないし、なにも考える必要もない、論破する必要もない。これほどラクなことはありません。そうか。直感こそがバカの最終兵器なんですね。
[ 2014/10/06 20:23 ] おすすめ | TB(-) | CM(-)
プロフィール

Author:パオロ・マッツァリーノ
イタリア生まれの日本文化史研究家、戯作者。公式プロフィールにはイタリアン大学日本文化研究科卒とあるが、大学自体の存在が未確認。父は九州男児で国際スパイ(もしくは某ハンバーガーチェーンの店舗清掃員)、母はナポリの花売り娘、弟はフィレンツェ在住の家具職人のはずだが、本人はイタリア語で話しかけられるとなぜか聞こえないふりをするらしい。ジャズと立ち食いそばが好き。

パオロの著作
みんなの道徳解体新書

日本人のための怒りかた講座

エラい人にはウソがある

昔はよかった病

日本文化史

偽善のすすめ

13歳からの反社会学(文庫)

ザ・世のなか力

怒る!日本文化論

日本列島プチ改造論(文庫)

パオロ・マッツァリーノの日本史漫談

コドモダマシ(文庫)

13歳からの反社会学

続・反社会学講座(文庫)

日本列島プチ改造論

コドモダマシ

反社会学講座(文庫)

つっこみ力

反社会学の不埒な研究報告