反社会学講座ブログ

パオロ・マッツァリーノ公式ブログ
反社会学講座ブログ TOP > 2017年05月

テロの本当のおそろしさ

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。イギリスでテロ事件が起きて、世界中から「テロとは断固として戦う」みたいな声が聞こえてきますが、私はいまだに釈然としないことがあるんです。
 みなさんもうお忘れかもしれませんけど、ほんの1年前ですよ、イギリスのEU離脱国民投票直前に、EU残留支持派の女性議員が、離脱を支持するイギリス人男性に惨殺される事件が起きたのは。
 これ、政治的理由で議員が殺されたのだから、まぎれもなくテロなんです。実際、殺された議員のご主人は、葬式だか追悼式だかの席で、妻はテロによって命を落とした、と明言してました。私もそう思います。なんという卑劣なテロだろうと憤りをおぼえました。
 ところが、です。イギリスのメディアも、他の国のメディアも、この件をテロとして強く非難しなかったように思います。
 いつもなら「テロには決して屈しない」「テロとは断固として戦う」などと毎度おなじみのコメントを発表するはずの各国首脳たちも、口をつぐんでました。
 なぜか? それは、この件をテロだと激しく非難してしまうと、イギリス国民の半数以上にあたるEU離脱賛成派を、テロリストの同胞であるかのように非難することになるからです。そうしないための配慮だったのでしょう。
 こうして、卑劣な政治テロは、単なる殺人事件として片付けられました。

 これこそが、テロの本当の恐ろしさなんじゃないですか。テロとはなにかという、世界共通の明確な定義はないんです。そのときどきの支配者層や多数派国民に都合のいいように決められてしまうんです。
 つまり、その国の国民の大多数が支持する政策を維持するための殺人ならば、それがどんなに卑劣な殺人であっても、テロとはみなされない可能性がある。逆に、その国の政治的少数派がなにか文句をいえば、それだけでテロとみなされる可能性もあります。

 ですから政治家のみなさんには、こう宣言していただきたいのです。
「テロとは断固として戦う。たとえそのテロリストが自分の仲間や支持者だったとしても」
 そうでないと、テロ対策が政治的弾圧のための道具として利用されかねませんから。
[ 2017/05/28 22:43 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

コント『3人の霊と暮らす男』

コント『3人の霊と暮らす男』

 ボクはいま、3人のおっさんの霊と狭いアパートの部屋で同居している。
 きっかけはテレビCMだ。彼女いない歴20年の大学生であるボクはCMに影響され、うちにもどんぎつね出ないかなあと軽いキモチでどん兵衛を食べた……
 つもりだったのだが、まちがえて赤いきつねを食べていることに気づいた。
「はい、ちゅーもーく!」
「なんか違うの出た」

 それ以来、説教とウンチクをたれるのが好きな長髪中年男性の霊が部屋に居着いてしまった。
「人という字は」
「その話、もう聞き飽きました」
「ところでキミは、なぜ私を呼び出したのですか」
 経緯を説明した。
「キミは一度失敗しただけであきらめるのか、このバカチンがっ!」
「すいません。って、怒られたポイントがよくわからねえなあ。……待てよ? 赤いきつねを食べてあなたが出てきたということは、チキンラーメンを食べればガッキーが出てくるのでは?!」
「チャレンジしてみんしゃい!」
 とってつけたような博多弁にうながされ、ボクは速攻でチキンラーメンを作って食べた……
 つもりだったのだが、あわてていたせいで、まちがえてわかめラーメンを食べてしまった。
「わーかめ好き好きー!」
「また違うの出たっ」

 今度もおっさんの霊、しかもなぜか、もじゃもじゃヘアーとつんつんヘアーのコンビで登場。新旧どちらが呼ばれたか迷ったので両方来たという。知らねえよ。

 こうしてボクは、髪型が個性的な3人のおっさん霊と暮らすはめになった。
 その後、あらためてどん兵衛とチキンラーメンを食べてみたが、なにも出てこなかった。
[ 2017/05/21 21:26 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

『みんなの道徳解体新書』の評判に目を通してみました

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。ツイッターにも書きましたけど、14日の朝日新聞読書欄で『みんなの道徳解体新書』が紹介されました。
 てなことを宣伝すると、朝日を目の敵にしてる人たちがすぐにいきり立って批判してきたりしますけど、先日、その手のかたが喜びそうな『ニュース女子』というテレビ番組でも、私の『「昔はよかった」病』を紹介していたそうですよ。番組サイドからはなんの連絡もなかったんで、著者の私もネットの情報で知ったんですけども。
 右からも左からも一目置かれるのは、私の本がいつも、事実にもとづく貴重な情報をたくさん提供しているからです。

 発売から半年経ってますので、ネットにたまってた『みんなの道徳解体新書』の評にまとめて目を通してみました。おおむね好意的に受け取られていてうれしいのですが、もちろんなかには否定的な評もあります。
 とても残念だったのは、否定的な評のなかに、具体的に本の内容に反論しているものがひとつもなかったことです。
 この本を書くにあたって、私は時間をかけて日本の道徳教育の歴史を勉強し、明治以来の教科書、副読本も読みました。必要に応じてエピソードの背景や歴史まで調べました。
 本書で私は根拠と論理を明確に、ひとつ、またひとつと道徳テキストの内容を否定・批判していきます。
 自分が信じていた道徳観が次々と否定されていくことにショックを受けるも、なにひとつとして私に反論できない。そういう人たちは、くやしまぎれに、内容がスカスカだ、これまでの著書より内容が薄い、などとケチをつけるのが精一杯なのでしょう。
 内容が薄いのなら、反論するのも簡単なはずじゃないですか。だれひとりとしてそれができてないのは、文体の軽さに反して、内容が深いからなんですよ。
 本でも指摘したとおり、これが道徳のヘンなところなんです。みなさん、道徳のことなんてなにひとつ勉強していない、なんの知識もないくせに、あたかも自分は道徳をわかっている、自分の道徳観は正しいという前提のもとに他人の道徳観を否定・批判しています。その根拠のない自信はどこから来るの? オレは正しい、オマエはまちがってる、説明は不要だ、オレに従え、という俺様道徳がまかり通ってしまってます。

 「手品師」というエピソードに対する私の解釈に不満を表明してる教師のかたがいました。調べてみると、これに関しては、教師や教育学者のあいだでも否定と肯定で割れてるようなんです。知らないこどもとの気まぐれな約束を守るために、自分の大事なキャリアを捨てるなんて、現実には絶対ありえないと思いますけどね。いかなる事情があろうとも約束は絶対守らねばならない、って道徳律は人間を冷酷に縛りつけますが、それを望むの?

 教師のみなさんからは、現場感覚と異なるという批判もいくつか。その現場感覚とやらが具体的になにを示してるのかわかりませんので、それはおいときます。ただ、私は学校にはいませんが、みなさんとはちがう現場で道徳の実践をしてきました。近所の知らないよその子に注意したり、電車のなかでイヤホンの音漏れなどを注意したりといった活動を何十回もしています。その実践から学んだノウハウを、『日本人のための怒りかた講座』という著書にまとめてますので、こちらもご参照ください。
 私の場合、道徳の実践が先にあり、理論はあとから学んだことになります。実践してきたからこそ、私は口先だけの道徳論を信じないんです。道徳教育や愛国教育を強化しろと強気の発言をするくせに、目の前の他人のマナー違反をじかに注意することもできない腰抜け保守オヤジみたいな連中が大嫌いなんです。

 毎度のことで慣れっこですが、私に批判的な人の意見は具体性のない感情論ばかりでなんの参考にもなりません。私が反論するまでもなく、自爆してるようなのばっかり。
 私の本を好意的に評価してくれる人のほうが、批判するにしても論点が具体的だし、参考になる情報を教えてくれることが多いです。
 なぜ人を殺してはいけないのかという話に関して、あるレビュアーが指摘してました。これまで自分が人を殺してないのは偶然であって、いつかは殺すかもしれないという考えかたは、親鸞の教えにあるそうなんです。えーっ、そうなんですか。要は、おのれの正義を過信しておごり高ぶるなという教えなのでしょう。親鸞についてはだいぶ前に本で読んで、おもしろいけどよくわからんなと思ってそれきりだったのですが、案外、影響を受けてたのかもしれませんね。
[ 2017/05/18 09:45 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

最近のテレビドラマとアニメ映画

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。今期のテレビ連ドラは全滅。もちろん私の見込みがはずれただけで、スルーした作品のなかに傑作があるかもしれません。『ワカコ酒3』は安定の出来だけど、あれはドラマ仕立てのグルメ番組だし。
 そんななか1本だけあらわれた、まさかの大穴が、『サヨナラ、えなりくん』。きりたんぽだったヤツね。えなりくん、いつまでたっても出てこないなあ? とクビをひねっていたところへ、突然の企画変更で脚本家がヤケクソになったとしか思えない衝撃の展開。主人公とバーのマスターの会話シーンが多いんですが、やりとりに演劇的センスが感じられて、退屈しないんです。ひょっとしたら大化けするのか? とりあえず2話目もチェック。

 ここんとこ毎日、名探偵コナンの劇場版を観てます。WOWOWで劇場版全作放送をしてるんです。そもそもアニメをめったに観ないので、テレビシリーズはほとんど観たことがなく、劇場版は地上波で3本ほど。なので今回、ほとんどが初見です。
 いまのところおもしろかったのは、ラストが粋な『世紀末の魔術師』。それと、孤立無援のタワー屋上で、普段使ってる武器もすべて壊れる絶体絶命のピンチに追い込まれる『漆黒の追跡者』。
 どちらかというと、初期の作品のほうが出来がいいかな? それにしても、打率の高さに感心します。私は映画にしろ本にしろ、ミステリって序盤で提示される謎に魅力がないと続きを観る(読む)気になれずやめてしまうんですが、劇場版コナンのシリーズは、だいたいどれも合格点。
 ちょっとキビシめなこというと、シリーズを通じて、肝心の謎に関しては必然性の薄い連続殺人をムリヤリ仕立ててる感も否めません。でも、そんな些細な傷なんか、アニメならではの物理法則を無視したスケールのデカいアクションと、スリル満点の展開で吹き飛ばしちゃいますから。もう、犯人が誰かなんてどうでもいいやね。
[ 2017/05/07 21:07 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

Author:パオロ・マッツァリーノ
イタリア生まれの日本文化史研究家、戯作者。公式プロフィールにはイタリアン大学日本文化研究科卒とあるが、大学自体の存在が未確認。父は九州男児で国際スパイ(もしくは某ハンバーガーチェーンの店舗清掃員)、母はナポリの花売り娘、弟はフィレンツェ在住の家具職人のはずだが、本人はイタリア語で話しかけられるとなぜか聞こえないふりをするらしい。ジャズと立ち食いそばが好き。

パオロの著作
会社苦いかしょっぱいか

みんなの道徳解体新書

日本人のための怒りかた講座

エラい人にはウソがある

昔はよかった病

日本文化史

偽善のすすめ

13歳からの反社会学(文庫)

ザ・世のなか力

怒る!日本文化論

日本列島プチ改造論(文庫)

パオロ・マッツァリーノの日本史漫談

コドモダマシ(文庫)

13歳からの反社会学

続・反社会学講座(文庫)

日本列島プチ改造論

コドモダマシ

反社会学講座(文庫)

つっこみ力

反社会学の不埒な研究報告