反社会学講座ブログ

パオロ・マッツァリーノ公式ブログ
反社会学講座ブログ TOP > 未分類 > 今年もよろしく、からの、毛の話

今年もよろしく、からの、毛の話

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。本年も、ブログ・書籍・雑誌連載など、もろもろよろしくお願いします。
 私ね、毛深いんですよ。新年の更新一発目からなにをいってるのだとお思いでしょうけど、毛深いんですよ。
 冬になると脚のすねとかが乾燥肌で粉をふくんで、ドラッグストアでクリーム買って塗ってみたんですけど、皮膚につくより、すね毛に吸収されてしまう量のほうが多い感じで、うまく塗り広げられなくて、あらためて自分の毛深さを実感させられました。乳液やローションみたいなタイプにしとけばよかった。
 この時期、肩とか首が痛むのは冷えのせいもあるんじゃないかってことで、めぐリズム蒸気の温熱シートってのも買いました。これ、とってもいいです。首の下のあたりに貼ると、熱すぎずちょうどいい塩梅のあたたかさが続きます。
 ただ、剥がすときに、肩毛が引っ張られて痛いんです。毛深いもので。ちなみに私の使っているATOKでは、「かたげ」で肩毛という変換候補は出てきません。そもそも肩毛という単語は日本語として存在しないのでしょうか? 精肉業界では、黒毛和牛肩ロースを略して肩毛と呼びます(これはウソ)
 アクセサリー類をつけるのが若いころからキライだったもので、腕時計もほとんど使ったことがありません。使うとしたら、皮のバンドにかぎります。メタルバンドだと、金具の隙間に腕毛(うでげも変換候補にないぞ)がはさまって痛いんですよ。
 いま腕にはめてるのは、静電気を放出するゴムバンド。これは先日、百円ショップで買ってみました。効果あるのかないのかまだよくわかりません。科学的にいうと、静電気の最大の原因は靴だというのは知ってます。靴底が電気を通しにくい材質だと、からだに静電気が溜まってしまうんです。だからといって靴を買い替えるってのも現実的ではないので。ん? もしかして、毛深い人は静電気が溜まりやすいとか?
 以上、毛深い人なら納得してくれる、毛深いあるあるでした。毛深いことには、そんなに深刻なデメリットはないのですが、じゃあメリットがあるかと考えると……なんだろうな。やっぱり、ないのかな?
[ 2014/01/08 17:50 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

Author:パオロ・マッツァリーノ
イタリア生まれの日本文化史研究家、戯作者。公式プロフィールにはイタリアン大学日本文化研究科卒とあるが、大学自体の存在が未確認。父は九州男児で国際スパイ(もしくは某ハンバーガーチェーンの店舗清掃員)、母はナポリの花売り娘、弟はフィレンツェ在住の家具職人のはずだが、本人はイタリア語で話しかけられるとなぜか聞こえないふりをするらしい。ジャズと立ち食いそばが好き。

パオロの著作
みんなの道徳解体新書

日本人のための怒りかた講座

エラい人にはウソがある

昔はよかった病

日本文化史

偽善のすすめ

13歳からの反社会学(文庫)

ザ・世のなか力

怒る!日本文化論

日本列島プチ改造論(文庫)

パオロ・マッツァリーノの日本史漫談

コドモダマシ(文庫)

13歳からの反社会学

続・反社会学講座(文庫)

日本列島プチ改造論

コドモダマシ

反社会学講座(文庫)

つっこみ力

反社会学の不埒な研究報告