反社会学講座ブログ

パオロ・マッツァリーノ公式ブログ
反社会学講座ブログ TOP > おすすめ > 最近よかった映画など

最近よかった映画など

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。ニャー。猫ひろしさんのオリンピック出場方法に関して賛否両論あるといいますが、私が目を通したところでは、否のほうの意見には、なぜいけないのかを論理的に説明できてるものがひとつもありません。オリンピックに「論理」って種目がなくてよかったですね。もしあったら、日本代表はきっとアジア予選敗退でしょう。

 先日、ひさしぶりにレンタルDVDの店に行ったのですが、ちょっとした気の迷いから、キュートンのライブDVDを借りてしまいました。予想を裏切らないヒドいネタが多いので、あえてオススメはしませんが、ときおり妙にヘンなツボにはまってくるんで嫌いじゃありません。私の一番のお気に入りは、鬼奴さんがひとしきり踊り狂ったあとに正面を向いて、「金麦と待ってるからー!」と叫ぶネタ。檀れいはそんな動きしねえよ!

 BSフジで再放送していたドラマ『結婚できない男』。もう6年前の作品ですか。本放送のときは2話目から見はじめたので、今回は初回だけ、のつもりが最終回まで見ちゃいました。やっぱり傑作です。ムダなシーンがひとつもないといったら、いいすぎか。
 ドラマとはまったく無関係ですが、阿部寛さんと夏川結衣さんが夫婦役をやってる映画『歩いても歩いても』も近年の日本映画の中では屈指の名作。事件らしい事件も起こらないおだやかな日常のひとこまから、ふっと人間の業と悪意が立ちのぼる。すぐれた短編小説を読んだような味わいがあります。

 私は年に300本くらい映画を観ます。というとマニアだなと思われるかもしれませんが、実際に最後まで観るのは5本に1本くらい。そんな贅沢な見かたができるのは、WOWOWかNHKBSで放送されるのを、おもしろそうなものを片っ端から録画しといて、あとで観るからです。最初の20分くらいでつまんないなと判断したら、そこですっぱりやめて消去してしまいます。『アバター』でさえ、話に興味が持てなかったので、途中でやめてしまいました。だから青い人たちがどうなったのか結末を知りません。
 最近観たなかでは、『トゥルーグリット』が、開始10分で、おもしろくなる予感がビンビンしてました。予感は本物で、西部劇の王道に沿っていながら、古臭さをまったく感じさせないところが、さすがコーエン兄弟だなと。日本ではちかごろ時代劇映画の新作がやたらと公開されますが、どれも古臭いし、力がないように思えてしまうのはなぜでしょう。かえってむかしの白黒の時代劇のほうが、表現の力強さや威圧感に驚いたりします。今井正監督の『仇討』とかね。

 あとは『メアリー&マックス』。ファンタジーでない長編のクレイアニメということで珍しいので観てみました。きっつい内容ですよ。オーストラリアの孤独な少女メアリーがアメリカの電話帳から適当に選んだ相手に手紙を送り、長年にわたる文通が続くのですが、その相手マックスはアスペルガー症候群(自閉症に似たものだそうです)のおっさん。手紙のやりとりだけで互いの人生がつづられるのですが、途中二人が仲たがいしてからメアリーはアル中、離婚、自殺未遂と、転落人生をおくります。こんなに心が重くなるクレイアニメははじめてです。それでもラスト、メアリーがはじめてマックスのもとを訪ね、マックスの想いを知るシーンでは、涙しちゃいました。だからといって、こういうのを安易に感動という言葉で語ってほしくはないですね。
[ 2012/03/28 22:25 ] おすすめ | TB(-) | CM(-)
プロフィール

Author:パオロ・マッツァリーノ
イタリア生まれの日本文化史研究家、戯作者。公式プロフィールにはイタリアン大学日本文化研究科卒とあるが、大学自体の存在が未確認。父は九州男児で国際スパイ(もしくは某ハンバーガーチェーンの店舗清掃員)、母はナポリの花売り娘、弟はフィレンツェ在住の家具職人のはずだが、本人はイタリア語で話しかけられるとなぜか聞こえないふりをするらしい。ジャズと立ち食いそばが好き。

パオロの著作
会社苦いかしょっぱいか

みんなの道徳解体新書

日本人のための怒りかた講座

エラい人にはウソがある

昔はよかった病

日本文化史

偽善のすすめ

13歳からの反社会学(文庫)

ザ・世のなか力

怒る!日本文化論

日本列島プチ改造論(文庫)

パオロ・マッツァリーノの日本史漫談

コドモダマシ(文庫)

13歳からの反社会学

続・反社会学講座(文庫)

日本列島プチ改造論

コドモダマシ

反社会学講座(文庫)

つっこみ力

反社会学の不埒な研究報告