反社会学講座ブログ

パオロ・マッツァリーノ公式ブログ
反社会学講座ブログ TOP > 未分類 > 地味な近況と首フェチ

地味な近況と首フェチ

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。
 ここしばらくずっと、単行本の原稿を書いて、合間にテレビや、録りだめしたWOWOWの映画を見るような地味な生活を続けています。クリスマス? なにそれ。
 この単行本は、書き下ろしで出版される予定のものです。新潮45の連載をまとめたものではありません。新潮の連載が本になるのは春以降の予定ですので、いましばらくお待ちを。

 十数年ぶりにイラン映画の『運動靴と赤い金魚』を観たのですが、やはり名作ですね。主演の男の子がいい表情するんですよ。理由があって毎日遅刻してるのに、それを先生にはいえず、毎日叱られる。そのときの、この世の不条理を一身に背負ったかのような、せつない表情。
 ラストもいいんです。男の子が落ち込んだままのところで終わるけど、観客は、このあと嬉しいことが起きるのを知ってるんです。そのハッピーなシーンを直接描かず、観客の心の中に想像させて終わるあたりが、なんともニクい。

 ちょっと前になりますが、選挙の晩かな? 遅くまでテレビ観てたら、松井玲奈さんが着物着て落語やってました。「時そば」を本職の落語家に稽古つけてもらったようで、桂しるこって、いかにも女流落語家にいそうなかわいらしい名前までもらってました。稽古のあいだ、そばのつゆを汁、汁、とずっといってたんで、しること命名されたんです。
 まあ、落語の出来は初心者ですから、あれだけできればいいんじゃないですか。
 それより、あの子、首が長いのね。私、首フェチなんですよ。といっても、和服着用女性限定。首の長い女性が着物を着てると、すごく粋な感じでいいんです。なかにはろくろっ首とか揶揄する人もいますけど、私は着物の襟からすっと首が伸びた感じが好きなんです。夏に堀北真希さんが地下鉄のCMで浴衣着てましたけど、やっぱり首がしゅっとしてて素敵でした。
 というわけで、首の長い女性はぜひ、着物着てみてください。きっと似合います。
[ 2014/12/25 19:59 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

Author:パオロ・マッツァリーノ
イタリア生まれの日本文化史研究家、戯作者。公式プロフィールにはイタリアン大学日本文化研究科卒とあるが、大学自体の存在が未確認。父は九州男児で国際スパイ(もしくは某ハンバーガーチェーンの店舗清掃員)、母はナポリの花売り娘、弟はフィレンツェ在住の家具職人のはずだが、本人はイタリア語で話しかけられるとなぜか聞こえないふりをするらしい。ジャズと立ち食いそばが好き。

パオロの著作
みんなの道徳解体新書

日本人のための怒りかた講座

エラい人にはウソがある

昔はよかった病

日本文化史

偽善のすすめ

13歳からの反社会学(文庫)

ザ・世のなか力

怒る!日本文化論

日本列島プチ改造論(文庫)

パオロ・マッツァリーノの日本史漫談

コドモダマシ(文庫)

13歳からの反社会学

続・反社会学講座(文庫)

日本列島プチ改造論

コドモダマシ

反社会学講座(文庫)

つっこみ力

反社会学の不埒な研究報告