反社会学講座ブログ

パオロ・マッツァリーノ公式ブログ
反社会学講座ブログ TOP > 未分類 > 一番辞めてるのは何大臣か?

一番辞めてるのは何大臣か?

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。
 また農水大臣辞めたのかよ! ってみなさんもう慣れっこになってるんじゃないかと思いますけど、実際のところ、途中で辞めたのは何大臣が多いのか、知りたいですよね。
 調べるの大変そうだなあ、ギャラもらえるわけでもないのに調べるの面倒だなあと思ったら、ネットにいい情報をまとめてくれてるかたがいたので助かりました。ありがとうございます。

歴代閣僚辞任一覧表
http://d.hatena.ne.jp/takerunba/20090219/p3

 この資料を使って数えてみましたら、やはり下馬評通り、一番多かったのは農水(農林)大臣でした。この資料ですと13人(2014年まで)ですから、今回ひとり増えて14人と、2位以下を引き離しにかかった模様。今後も利権と癒着の独走態勢が続くのでしょうか。がんばってください。
 第2位は法務大臣(11人)。去年お辞めになったかたの印象がまだ強く残ってますが、それ以前のかたはあまりピンときません。今後の巻き返しを期待します。
 3位以下は省庁再編があったせいで、ややこしいことになります。防衛大臣は前身である防衛庁長官も含めれば10人で第3位。まずは自分のポストを防衛したほうがよさそうです。ただし、長官時代はカウントしないとなりますと、財務(大蔵)大臣の9人が3位に昇格します。
 政府はカジノ構想に先駆けて、どの大臣が途中辞任するか予想するクジを販売したらいかがでしょう。ギャンブルをきっかけに、国民が政治に関心を持つようになれば素晴らしいではありませんか。
[ 2015/02/23 22:13 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

Author:パオロ・マッツァリーノ
イタリア生まれの日本文化史研究家、戯作者。公式プロフィールにはイタリアン大学日本文化研究科卒とあるが、大学自体の存在が未確認。父は九州男児で国際スパイ(もしくは某ハンバーガーチェーンの店舗清掃員)、母はナポリの花売り娘、弟はフィレンツェ在住の家具職人のはずだが、本人はイタリア語で話しかけられるとなぜか聞こえないふりをするらしい。ジャズと立ち食いそばが好き。

パオロの著作
みんなの道徳解体新書

日本人のための怒りかた講座

エラい人にはウソがある

昔はよかった病

日本文化史

偽善のすすめ

13歳からの反社会学(文庫)

ザ・世のなか力

怒る!日本文化論

日本列島プチ改造論(文庫)

パオロ・マッツァリーノの日本史漫談

コドモダマシ(文庫)

13歳からの反社会学

続・反社会学講座(文庫)

日本列島プチ改造論

コドモダマシ

反社会学講座(文庫)

つっこみ力

反社会学の不埒な研究報告