反社会学講座ブログ

パオロ・マッツァリーノ公式ブログ
反社会学講座ブログ TOP > 未分類 > HBの鉛筆は使ってません

HBの鉛筆は使ってません

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。珍しく連日の投稿です。単なる気まぐれです。
 私は見なかったのですが先日テレビで、最近の小学生はHBの鉛筆を使わなくなったと報じていたそうです。学校からはBか2Bの鉛筆を使うよう指導されていて、その理由というのが、こどもたちの握る力が低下して筆圧が弱くなったのでHBの鉛筆だと文字が薄すぎて読めないからだとのこと。
 小学校でそんな現象が起きてるとは、全然知りませんでした。ただ、ひとついわせていただくと、握る力の低下というのは本質的な原因ではありません。本質的な原因は、べつなところにあります。

 じつは私もかれこれ10年以上、シャープペンでBの芯を使ってるんです。それ以前はHBを使っていたのですが、なんか文字が薄くて書きづらいような気がしてきました。
 でもそれは、筆圧が弱いからではありません。私の握力や筆圧は標準レベルのはず。少なくとも小学生よりは絶対強い。
 私がBの芯を使うようになった理由は、ノートなどの紙質がむかしに比べて良くなりすぎて、HBでは書きにくくなってしまったから。
 いまのノートやコピー用紙などの表面は、すごくつるつるしています。30年、40年前までは、学校で配られるプリントやテスト用紙にはおもに、ザラ紙、わら半紙といった安い紙が使われてました。再生紙なので茶色っぽく、表面もざらざらデコボコしてました。ときおり不純物が混じってて、そこに鉛筆の先がひっかかると、びりっと破けたりしたものです。ノートの紙も、いまよりもっとざらっとしてたはずです。
 表面に適度なひっかかりがあるむかしの紙に書くなら、HBの芯がベストマッチでした。ところがいまはむかしと比べて、紙の質が大幅に向上しました。
 ノートの紙も、こんなにつるつるしてる必要があるのかなと疑問に思うくらいにつるつるです。だからHBの芯だとすべってしまうような感じで、なんか薄い字になってしまいます。
 そんな不満が高まっていた10年くらい前。たしか画家だか美術家だかの人が、Bの鉛筆を普段から使っている、と話してるのを耳にしました。それで私も試してみたら、ホントだ、Bや2Bを使ったほうが、くっきりした字でらくにノートをとれるではありませんか。
 問題の主因は紙質の変化にあります。こどもの体力の低下は副次的な原因にすぎません。
 長年の習慣で、HBを使うのが当然と思ってるオトナのみなさん。その固定観念を一度捨てて、さまざまな硬さの芯を試してみてはいかがですか。本当に自分に合ったものを使うのがベストです。
[ 2015/05/19 20:32 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

Author:パオロ・マッツァリーノ
イタリア生まれの日本文化史研究家、戯作者。公式プロフィールにはイタリアン大学日本文化研究科卒とあるが、大学自体の存在が未確認。父は九州男児で国際スパイ(もしくは某ハンバーガーチェーンの店舗清掃員)、母はナポリの花売り娘、弟はフィレンツェ在住の家具職人のはずだが、本人はイタリア語で話しかけられるとなぜか聞こえないふりをするらしい。ジャズと立ち食いそばが好き。

パオロの著作
みんなの道徳解体新書

日本人のための怒りかた講座

エラい人にはウソがある

昔はよかった病

日本文化史

偽善のすすめ

13歳からの反社会学(文庫)

ザ・世のなか力

怒る!日本文化論

日本列島プチ改造論(文庫)

パオロ・マッツァリーノの日本史漫談

コドモダマシ(文庫)

13歳からの反社会学

続・反社会学講座(文庫)

日本列島プチ改造論

コドモダマシ

反社会学講座(文庫)

つっこみ力

反社会学の不埒な研究報告