反社会学講座ブログ

パオロ・マッツァリーノ公式ブログ
反社会学講座ブログ TOP > 未分類 > ド・リーグとナ・リーグ

ド・リーグとナ・リーグ

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。
 すべてのスポーツを、ドーピングリーグとナチュラルリーグの2リーグ制にしてみてはいかがでしょう。
 ドーピングリーグ(ド・リーグ)では、ドーピングするもしないも選手の自由です。一切の薬物検査は行いませんし、薬物使用が発覚してもなんら罰則はありません。
 ナチュラルリーグ(ナ・リーグ)では、薬物検査を徹底しますし、使用が発覚した場合、それまでの記録類はすべて抹消され、選手はスポーツ界から永久追放となります。コーチやインストラクターへの転職も禁止されますし、競技関連団体の職員にもスポーツショップの店員にもなれないという、非常にキビシい処分を科します。
 倫理的な問題はさほどないと思いますよ。ド・リーグは薬物を使えと強制してるわけではないのです。あくまで、個人の自由に任せるってこと。つまり薬物を使わずに、ド・リーグに所属してプレーすることも可能です。
 ナチュラルで素の状態の限界を追い求めるか。ドーピングをして神の領域を目指すのか。選手の自己判断にゆだねられます。
 この2リーグ制にすることで、両者の記録や健康状態にどれだけの差が出るのかを比較することができます。ドーピングがスポーツにとって、プラスマイナス両面で、果たして本当に意味があるのかどうかを確かめられるんです。
 個人競技の場合は、試合そのものをリーグわけしなくても、ド・リーグ、ナ・リーグどちらに所属するかを公式に登録・宣言させるだけでも、比較は可能かもしれません。
 テレビのスポーツ中継では、選手紹介のテロップや順位表の名前のあとに「ド」「ナ」みたいなしるしがつくことになるので、「やっぱ、ナ・リーグは後半の持久力がないなあ」とか「ド・リーグでその成績はふがいないだろ」などとお茶の間のみなさんも盛り上がれますね。
[ 2016/03/09 09:39 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

Author:パオロ・マッツァリーノ
イタリア生まれの日本文化史研究家、戯作者。公式プロフィールにはイタリアン大学日本文化研究科卒とあるが、大学自体の存在が未確認。父は九州男児で国際スパイ(もしくは某ハンバーガーチェーンの店舗清掃員)、母はナポリの花売り娘、弟はフィレンツェ在住の家具職人のはずだが、本人はイタリア語で話しかけられるとなぜか聞こえないふりをするらしい。ジャズと立ち食いそばが好き。

パオロの著作
みんなの道徳解体新書

日本人のための怒りかた講座

エラい人にはウソがある

昔はよかった病

日本文化史

偽善のすすめ

13歳からの反社会学(文庫)

ザ・世のなか力

怒る!日本文化論

日本列島プチ改造論(文庫)

パオロ・マッツァリーノの日本史漫談

コドモダマシ(文庫)

13歳からの反社会学

続・反社会学講座(文庫)

日本列島プチ改造論

コドモダマシ

反社会学講座(文庫)

つっこみ力

反社会学の不埒な研究報告