反社会学講座ブログ

パオロ・マッツァリーノ公式ブログ
反社会学講座ブログ TOP > おすすめ > 食わず嫌いのエンターテインメント

食わず嫌いのエンターテインメント

 こんにちは。パオロ・マッツァリーノです。魚のみりん干しって、なんか甘ったるくて好きになれず、ずっと敬遠してました。ところが先日、辛口の日本酒を飲みながらみりん干しを食べる機会がありまして、そしたら、甘さと辛さがあわさってちょうどいい。ああ、こういう食べかたがあったのか。はじめてみりん干しを旨いと思えました。
 私はエンターテインメントに関しては、なるべく偏見や先入観を持たないようにしています。はなっから、つまんないと決めつけて、せっかくのいい作品を見逃してたらもったいないから。よい評判を耳にして、それが自分の好みに合いそうな予感が少しでもしたら、とりあえず見て(聴いて・読んで)みます。つまんなかったらやめればいいだけのことですし。
 そうはいっても、私にだって、苦手な分野はいくつかあります。たとえば、オリンピック。韓流ドラマ。そして、アニメ。この三つは、よほどのことがないかぎりは、見ません。
 よほどのことが起きました。先日まで東京MXで再放送していたアニメ『魔法少女まどかマギカ』を全話見ちゃいました。テレビアニメを全話通して見たのは、『エヴァンゲリオン』以来、かな?
 去年、文化庁のなんとか賞を獲ったり、SF畑の人たちがこぞって絶賛してたのを耳にして、なんでこんな、こども向けアニメみたいのが? と興味を持ってたんです。
 最初は後悔しました。デフォルメイラストみたいな絵柄も苦手だし、アニメ独特の会話のノリも苦手。うわーやっぱりダメだとあきらめかけたのですが、戦闘シーンだけ突如シュールな絵になって、こういうところが評価されたのか? と気を取り直して、とりあえず見続けたところ、3話目で甘い皮が剥がされて、秀逸なホラーとしての本性をあらわしたことで先の展開が楽しみになり、10話で物語の謎がすべて明かされると、なるほどこれは正真正銘SFだ、と納得できました。
 それにしてもレビュアー泣かせの作品ですね。なにをいってもネタバレになりそうだし、みなさんが内容に関して口を濁したわけがわかりました。これ、予備知識がなにもない状態で見るのが、たぶんもっとも楽しめるはずだから。
 こども向けだった甘ったるい魔法少女アニメに辛口の味付けをほどこして、大人の鑑賞に耐える新たなメニューとして提供したことに感心すると同時に、まだまだエンターテインメントには可能性が残されているんだなあと再確認できたのが収穫でした。ていうかこれ、小学生の女の子がまちがって見ちゃったら、トラウマになるかもよ?

 ところで、ミステリーだらけだった今期のテレビドラマでは『リーガルハイ』が図抜けてました。いつもはいいひと役ばかりの堺雅人さんがホントにイヤなヤツに思えるあたり、やっぱり役者です。次点が『ATARU』。『鍵のかかった部屋』は最初おもしろくて期待したものの、非現実的な密室トリックの数々に興味をなくして途中で脱落。密室トリックって、理論的には可能でも、実際そんなことしないだろ、ってシラケてしまうんです。殺人現場にピッチングマシン持ってくか?
 でもじつは私が選ぶ今期のナンバーワンミステリーは、『タイムスクープハンター』シーズン4の第5回、「辻斬りを阻止せよ」でした。
 江戸の町角で治安を守っていた辻番という人たちは、武士ではなく、カネで雇われた町人だったんです。いまでいう警備員、ガードマン。彼らが辻斬りの犯人を追い詰める話なんですが、途中まさかのどんでん返しがあって、見てた人みんな、えっ、と驚いたんじゃないかと思うんですよ。タイムスクープハンターは、実際の記録をもとに再構成してるようですが、本当にこんな事件があったんですかねえ。
[ 2012/06/27 14:02 ] おすすめ | TB(-) | CM(-)
プロフィール

Author:パオロ・マッツァリーノ
イタリア生まれの日本文化史研究家、戯作者。公式プロフィールにはイタリアン大学日本文化研究科卒とあるが、大学自体の存在が未確認。父は九州男児で国際スパイ(もしくは某ハンバーガーチェーンの店舗清掃員)、母はナポリの花売り娘、弟はフィレンツェ在住の家具職人のはずだが、本人はイタリア語で話しかけられるとなぜか聞こえないふりをするらしい。ジャズと立ち食いそばが好き。

パオロの著作
みんなの道徳解体新書

日本人のための怒りかた講座

エラい人にはウソがある

昔はよかった病

日本文化史

偽善のすすめ

13歳からの反社会学(文庫)

ザ・世のなか力

怒る!日本文化論

日本列島プチ改造論(文庫)

パオロ・マッツァリーノの日本史漫談

コドモダマシ(文庫)

13歳からの反社会学

続・反社会学講座(文庫)

日本列島プチ改造論

コドモダマシ

反社会学講座(文庫)

つっこみ力

反社会学の不埒な研究報告