反社会学講座ブログ

パオロ・マッツァリーノ公式ブログ
反社会学講座ブログ TOP > 未分類 > 冬ドラマの感想

冬ドラマの感想

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。
 冬ドラマの感想。悔やまれるのは、『カルテット』を見逃してしまったこと。評判聞いてると、絶対おもしろいヤツ。しかも途中から見ちゃダメなヤツ。脚本が坂本裕二さんだったんですよね。やっぱりドラマは脚本家をチェックしておくべきでした。
 『A LIFE』の地味な秀作という評価は最後まで変わらず。薄味なのは、単純にキャストが多すぎたから。橋部さんの脚本による医療ものなら、オリジナルじゃないけど『フラジャイル』が傑作でした。なんであれ、評判にならなかったんだろう?
 ミステリでは、NHKの『スリル!』。蒔田さん、久々です。『ハードナッツ』は、えー、もう4年前ですか。
 私は、本格派のミステリは活字のためのエンターテインメントだと思ってます。活字だからこそ可能な叙述トリックに、あっ、そうだったのかっ! とダマされるのが楽しいんです。探偵がトリックを長々と説明する場面は活字なら10ページ続いても平気だけど、映像で10分やられたらキツいでしょ。映像化するなら、ゆるくてキャラの立ったバカミスにかぎります。
 『スリル!』は地上波とBSで同時に放送されて、キャストは共通なんだけど、地上波の『赤』では警視庁庶務課のヒトミが主役、BSの『黒』は弁護士の白井が主役という実験的な作りでした。でも、父親が詐欺師でも警視庁の職員になれるんですかね? 庶務課ならいいのかな。
 NHKはマジメなようでいて、じつは実験的な番組をけっこうやってるんです。どちらかというと民放のほうが、視聴率を気にしすぎて、無難なものばかり作ってる気がします。
 無難でないドラマの代表が、先日の再放送で見た『奇跡の人』。ぶっとびましたよ。最低男の最高のストーリーに、魂をわしづかみされて振り回されました。一部で絶賛されてたのも納得です。ヘレンケラーの物語をロックにしちまうなんて、どこからそんな発想が出てくるんですか。よくぞこの企画を通したなNHK。しかも主役は銀杏ボーイズの峯田さん。民放だったら企画自体が通ったとしても、主役はべつの人、きっとジャニーズとかにさせられてますよ。
 最初からずっと見てきたファンとしていわせてもらうと、『相棒』はそろそろ真剣に幕引きを考えるべきです。私は来シーズンは見ないかもしれません。
 武田鉄矢さんで『水戸黄門』が復活すると話題になってますけど、まったく期待してません。たぶん、モノマネ芸人の視聴率は100パーセントでしょう。それより、4月からBSジャパンで『木枯し紋次郎』の再放送がはじまるようなので、まだ見たことがないかたは、ぜひこの機会に。人情なし。感動なし。ハッピーエンドなし。苦い後味の話ばかりの異色の時代劇に衝撃を受けると思います。原作の笹沢佐保は、紋次郎シリーズ以外にも股旅ものの短編をたくさん書いてますが、主人公がたいてい最後に死にますからね。
[ 2017/03/29 21:11 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

Author:パオロ・マッツァリーノ
イタリア生まれの日本文化史研究家、戯作者。公式プロフィールにはイタリアン大学日本文化研究科卒とあるが、大学自体の存在が未確認。父は九州男児で国際スパイ(もしくは某ハンバーガーチェーンの店舗清掃員)、母はナポリの花売り娘、弟はフィレンツェ在住の家具職人のはずだが、本人はイタリア語で話しかけられるとなぜか聞こえないふりをするらしい。ジャズと立ち食いそばが好き。

パオロの著作
みんなの道徳解体新書

日本人のための怒りかた講座

エラい人にはウソがある

昔はよかった病

日本文化史

偽善のすすめ

13歳からの反社会学(文庫)

ザ・世のなか力

怒る!日本文化論

日本列島プチ改造論(文庫)

パオロ・マッツァリーノの日本史漫談

コドモダマシ(文庫)

13歳からの反社会学

続・反社会学講座(文庫)

日本列島プチ改造論

コドモダマシ

反社会学講座(文庫)

つっこみ力

反社会学の不埒な研究報告