反社会学講座ブログ

パオロ・マッツァリーノ公式ブログ
反社会学講座ブログ TOP > 未分類 > 最近のテレビドラマとアニメ映画

最近のテレビドラマとアニメ映画

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。今期のテレビ連ドラは全滅。もちろん私の見込みがはずれただけで、スルーした作品のなかに傑作があるかもしれません。『ワカコ酒3』は安定の出来だけど、あれはドラマ仕立てのグルメ番組だし。
 そんななか1本だけあらわれた、まさかの大穴が、『サヨナラ、えなりくん』。きりたんぽだったヤツね。えなりくん、いつまでたっても出てこないなあ? とクビをひねっていたところへ、突然の企画変更で脚本家がヤケクソになったとしか思えない衝撃の展開。主人公とバーのマスターの会話シーンが多いんですが、やりとりに演劇的センスが感じられて、退屈しないんです。ひょっとしたら大化けするのか? とりあえず2話目もチェック。

 ここんとこ毎日、名探偵コナンの劇場版を観てます。WOWOWで劇場版全作放送をしてるんです。そもそもアニメをめったに観ないので、テレビシリーズはほとんど観たことがなく、劇場版は地上波で3本ほど。なので今回、ほとんどが初見です。
 いまのところおもしろかったのは、ラストが粋な『世紀末の魔術師』。それと、孤立無援のタワー屋上で、普段使ってる武器もすべて壊れる絶体絶命のピンチに追い込まれる『漆黒の追跡者』。
 どちらかというと、初期の作品のほうが出来がいいかな? それにしても、打率の高さに感心します。私は映画にしろ本にしろ、ミステリって序盤で提示される謎に魅力がないと続きを観る(読む)気になれずやめてしまうんですが、劇場版コナンのシリーズは、だいたいどれも合格点。
 ちょっとキビシめなこというと、シリーズを通じて、肝心の謎に関しては必然性の薄い連続殺人をムリヤリ仕立ててる感も否めません。でも、そんな些細な傷なんか、アニメならではの物理法則を無視したスケールのデカいアクションと、スリル満点の展開で吹き飛ばしちゃいますから。もう、犯人が誰かなんてどうでもいいやね。
[ 2017/05/07 21:07 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

Author:パオロ・マッツァリーノ
イタリア生まれの日本文化史研究家、戯作者。公式プロフィールにはイタリアン大学日本文化研究科卒とあるが、大学自体の存在が未確認。父は九州男児で国際スパイ(もしくは某ハンバーガーチェーンの店舗清掃員)、母はナポリの花売り娘、弟はフィレンツェ在住の家具職人のはずだが、本人はイタリア語で話しかけられるとなぜか聞こえないふりをするらしい。ジャズと立ち食いそばが好き。

パオロの著作
みんなの道徳解体新書

日本人のための怒りかた講座

エラい人にはウソがある

昔はよかった病

日本文化史

偽善のすすめ

13歳からの反社会学(文庫)

ザ・世のなか力

怒る!日本文化論

日本列島プチ改造論(文庫)

パオロ・マッツァリーノの日本史漫談

コドモダマシ(文庫)

13歳からの反社会学

続・反社会学講座(文庫)

日本列島プチ改造論

コドモダマシ

反社会学講座(文庫)

つっこみ力

反社会学の不埒な研究報告