反社会学講座ブログ

パオロ・マッツァリーノ公式ブログ
反社会学講座ブログ TOP > 未分類 > 国民の審判

国民の審判

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。いやあ、圧勝でしたねえ。
 おめでとう! ハマカーン!

 選挙の話じゃないのか? そんなもんべつに聞きたくもないでしょ。ええ、私は腹を立ててますよ。せっかく私が無党派メガネ男子・メガネ女子票を大量獲得する秘策を授けたのに、どの党も採用しなかったから、自民の独走を許してしまったんです。ああ、じつに、もったいない。
 こういう結果になったからには、自民党のみなさんは、テレビCMで安倍さんが連呼していた、利権を取り戻す! 既得権を取り戻す! という公約の実現に全力で邁進なさるのでしょう。そんなこといってなかった? おかしいな。私には安倍さんの心の声が聞こえたんですけどねえ。

 話を戻しますが、ハマカーンは以前から注目して応援してたんですよ。いえ、ホントに。決勝はもうちょっと票が割れるかと思ったんですが、ハマカーンのあそこまでの圧勝とは。私の票読みはまだまだ甘かったですな。
 もし、アホ-1グランプリだったら、オジンオズボーンが優勝候補だったでしょうし、NON STYLEが繰り出すボケの究極連打にも、千鳥が紡ぐ笑える悪夢世界(千鳥のネタの世界観って、まじめに想像すると、けっこうブラックですよ)にも、楽しませてもらいました。あの舞台に残った12組は、やっぱりみんな実力者です。

 これからお笑いコンビやグループを結成して天下取りを目指してる若手のみなさん、「国民の審判」というコンビ名・グループ名はいかがですか。「どうもー! 国民の審判でーす!」「本日のゲストは、国民の審判のみなさんです」
 何様だよ、って無駄におおげさなのがいいでしょ。これだけお笑いの人たちが多いと、もしかしたらすでに存在するかもしれないと、吉本のサイトの芸人検索をしてみましたが、いないようです。他の事務所はわかりませんが。
 べつに政治ネタや諷刺ネタをやる必要はありません。むしろ、名前と無関係のくっだらないネタをやったほうが、権威をコケにできます。なにが国民の審判だ! ふざけるな! とアタマの固い連中が怒ってくれたら、しめたもの。
 そもそも「国民の審判」なんて言葉自体がうさんくさいんです。自分の望む結果が出たときは、「国民の審判がくだった」と多数派の正義と賢明さを強調する。自分の望まない結果になったときは、「あんなのはポピュリズムだ。大衆迎合だ」と批判し、少数派の自分こそが賢く正しい存在であると主張する。
 どちらも多数決で決まった結果であることに、かわりはないはずなのにね。
[ 2012/12/18 00:08 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

Author:パオロ・マッツァリーノ
イタリア生まれの日本文化史研究家、戯作者。公式プロフィールにはイタリアン大学日本文化研究科卒とあるが、大学自体の存在が未確認。父は九州男児で国際スパイ(もしくは某ハンバーガーチェーンの店舗清掃員)、母はナポリの花売り娘、弟はフィレンツェ在住の家具職人のはずだが、本人はイタリア語で話しかけられるとなぜか聞こえないふりをするらしい。ジャズと立ち食いそばが好き。

パオロの著作
みんなの道徳解体新書

日本人のための怒りかた講座

エラい人にはウソがある

昔はよかった病

日本文化史

偽善のすすめ

13歳からの反社会学(文庫)

ザ・世のなか力

怒る!日本文化論

日本列島プチ改造論(文庫)

パオロ・マッツァリーノの日本史漫談

コドモダマシ(文庫)

13歳からの反社会学

続・反社会学講座(文庫)

日本列島プチ改造論

コドモダマシ

反社会学講座(文庫)

つっこみ力

反社会学の不埒な研究報告