反社会学講座ブログ

パオロ・マッツァリーノ公式ブログ
反社会学講座ブログ TOP > 未分類 > 暑いぞ! パオが谷!

暑いぞ! パオが谷!

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。いやあ、暑いですね。暑さ10倍返しだっ!(意味不明) 壇蜜の芝居は大根だっ!(賛否アリ) 
 ところで銀行って、冷房効き過ぎてる気がしませんか。節電が叫ばれてるわりには、いつも寒いくらいで、もしかして、銀行強盗が来たときにアタマを冷やすようにわざと冷房強めにしてるのか?
 先日、銀行に行ったとき、思い切って窓口のお姉さんに聞いてみました。窓口のなかはコンピューターとか熱源となる機械類に囲まれてるので、冷房を効かせないと暑いのだとか。
 あっ、そういう事情があったんだ。銀行強盗のアタマを冷やすためではないのですか? と確認したら、そのようなことは、ございません、と笑顔でいわれました。

 節電といえば、エアコンの28度設定では暑すぎる、という声をよく耳にします。
 ではそうおっしゃるかた、28度設定で暑いと感じたときの実際の室温と湿度は、どれくらいだったのでしょうか。わからない? それじゃあ話にならないな。不満をこぼすにしても、科学的にきちんと検証してからでないと、説得力ありませんよ。
 温湿度計なんて、安いものだと1000円くらいで買えますから、ぜひひとつ買って、オフィスや家で実際にどうなのか、測ってみてください。
 私が自分の部屋でいろいろ試してみた結果、室温28度・湿度60%の環境は、軽装ならけっこう快適でした。個人差はあるでしょうけど、暑いのがわりと苦手な私でも平気だったくらいです。
 コツとしては、扇風機やサーキュレーターでゆるく空気の流れを作ることです。そうすればさらに快適になります。
 ですから、室温28度でクールビズというのは、決して無理な設定ではありません。「エアコン28度設定」というのに拘泥するからおかしなことになるんです。設定がどうこうではなく、実際の室温が28度になってるかどうかが肝心。
[ 2013/08/10 19:56 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

Author:パオロ・マッツァリーノ
イタリア生まれの日本文化史研究家、戯作者。公式プロフィールにはイタリアン大学日本文化研究科卒とあるが、大学自体の存在が未確認。父は九州男児で国際スパイ(もしくは某ハンバーガーチェーンの店舗清掃員)、母はナポリの花売り娘、弟はフィレンツェ在住の家具職人のはずだが、本人はイタリア語で話しかけられるとなぜか聞こえないふりをするらしい。ジャズと立ち食いそばが好き。

パオロの著作
会社苦いかしょっぱいか

みんなの道徳解体新書

日本人のための怒りかた講座

エラい人にはウソがある

昔はよかった病

日本文化史

偽善のすすめ

13歳からの反社会学(文庫)

ザ・世のなか力

怒る!日本文化論

日本列島プチ改造論(文庫)

パオロ・マッツァリーノの日本史漫談

コドモダマシ(文庫)

13歳からの反社会学

続・反社会学講座(文庫)

日本列島プチ改造論

コドモダマシ

反社会学講座(文庫)

つっこみ力

反社会学の不埒な研究報告