反社会学講座ブログ

パオロ・マッツァリーノ公式ブログ
反社会学講座ブログ TOP > 未分類 > 疑惑のアメダス

疑惑のアメダス

 こんにちは、近所のコンビニからプレミアムホームランバーが消えてがっかりのパオロ・マッツァリーノです。
 高知県の四万十(江川崎アメダス)で日本一となる気温41度が計測された件で、観測環境への疑問の声が上がりました。
 だれがいい出しっぺなのかはわからないのですが、たとえばヤフーニュースに、気象予報士の森田さんがこんなコラム「「41度」日本記録への疑問」を書いてまして、TBS『Nスタ』の天気予報でもネタにしてました。

アメダス周辺部はアスファルトや踏み固められた土に囲まれています。しかも、このアスファルト(駐車場)は、二年半前の2011年1月に舗装されたばかりだそうです。このアスファルトが、今回の高温に何らかの影響を与えている可能性はないのでしょうか。


 ないと思います。純粋に論理的に判断すればね。このコラムの文章から与えられる情報だけで論理的に考えると、森田さんは自分で自分の説をすでに否定してるんです。
 アスファルトで舗装されたのは、2011年1月だったんでしょ? もしもアスファルトから反射する熱が実際に影響を与えているなら、去年・おととしにも、日本記録が出てるはずです。それがなんで2年以上たった今年になって急に影響をおよぼすようになったのですか?
 この明らかな矛盾だけでも、アスファルトからの影響を否定する要素としてはじゅうぶんに思えるのですがねえ。
 ちなみに江川崎アメダスの直下が写真で黒く見えるのはアスファルトでなく、地面に敷かれた雑草を生やさないようにするシートだと、フジテレビの『とくダネ!』がレポートしてました。ただし、このシートを敷いたのがいつなのかは不明です。それが昨夏以降だったのなら高温の原因かもしれません。

 論理思考だけでは真実とはいえない? では気象庁のデータも確認してみましょう。江川崎と、その近辺の宿毛、近永、そしてライバルの熊谷、多治見の過去の最高気温の比較です

年最高気温

 このグラフで見ると、2007年の熊谷・多治見の記録も突出しててアヤシいといえなくもない。2010年と2011年の比較では、他が横ばいか低下なのに、熊谷だけが前年より大幅にアップしています。これもなんかのドーピングくさいなあ。江川崎だけ妙に安定してるってのも、逆にアヤシい気もするし……
 とまあ、最高気温なんて値は、瞬間的なものだからバラツキが多く、いくらでもケチをつけられます。なんらかの自然現象によるドーピングや、観測のタイミングなどによって偶然、突出した値が出てしまうのが実情でしょう。
 そんな偶然の産物みたいな数値なんだから、最高気温で勝った負けたと競うのは、しょせんお遊びにすぎません。町おこしだの観光収入だのと、ヤラシイことを考えるヤツはヤだね。ヤボだね。
[ 2013/08/17 23:01 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

Author:パオロ・マッツァリーノ
イタリア生まれの日本文化史研究家、戯作者。公式プロフィールにはイタリアン大学日本文化研究科卒とあるが、大学自体の存在が未確認。父は九州男児で国際スパイ(もしくは某ハンバーガーチェーンの店舗清掃員)、母はナポリの花売り娘、弟はフィレンツェ在住の家具職人のはずだが、本人はイタリア語で話しかけられるとなぜか聞こえないふりをするらしい。ジャズと立ち食いそばが好き。

パオロの著作
会社苦いかしょっぱいか

みんなの道徳解体新書

日本人のための怒りかた講座

エラい人にはウソがある

昔はよかった病

日本文化史

偽善のすすめ

13歳からの反社会学(文庫)

ザ・世のなか力

怒る!日本文化論

日本列島プチ改造論(文庫)

パオロ・マッツァリーノの日本史漫談

コドモダマシ(文庫)

13歳からの反社会学

続・反社会学講座(文庫)

日本列島プチ改造論

コドモダマシ

反社会学講座(文庫)

つっこみ力

反社会学の不埒な研究報告