反社会学講座ブログ

パオロ・マッツァリーノ公式ブログ
反社会学講座ブログ TOP > 未分類 > 違いのわかる? わからない? 男

違いのわかる? わからない? 男

 こんにちは、パオこく堂です。あれ? 卒業式で君が代を歌ったら、口と声がずれているぞ。
 さて、かっぱえびせんのパッケージが変わって、おいしくなったと書かれているのをスーパーでみつけたので、買ってみました。
 んー……? しばらく食べてなかったので前のと比べようがないのですが、ちょっとしょっぱくなったような。気のせいですか。もともとおいしいお菓子なので、大幅に味を変えてしまったら元も子もありません。リニューアルといってもこんなもんでしょう。

 夜に原稿を書くことも多いので、夏場は晩飯のときしばしばノンアルコールビールを飲んでました。冬以降飲んでなかったら、こちらも定番商品がいつのまにかリニューアルしていたようなので、試してみました。
 新製品のアサヒドライゼロは味がない。ビールのスーパードライの味を忠実に再現してるともいえますが、私の好みではありません。キリン・フリーは、以前は妙に酸味が強くて敬遠してましたが、マイルドになったようです。サントリー・オールフリーはどこが変わったのかわかりません。もともとバランスが取れた味でしたし。私がひいきにしていたのは、もっとも苦みを感じられてビールっぽかったサッポロプレミアムアルコールフリー。こちらはリニューアルで香ばしさと甘みをやや強めたようで、そのせいか苦みが少々引っ込んだ感じ。でも各社リニューアル後も、結局私の順位はサッポロ、サントリー、キリンのまま変わらずということで。

 パソコンに入れた音楽ファイルをオーディオのスピーカーで聴くために、Icon uDACというUSBDACを使ってます(現在店頭で販売されてるのはuDAC2という後継機)。パソコンのUSB端子から音楽信号を取りだして、アナログ変換してアンプに送り込む装置です。これが最近、音が途切れたり、接続しても認識しないことが多くなりました。どうやら付属品だったUSBケーブルの接触不良のようなので、ものは試しと、音がいいとされるオーディオ用USBケーブルを購入してみました。
 オヤイデ電気のd+USB classB。パソコン用のUSBケーブルは400~500円も出せば買えますが、こいつは2千数百円もするんです。この程度で驚いちゃいけません。オーディオ用をうたう高級USBケーブルには、数万円するものすらあるのですから。かっぱえびせんみたいに気軽に試せません。
 つなげて音を聴いてみました。結果ですか? なんにも変わりません。プリンター用に使ってるごく普通のケーブルと付け替えて聴き比べても、差はわかりません。(うちのシステムは、スピーカーがダリ・ロイヤルタワー、アンプがマランツPM8001、プレーヤーがデノンDCD1500AE)まあ、私としては、予想どおりの結果でしたから、それほどがっかりもしません。
 USBケーブルで音が変わるというのは、ほぼ気のせいです。スピーカーケーブルなどは多少音が変わりますが、数千円、数万円の投資に見合う変化ではないし、そもそも実際付け替えてみるまで自分の好みの音色になるかどうかの保証もないし返品も効かないのだから、きわめてタチの悪いバクチです。
 USBにかぎらず、ケーブルを何種類も試してムダ金費やすくらいなら、そのお金を貯めて、DACやスピーカーやアンプそのものを、もっといいものに買い替えたほうが絶対、満足度は高いことでしょう。
[ 2012/03/19 10:41 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

Author:パオロ・マッツァリーノ
イタリア生まれの日本文化史研究家、戯作者。公式プロフィールにはイタリアン大学日本文化研究科卒とあるが、大学自体の存在が未確認。父は九州男児で国際スパイ(もしくは某ハンバーガーチェーンの店舗清掃員)、母はナポリの花売り娘、弟はフィレンツェ在住の家具職人のはずだが、本人はイタリア語で話しかけられるとなぜか聞こえないふりをするらしい。ジャズと立ち食いそばが好き。

パオロの著作
みんなの道徳解体新書

日本人のための怒りかた講座

エラい人にはウソがある

昔はよかった病

日本文化史

偽善のすすめ

13歳からの反社会学(文庫)

ザ・世のなか力

怒る!日本文化論

日本列島プチ改造論(文庫)

パオロ・マッツァリーノの日本史漫談

コドモダマシ(文庫)

13歳からの反社会学

続・反社会学講座(文庫)

日本列島プチ改造論

コドモダマシ

反社会学講座(文庫)

つっこみ力

反社会学の不埒な研究報告