FC2ブログ

反社会学講座ブログ

パオロ・マッツァリーノ公式ブログ
反社会学講座ブログ TOP >

それは説教ではない。きみは論破されたのだ

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。かれこれ20年近く前から在宅ワークです。いまは書き下ろし単行本の原稿がようやく終盤に差し掛かったところです。書き上がってから全体を見直して手を入れるので、発売はまだしばらく先になると思います。

 年末から録りためたテレビ番組をほぼ消化できました。『逃げ恥』の新春スペシャルドラマは、連ドラのときと変わらず、社会問題をぶっこんでくる姿勢が頼もしい。家庭と仕事の両立をはばむ日本社会のゆがみという従来からの問題に加えて、今回はコロナ禍ですよ。多くのドラマがコロナ禍という状況を無視してるなか、正面切って取り組んでたのは勇気があります。
 勇気ある行動には、必ずケチをつけるひとが現れるもの。ツイッターを検索してみると、圧倒的に支持する意見が多いなか、批判的な意見もちらほらあるといった感じでした。
 おもしろい反応だなあと思ったのは、少数の批判派に「説教臭くてムリ」「フェミの説教だ」みたいな意見が目立つのに対し、支持する側のひとたちは「社会問題を取りあげながらも説教臭くないエンタメになってたのがいい」みたいにほめてるところ。
 同じものを見てるのに、「説教くさい」「説教臭くない」と感じかたは正反対。おもしろいでしょ。この差が何に由来するのか、考えてみましょう。

 じつは1年ほど前に、同じ賛否の構図を偶然目にしました。『ミステリと言う勿れ』というマンガを読んだら評判どおりの秀作で、これはきっと、うるさがたのミステリファンもほめているに違いないと思ったんです。そこでためしに、普段あまり読まないアマゾンのレビューを確認してみました。
 残念ながらミステリファンらしきひとのレビューはなかったのですが、代わりに発見がありました。全体として圧倒的に高評価が多いなか、少数の批判意見に共通するワードが「説教」であることを。
 フェミの説教などと批判されてることに、私はビックリしました。え? あのマンガがフェミニズム? そんな印象、まったく受けなかったけどなあ……? そこでもういちどマンガ喫茶で1巻を読み直しました。
 最初のエピソードでは、誤認逮捕された探偵役の大学生・久能が取り調べを受けている側であるにもかかわらず、逆に取り調べをする刑事たちの発言の端々から私生活で抱えている問題点を見抜いてズバズバ指摘していきます。久能がいかにも切れ者って感じではなく、ひょうひょうとしてマイペースなのが笑えます。
 久能はつねに合理的な視点で物事を見ています。刑事たちがいかに常識バイアスで曇った不合理な目で物事を見ているかを指摘していくうちに、事件の真相にまでたどりついてしまうのですが、そこに関心があるかたはマンガを読んでいただくとして。
 で、久能は刑事たちに何を告げたのかといいますと、娘が父親のニオイを嫌うのは近親交配を避けるための本能とする生物学の仮説を披露したり、刑事が奥さんを怒らせてるのは、ゴミをゴミ置き場に持ってくだけで家事を手伝ってるつもりになってるからだと忠告したり、アメリカの野球選手は奥さんの出産やこどもの卒業式のときに試合を休むことを父親の権利だと思い、世間も認めてるが日本ではなかなか認められない……とか、その程度の話です。
 批判レビューを書いたひとたちは、この程度の内容をフェミニズムだと誤解して唾棄してるわけで、それは単なる無知、勉強不足ですね。

 説教された、とひとが感じるのは、どういうときだかわかりますか。正論をいわれて反論できないときなんです。つまり、相手の意見を説教だとケチつけてる時点でそのひとは、すでに相手の正論に論破されて負け惜しみをいってる状態にあるのです。
 『逃げ恥』にせよ『ミステリと言う勿れ』にせよ、主張内容は非常にわかりやすく具体的です。その主張の多くは、社会と人間の見かたとして正論であると私は感じました。フェミニズムであるかどうかは関係ありません。
 もしも主張内容が間違っていると思うなら、どこがどう間違いなのかを具体的かつ論理的に指摘すればいいだけのこと。正しいと納得したなら素直に受け入れればいい。正誤を決めかねるのであれば、自分と異なる価値観もあることを認め、とりあえず異論を尊重する態度を取ることもできるはずです。
 そのいずれかが可能なら――いい換えると、あなたが知的・精神的にオトナであれば、「説教された」「説教臭い」なんて言葉は出てこないはずなんです。誰かの意見を聞いたり読んだりして説教だと吠えてるとしたら、それはあなたが未熟だからです。
[ 2021/01/11 18:03 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

今年、コロナ禍で困ったこと

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。これまで何度も書いてますけども、私は片方の耳がほとんど聞こえません。私の正体が○○さんとか推理してる迷探偵をネットでときどき見かけますけど、その○○さんも片耳が難聴なのですか? そこを確認すれば、私とは別人だとわかりそうなものですが。まさか、私が難聴のフリをしてるとでも?

 片方だけ聞こえなくなっても、聴力が半分になるわけではありません。両耳とも聞こえてたときの7割ぐらいは聞こえてると思います。ただし、それは周囲が静かな場合に限られます。周囲に雑音があると途端に聞こえづらくなるから不便です。
 カクテルパーティー効果というのをご存じのかたも多いでしょう。パーティー会場のような周囲がざわついてる場所でも、目の前のひとの言葉だけを聞き取って会話ができる能力のことで、健常者はほとんど全員が無意識にやってます。でも自分でもビックリしたのですが、片耳だけしか聞こえなくなると、この能力が失われてしまうんですよ。目の前の会話相手が小声でしゃべっていて、となりの関係ない他人が大声でしゃべってると、となりの大声に目の前の小声がかき消されてしまいます。不要な音をミュートできないんです。

 たぶんみなさんは一度も意識したことないだろうけど、スーパーやコンビニの店内って、けっこう騒がしい。客の話し声や店内のBGMなど、雑音がたくさんあるんですが、みなさんは無意識にそういう騒音を脳の中でミュートしてるから気にならないんです。
 困るのは会計のとき。そういう周囲の騒音がジャマをして、目の前の店員の言葉が聞き取れないことがよくあります。いちいち聞き返すのも面倒だから、ポイントカードお持ちですか、とか聞いてるんだろうなと予測して適当に受け答えしています。
 今年はコロナ対策で、店員がマスクをして、客との間にはビニールシートみたいなのが吊されるようになったので、いままで以上に聞き取るのがむずかしくなりました。

 レジ袋の質問に適当に答えてると、罠にはまることがあります。経験上、大多数の店員は「レジ袋は必要ですか?」と聞いてくるんで、よく聞きとれなくても、レジ袋の質問だなと思ったら「いいえ」と答えます。
 ところがたまに、「袋はお持ちですか?」と変化球投げてくる店員がいるんですよ。いつもの調子で「いいえ」と適当に答えてしまうと、袋を持参していないことになり、レジ袋をカゴに入れられてしまいます。そこであわてて「レジ袋、要らないです」と訂正するはめに。

 数日前に新宿の紀伊國屋書店に行きました。あそこはいまどき珍しく、エレベーターガールがいるんです。で、私がエレベーターに乗ろうとしたら、ガールがなにか私にいってるんですけど、聞こえない耳の側から話しかけられたからわからない。
 なんだろう? エレベーター内を見るとすでにそこそこ乗客がいたので、満員だから次のにしろといってるのかと予測して、ドアの前で立ち止まりました。これでよろしい? とガールの顔をうかがうと、「リュックを降ろしてください」といわれました。
 あ、混んでてジャマになるからってことね。これはさすがに予測できませんでした。
[ 2020/12/28 20:27 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

だから笑いはむずかしい

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。晩年の立川談志が落語のまくらで、こんな毒を吐いてました。東京の落語家は人情話ばかりやりたがるけど、あんなもん、誰だってできるんだ、泣くツボはみんな同じだから。笑いのツボはひとそれぞれだから、笑える話をするほうが、ずっとむずかしい。
 まさにそれを実感したのが、今年のM-1でした。唯一、もう1本のネタを見たいなと思ったニューヨークは最終決戦に残れず。
 世間の一部では、優勝したマヂカルラブリーのネタが漫才なのかどうかで議論になってます。プロの芸人のあいだでは、漫才かどうかなんて定義はない、おもしろければいいんだ、と擁護する意見がわりと優勢なようです。
 私もその意見に大筋で賛成なのですが、ただ困ったことに、私はM-1のマヂカルラブリーのネタでちっとも笑えなかったんです。以前他の番組で見た、ラップバトルのネタがすごくおもしろかっただけに、今回のあのネタ、なんなの? どこがツボなの? って感じで。
 なんでかなと考えたんですが、長すぎるんじゃないですか。30秒とか1分くらいのショートネタだったら、こういうのもおもしろいよね、と納得したのかもしれません。でも、なんの展開もなしに4分間ずっとふざけた動きだけだと、後半はつまらないギャグマンガの実写版を見させられてるようで、完全に退屈な時間になってしまいました。

 そんなことを考えてたら、本当におもしろいギャグマンガに出逢えました。先日、書店の前を通りかかると店頭に、「このマンガがすごい」のコーナーがあって、ああそんな時期か、と足を止めました。日頃、マンガとアニメの情報には自分からアンテナを張ってないもので、そういうランキング企画や知人からのおすすめなどで作品を知ることがけっこう多いんです。
 で、今回オンナ編の1位が『女の園の星』。もちろん、作品も作者もまったく知りません。よくわからないけど、表紙の絵だけからもただならぬ雰囲気を感じたので、ネットで試し読みをしたら、最初の数ページだけでもおもしろい。これは! と単行本を読んだら、久々にギャグマンガ界に天才が出現したんじゃないかと思いましたね。
 この作者の和山さんですか、ひとつひとつの笑いのセンスも抜群ですが、それだけでなく構成力にも秀でてます。1回の話がけっこう長めのエピソードとして成立してて、何度も笑えます。
 女子高で教師をしてる星先生が主役で、最初は、まともそうな彼がツッコミ役なのかと思ったのですが、じつは星先生もかなりの変人で、ボケ体質。学級日誌の備考欄で生徒たちが毎日絵しりとりをしてるなんてのは、ホントにありそうな話で、それだけでもけっこう笑っちゃうのですが、そこで自分が生徒にいじられてることに気づかず悩み続ける星先生の姿を描くことで笑いを重ね、最後のオチも気が利いてます。
 マンガ家志望の生徒の作品を同僚と一緒に読んで批評する回では、マンガの内容のカオスな展開に笑いっぱなし。
 もう、脱帽。優勝。1位であることになんの異存もありません。
 でも、多くのひとがおもしろさを認めたこのマンガだって、全然笑えない、どこがツボなんだ? というひとが、きっといるはずなんですよ。だから笑いはむずかしい。
[ 2020/12/27 17:07 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

修復できそうにない分断

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。社会の分断が叫ばれるようになって久しいのですが、一番やっかいなのは、根拠のない陰謀論や都市伝説を信じる者と、信じない者との分断であるように思えます。
 先日のアメリカ大統領選挙でもそれが如実に現れてました。トランプやその熱狂的支持者たちは、票が盗まれたなどと、たわごとをがなり立ててますが、具体的な根拠や証拠はまったく示されません。それこそが、都市伝説や陰謀論に共通する特徴です。
 ツイッター上で流れた主張なんて、ヒドかった。検索すると、トランプ票がバイデンの票に変換されるシステムが見つかった! なんて情報が拡散していて、最初はジョークのネタなのだろうと思いましたけど、違いますね。あいつら本気で信じてます。
 そんな便利なシステムがホントにあるのなら、トランプがまっ先に飛びついて、自分の票に変換しまくってたはずです。なにしろトランプは、自分が不利になる郵便投票を減らすために、ポストを撤去したり、郵便局を閉鎖したりといった卑怯な妨害工作を、おともだちの郵政長官と結託して実行してたんですから。
 ズル大王のトランプが、票を変換できる夢のようなシステムをスルーするはずがありません。それとも、トランプ票をバイデン票には変換できるのに、その逆はできないの? どんな原理のシステム?
 ちょっと考えるだけでも矛盾だらけで、これが都市伝説にすぎないことは明白なのに、日本人のなかにも、その都市伝説を真に受けてるひとたちがいるんだから困ったもんです。
 すると、陰謀論や都市伝説の信者はムキになって噛みついてきます。
「票を変換するシステムが絶対ないって証明できるのかよ!」
 そんなことをいってると、みなさんが大好きな安倍前総理からも叱られてしまいますよ。国会で野党議員に疑惑を追及され、「それは絶対ないと証明できるのですか」と質問された際に安倍さんは「ないことを証明するのは、悪魔の証明といいまして、不可能です」と苦笑しながら答弁してました。
 あるという証拠は、たったひとつでもあれば存在証明になります。しかし、ないという説明は何百回重ねたところで、あした「ある証拠」が出てくる可能性を否定できません。だからないことは永久に証明できないのです。

 これまでわれわれは、都市伝説や陰謀論、もっと広い意味ではオカルトや捏造歴史観も含め、根拠のない言説に寛容すぎたんじゃないでしょうか。その手の事柄を理路整然と真正面から否定すると、反論できない連中は、「なに、マジになってんだよ、遊びなんだから、楽しむぶんには、いいじゃねえか」と、おちゃらけてごまかします。
 こちらとしても、まあ、マジでないならかまわないけど……と追及の手を緩めてました。でも、あいつら本心では、かなり本気で信じてるんですよ。
 そんな連中がどうやら、気づいてしまったようなんです。政治という手段を使ってマジョリティになれば、自分らの妄想を真実にまつりあげ、批判してるヤツらを政治的圧力で黙らせることができるってことに。
 それが現実になってしまったのが、トランプ政権の4年間でした。
 自分が認めたくない事実は「フェイクニュースだ」と一蹴し、反論できずに追い込まれると「魔女狩りだぁ」と泣きごとをいう。その一方で、毎日ツイッターにでまかせと他人の悪口を書きこむ。そこには事実に基づいた論理思考なんてひとかけらもありません。だけど、政治の力を使うとそれを正当化できてしまうのです。
 こんな人間を熱烈に支持してた層と、陰謀論や都市伝説を信じる層が重なるんです。彼らがやっかいなのは、自分の間違いや負けを決して認めようとしない態度です。論破されてもなお、ヘリクツ・感情論・論点ずらしで反論し続けますが、その反論にも当然根拠はありません。

 コロナにも、当初は懐疑論がたくさん出てました。どんなことにも懐疑論は必要です。ただし、まともな思考力の持ち主なら、その後の経過を見ていれば、さすがにタダゴトではないな、と考え直したはず。自分が間違っていたことがわかったら、懐疑論は引っ込めなきゃいけません。間違いや負けを認めたくないからといって、懐疑論を唱え続けるのは反則です。
 トランプやその支持者はいまだにマスク着用を拒否してますが、彼らは自分の間違いを認めたくないだけです。そういうのは懐疑論とはいいません。タチの悪い意地っ張りです。
 私もじつはマスクが嫌いで、去年までは花粉症のヒドい時期以外にマスクをしたことなんてありませんでした。マスクの効果も疑問視してました。でも、日本で当初もっとも懸念されていた満員電車での大規模なクラスター感染が起きなかった事実を見れば、人混みでみんながマスクをすることで、かなりの予防効果が発揮できるのだと、認めざるを得ません。だから私も周囲にひとがいるところでは素直にマスクをします。べつに、考えを変えたことを恥だとかカッコ悪いだなんて思いません。

 しばらく前に、レジ袋はエコという説は都市伝説にすぎないし、有料化は経済学的な必然だったという話をしたときも、私はここに到るまでの経緯を数十年さかのぼって調べ、それを根拠に論証しました。それに対してまともな反論はひとつもなかったです。バカはおまえだ! みたいな悪口やら、事実関係を検証することもなく、自分のアタマの中で都合のいいヘリクツこねて反論したつもりになってるものばかり。
 一番笑ったのは、レジ袋の有料化は財産権の侵害だ! という主張。スゴい理屈ですよね。そのひとは、店の備品のレジ袋を自分の財産だと思ってるんですよ。
 これまでずっとそんな反応を山ほど見てきました。こちらがいくら苦労して事実を調べて論じても、都市伝説や陰謀論、オカルト、歴史捏造の信者を説得して考えを変えさせることはほぼムリなのだと、あきらめました。
 彼らはそもそも、自分は絶対正しいと信じていて、考えを変えるつもりがないんです。一度その手の怪しい理論に取り憑かれたひとは、おそらく死ぬまで変わらないのでしょう。彼らとの分断が埋まることはないと思います。
 それでも私は事実を調べて本を書くことをやめません。たとえ少数であっても、事実を知ることで自分の認識を変える用意があるひとたちに向けて、私は語り続けます。
 陰謀論者を治療するクスリはないけれど、まだ陰謀論やインチキ理論に取り憑かれてないひとたちに、事実にもとづいた思考をワクチンとして打つことならできるので。
[ 2020/11/20 20:05 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

池袋暴走事件と法の正義

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。池袋暴走事件の裁判がはじまり、被告が無罪を主張したことで、感情的に批判してるひとが多いようです。聞くところによると、テレビのワイドショーではコメンテーターがこぞってタコ殴り状態だそうです。
 でも、ちょっと待ってほしい。みなさんの正義も暴走してます。
 ホンネをいえば、私もあの被告に情状酌量の余地はないと思ってます。実刑判決でも全然かまわない。高齢だから事実上の終身刑になったとしても、同情はしません。
 ただ、被告が裁判で無罪を主張することは、それとはまったく別問題です。法の正義、法手続き上の正義というものがあるのです。
 日本人は、裁判で無罪を主張すると「ふてぇ野郎だ!」「反省の色がない!」と感情的に批判しがちですが、被告が無罪を主張するところからはじめるのは、裁判の形式として妥当なやりかたです。まず、無罪であるという被告の主張から出発し、検察側が被告の主張の矛盾をひとつひとつ崩していって、無罪とはいえないところまで切り崩せれば有罪にできるし、それに失敗すれば無罪になる。これが公平な裁判の流れです。最初から有罪ありきで裁判を進めるべきではありません。

 この夏、WOWOWで映画『東京裁判』が放送されました。東京裁判の膨大な記録フィルムを編集したドキュメンタリー映画で、4時間半くらいある大長編です。私は今回初めて観たのですが、そこでも法の正義が重要なテーマのひとつになってました。
 東京裁判では、被告全員が無罪を主張しました。当時それが報じられると、ふざけるなと激怒した日本人がたくさんいたそうですが、映画はその裏側もきちんと説明しています。
 被告のなかには、最初から有罪でいい、と罪を認めるひとが何人もいたそうです。日本人なら、それこそが武士道精神にかなった態度だとほめるかもしれません。
 でも、アメリカ人弁護士たちが、それはダメだ、裁判は被告が無罪を主張するところからはじめるのが形式なのだ、と説得して、しぶしぶ全員無罪を主張したのだそうです。
 東京裁判に関しては批判も多いようですが、この映画を観るかぎりでは、日本の戦争犯罪を断罪してやろうと怒りに燃える裁判官たちに対し、外国人弁護士たちは法の正義を貫こうとしていたことがわかります。そもそも戦争を裁判で裁けるのかというところから弁護士たちは戦ってたんです。
 これをカン違いした日本の右派が、外国人だって日本を擁護してくれてるじゃないかと喜んでたようですが、そうじゃないです。裁判官も弁護士も、全員日本の戦争犯罪を憎む気持ちは一緒です。日本の戦争を擁護したひとなんていません。でも、感情論で裁いてはいけない、あくまで法の正義は貫かれねばならないと考えるひとたちがいたということです。
 池袋暴走事故も同じです。被告を憎むこころだけで断罪したらリンチです。法の正義にもとづいた裁判をやって有罪に持ち込まなければ、真の正義にはならないのです。
[ 2020/10/11 08:01 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

Author:パオロ・マッツァリーノ
イタリア生まれの日本文化史研究家、戯作者。公式プロフィールにはイタリアン大学日本文化研究科卒とあるが、大学自体の存在が未確認。父は九州男児で国際スパイ(もしくは某ハンバーガーチェーンの店舗清掃員)、母はナポリの花売り娘、弟はフィレンツェ在住の家具職人のはずだが、本人はイタリア語で話しかけられるとなぜか聞こえないふりをするらしい。ジャズと立ち食いそばが好き。

パオロの著作
サラリーマン生態100年史

偽善のトリセツ

歴史の「普通」ってなんですか?

世間を渡る読書術

会社苦いかしょっぱいか

みんなの道徳解体新書

日本人のための怒りかた講座

エラい人にはウソがある

昔はよかった病

日本文化史

偽善のすすめ

13歳からの反社会学(文庫)

ザ・世のなか力

怒る!日本文化論

日本列島プチ改造論(文庫)

パオロ・マッツァリーノの日本史漫談

コドモダマシ(文庫)

13歳からの反社会学

続・反社会学講座(文庫)

日本列島プチ改造論

コドモダマシ

反社会学講座(文庫)

つっこみ力

反社会学の不埒な研究報告