fc2ブログ

反社会学講座ブログ

パオロ・マッツァリーノ公式ブログ
反社会学講座ブログ TOP >

ここ数年流行語大賞

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。「ここ数年流行語大賞」を発表します。
 今年1年だけではなく、ここ数年という長いスパンで、よく耳にするようになったなあ、最初違和感あったのに、いつのまにか定着したなあ、と私個人が気になっていた流行語を3つ大賞に選出いたしました。


政治部門大賞
「であります」

 これは以前にも指摘しました。(https://pmazzarino.blog.fc2.com/blog-entry-394.html
 ここ数年、政治家がしゃべるとき、語尾にやたらと「であります」をつけるようになって、なんか聞き苦しいという現象。
 なんでこの語尾にムカツくのだろうと考えて、ようやくわかりました。これ、丁寧なように聞こえますが、じつは暗に自分の権威を強調する言い回しだからです。
 もしも、飲食店で注文の品が運ばれてくるときに店員にいわれたらどう感じるか。

「チョコレートパフェであります」
「え、なにこの店、軍人カフェ?」

 丁寧なようでいて、なんか高飛車な態度で断定的に、自分の主張の正しさを相手に強要する感じがあります。
 政治家が「であります」を使うと、私は権威だぞ、権威ある私が発表したことだから正しいのだ、主張内容を疑うのはまかりならん、みたいに牽制する押しつけがましさがにじむんです。

「てか、オレが頼んだのは生姜焼き定食なのよ。どこをどうしたらパフェと間違えるの」
「チョコレートパフェであります」
「違うっつうの。強情だな」

 言葉の語尾はシンプルに「です」か、もう少し丁寧さを出したいなら「ございます」でいいじゃないですか。「であります」なんてご大層な言い回しは必要ないでしょ。
 「です」だと短くてぶっきらぼうに思われそうですか? 政治家は「ございます」というと自分が国民にへりくだってる感じになるのがイヤなのかな。


コメント部門大賞
「そうですね、」

 これは、あなたの意見に同意するという意味ではありません。むかし「いいとも」でタモリさんが「今日はいい天気ですね」などとつぶやくと、観客がみんなで声を揃えて「そうですね」と答えるお約束がありましたけど、あれは同意の言葉です。私が今回大賞に選出したのはこれとは違います。
 最近、発言を求められたコメンテーターが、「そうですね、」といってから本題に入ることがかなり多くなりました。
 この「そうですね、」には何の意味もありません。「え~と」と同じで、自分の考えや言葉を頭のなかでまとめる時間を一瞬もらうための前置きです。
 なにかを質問されたとき、ちょっと考えてから答えても全然かまわないはずですし、むしろそのほうが誠実により良い回答をできそうなんですが、会話に一瞬でも間があくことへの恐怖感が先に立ってしまうんですよね。即答しなきゃいけないというヘンなプレッシャーをなくして、もっとゆるやかな対話ができないものでしょうか。


スマホゲーム部門大賞
「個性豊かな」

 スマホゲームの広告や紹介文で、「個性豊かな」キャラをウリにしてるものが目につくようになったのも、ここ数年の流行だと思います。むかしは個性豊かな、なんてあまりいわなかった気がします。これは、いずれ確かめようと思ってます。
 まがりなりにももの書きのプロをやってる立場からいわせてもらうと、キャラにそれぞれ個性があるのはあたりまえなんです。ゲームにかぎらず漫画でも小説でも、キャラに個性がないのはダメな作品です。書き直せっていわれます。個性豊かであることは、作品が成立する上での最低条件、いわばあたりまえのことであって、プロのクリエイターがそれをウリにしていいものなのか。

 「個性豊かな」が特別視されることに、私はちょっぴり不安をおぼえます。それは裏を返せば、現実の日本社会が個性を尊重していないってことですから。
 「多様性」って言葉が流行ることへの不安と重なるんです。現実の日本社会が個性と多様性を尊重しているのなら、強調する必要はありません。それがことさら連呼されるのは、やっぱり現実の日本社会ではまだまだ同一性や同調を強要される傾向が強いって証拠なんですよ。
 個性が否定される現実の息苦しさから逃避するために、個性豊かなゲームが求められてるとしたら、なんかヤだなあ。現実のほうを変える努力をしましょうよ。
[ 2021/12/02 16:57 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

近況と最近のテレビ

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。ここのところ新刊の校正とか仕事が少し重なって、珍しく小忙しい状態です。
 そんななかでもテレビはぼちぼち観ています。今期のテレビドラマで毎週観てるのは『日本沈没』だけ。近年の日曜劇場は何をやっても半沢風味の味付けになるんだな、って感じですけども、日本沈没はさすがに土下座でおさまる問題じゃないので、どういう結末になるのか楽しみです。

 どうでもいい情報ですけど、私、最近もみあげに白髪が増えて北大路欣也さんっぽくなってきたんですよ。そこで、自分と似てる芸能人を教えてくれるアプリを試してみたら、香川照之さんと判定されました。え~、似てるっていわれたこと一度もないけどな。

 先週からはじまったNHKの『阿佐ヶ谷姉妹ののほほんふたり暮らし』の初回を観たら、ストーリーどうこうよりも、木村多江さんが江里子さんのしゃべり口調を完璧にマスターしてたことに驚きました。単なるモノマネではなく、演技としてちゃんと成立させてるあたり、役者って凄いなって感心します。

 私、ここ何年もテレビのニュースはNHKしか観てません。CMもないし、コメンテーターも出ないし、どうでもいいエンタメ情報(○○さんの曲が1億回再生を記録しました~みたいな)もないのがいいんです。
 でも公共放送の宿命として、選挙期間中は朝のニュースの時間が政見放送になっちゃいます。なのでTBSのリニューアルしたばかりのニュースを初めて観ました。民放だからCMは仕方ないけど、いまどき珍しくコメンテーターが出演しないんですね。7時になると安住アナが無表情でこども番組みたいなダンスを踊るシュールな演出にビックリしました。
[ 2021/11/12 17:42 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

昭和の俳優が総理に悪口をいった話

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。近ごろは芸能人がテレビで政治家の悪口をいうとネットでムチャクチャ叩かれるのが恒例になっちゃいました。私は見てなかったけど、先日も選挙特番で太田さんが自民党の政治家に悪口をいって叩かれてたようですね。

 では、むかしはどうだったのか。1965(昭和40)年10月、『佐藤総理を囲んで』の収録の模様を覗いてみましょう。これは民放各局の共同製作で隔月ペースで放送されていた、当時の総理・佐藤栄作と各界の著名人が語らう番組です。
 この日のゲストは俳優の森繁久彌とラジオパーソナリティの秋山ちえ子。

秋山「近ごろの青少年は政治家になり手がないといいますね」
森繁「それは理由がある。だいたい、政治家になる連中は少し知能指数が低いのじゃないか。選挙になるとたすきを肩からかけてペコペコ『お願いします。お願いします』だ。だから当選すると急にイバリたがるんだな」
秋山「あれはよほど勇気がないとできないでしょうね」
佐藤「私はタスキはかけたことはないが、たしかに政治家なんてのは、キミ、どこか狂ってないとできないと思うね」
森繁「いゃあ、役者もそうかも知れませんな」
秋山「ほんとに、お気の毒です」
(出典:波野拓郎『知られざる放送』)

 現役総理の目の前で、政治家は知能指数が低いだなんて、森繁のストレートすぎる悪口にビックリしますけど、佐藤栄作がそれに怒ることなく、政治家なんてのはどこか狂ってるとブラックな悪ノリで返してることにも驚きます。意外と器の大きい人だったんですね。さすがノーベル平和賞、ってまあ、それは受賞理由じゃないでしょうけど。
 それに比べて最近の政治家の器の小さいこと。ちょっとでも悪口いわれるとすぐに怒り出すし、返しもつまらない。その支持者たちも、芸能人の政治批判にやたら敏感で、すぐにネットでギャーギャー怒ります。
 それにしても、こんな過激な対談がホントに放送されたの? いまの常識だとそう思いますよね。じつはこの部分、収録に立ち会っていた橋本官房長官が現場でテレビ局のスタッフに強く要請したことにより、放送時にカットされました。
 総理本人が悪口を何も気にしてないし、絶妙な返しまでして盛り上げてくれたのに、なんで官房長官が独断で放送局に圧力をかけてカットさせるんですか。

 放送でカットされた個所がなんで再現できるんだ? と疑り深いかたがさっそくケチをつけてきそうです。
 この番組は民放各社の共同製作で、各テレビ・ラジオ局が同じ番組を放送することになってました。なのでテレビ局はみんな自主的にカットしたバージョンを放送したのですが、協定を守らないヤツらがいたんです。ラジオ局の文化放送とラジオ関東だけは、この部分をカットせずそのまま放送したのだとか。総理本人からの要請ではないので、カットする義務はないという判断で。やるねえ。そのおかげで、政治圧力で放送内容がカットされたことがバレましたし、記録が残ってるんです。
[ 2021/11/02 20:43 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

政治家を呼び捨てにしよう

 ナポリ3区の有権者のみなさま、ごぶさたしております。忘れたころに戻ってくる、新党アルデンテ代表のパオロ・マッツァリーノでございます。あ、パオロ・マッツァリーノであります、のほうが政治家っぽく聞こえるのかな? たぶん安倍政権になってからだと思うんですけど、政治家がやたらと言葉の語尾を「であります」っていうのが流行りだして、なんかその丁寧さが逆にやかましく聞こえるようになりました。

 これまでも選挙のたびに、わが党は数々のマニフェストを発表してきたのであります。過去のマニフェストは、当ブログの検索欄で新党アルデンテを検索すればお読みいただけるのであります。『日本列島プチ改造論』も過去のマニフェスト集といってもいい内容なので、よろしければご参考にしてほしいのであります。

 ほら、やかましくなってきたでしょ。もうこの語尾やめます。
 さて、今回発表するマニフェストは、「政治家を呼び捨てにする」というものです。
 ほめて伸びる政治家など、いません。政治家をほめたり尊敬したり持ち上げたりすると、必ず腐ります。政治批判はいけないなんて生ぬるいことをいってるみなさんは、応援してるつもりで逆に政治家を腐らせてるんです。
 政治は批判されてあたりまえ。政治家は叩かれてナンボってやつです。ちょっと批判されたくらいでヘソ曲げたり、泣きべそかいたり、悪口で応酬したりする者は政治家向きではありません。
 周囲の連中もいけないんですよ。先生、先生などと持ち上げるから、俺はエラいんだ、といい気になって性根が腐ってくるんです。
 そうさせないためにも政治家には、さん、様、先生などの敬称をつけず、全員呼び捨てにすることをルールにしましょう、ってのが今回のマニフェスト。
 もちろん報道でも呼び捨てを徹底します。○○議員、○○大臣という呼びかただと敬称になってしまうので、議員の○○、大臣の○○、とするのがいいでしょう。総理大臣の岸田は……みたいな言いまわしですべて対応できます。

 そんなことやっても何も変わらないだろうって? 変わらないとおっしゃるあなたは、デメリットもないと認めたわけですよね。だったら、やってみてもいいじゃないですか。なにしろこのマニフェスト、実行するのに新たな財源をまったく必要としないのです。やって損はありません。
 新たな改革案を提言されるとすぐに「財源はどうするんだ!」と条件反射で吠える財源バカは本当にウザいですよね。そういう人って、新たなアイデアを検討するのがめんどくさいだけなんですよ。財源がない、と頭ごなしに却下すれば検討しなくていいものね。財源をどうするか具体的に考えるのはアタマ使うけど、財源はどうする! と一喝するだけならアタマ使わずにイバれるからラクです。

 呼び捨てにされた政治家は、最初はムッとするかもしれません。先生と持ち上げられないことで、いままでみたいにイバりづらくなります。逆に国民のほうも政治家を呼び捨てにすれば政治家に媚びづらくなります。
 私は、それによって政治家と国民の距離感が縮まることを期待してるのです。政治家の呼び捨てに抵抗を感じる人は、政治家はエラい人だから敬わなければならないって先入観にとらわれてるんです。
 政治家がなぜエラいの? 政治家は国民の代表なのだからエラいのではなく、仲間であるべきでしょう。政治家と国民をタテの関係からヨコの関係に引き戻すために、呼び捨てにするというちょっとした荒療治は効果があると思うんですよ。まあ、仮に効果がなかったとしても、さっきもいったように、財源を使うわけじゃないのだから誰も損しませんから。
[ 2021/10/25 20:29 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

エンタメはほめよ、政治は批判せよ

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。本や映画やマンガなどに関して、私はわりと他人のおすすめをあてにするほうです。自力だけでおもしろいものを探し当てるなんてムリですからね。
 おすすめ作品で興味を惹かれたものがあれば、とりあえず読んでみる、観てみる。それでおもしろければ、めっけものだし、つまらなかったとしても、べつにがっかりはしません。
 読者のかたがメールやツイッターなどでおすすめしてくれた本も、へー、そんなのあるんだ、と思ったものは図書館で読んでます。先日も読者のおすすめ本のなかから『文武両道、日本になし』と『妻たちの企業戦争』を読みました。『文武両道……』は、文武両道をきちんと実践してるのは日本でなく海外のほうで、日本はスポーツバカを作ってるだけじゃないか、みたいな指摘が小気味よい。
『妻たちの……』はまだ1章しか読めてないのですが、出だしの「美人妻ばかりが住む団地がある」というくだりからして不穏な気配に満ち満ちてます。フィクションではなく、昭和時代のルポなのですが、読んでいくとほぼホラーです。
 その団地というのはある大手商社の社宅なので、住んでるのは全員、男性社員とその家族。男性社員はみんな仕事が忙しすぎて社内結婚をする人が多かったため、会社は女性社員を戦力としてではなく、最初から男性社員の花嫁候補として顔で選んで採用してました。だからこの団地には美人妻ばかりが住んでたんです。
 そこへ新たに越してきた夫婦の奥さんは、珍しく社外で知り合って結婚した人。よそ者である彼女が社宅で遭遇する超ヒエラルキー社会。会社での夫の地位がそのまま団地内の妻たちの地位になっているのです。コワいよー! これ、出版当時ドラマ化とかされなかったのかね。

 ついでなんで、レビューに関して思うところをお話ししておきます。私はエンターテインメントの批評、レビューは基本的にほめるだけでいいと考えてます。自分が気にいったものを他人におすすめして、おもしろさを誰かとわかちあいたい、それがレビューを書く自然なモチベーションです。
 なので自分もブログではなるべく、おもしろかった本やドラマや映画だけを紹介するように心掛けてます。つまらないものはスルーでいい。
 政治や社会システムは、不合理不条理を批判して圧力をかけることで改善されてきました。だからスルーせずにどんどん辛口批判をしなきゃいけません。でも、どうしようもないエンタメ作品をメッタクソにやっつけたところで、作者がいい作品を作るようになるかというと微妙です。やる気をなくすだけかもしれません。
 これつまらないから観るな読むな、と他人に命令する権利なんかないですし。きみもこの作品を観て、私が感じたつまらなさを追体験してみたまえ、って不毛な共感を求めて他人の時間を奪うのもどうかと思いますよ。
 時間のムダという意味でいえば、そもそも私は本でも映画でも、つまらないなと感じた時点でやめちゃいます。で、その作品については何も語らない。それが精神衛生上もっともいいやりかたです。つまらない作品に最後までつきあったあげくに、批判レビューまで書いても、二重三重にイヤな気分を増幅するだけじゃないですか。
[ 2021/10/12 17:49 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

Author:パオロ・マッツァリーノ
イタリア生まれの日本文化史研究家、戯作者。公式プロフィールにはイタリアン大学日本文化研究科卒とあるが、大学自体の存在が未確認。父は九州男児で国際スパイ(もしくは某ハンバーガーチェーンの店舗清掃員)、母はナポリの花売り娘、弟はフィレンツェ在住の家具職人のはずだが、本人はイタリア語で話しかけられるとなぜか聞こえないふりをするらしい。ジャズと立ち食いそばが好き。

パオロの著作
サラリーマン生態100年史

偽善のトリセツ

歴史の「普通」ってなんですか?

世間を渡る読書術

会社苦いかしょっぱいか

みんなの道徳解体新書

日本人のための怒りかた講座

エラい人にはウソがある

昔はよかった病

日本文化史

偽善のすすめ

13歳からの反社会学(文庫)

ザ・世のなか力

怒る!日本文化論

日本列島プチ改造論(文庫)

パオロ・マッツァリーノの日本史漫談

コドモダマシ(文庫)

13歳からの反社会学

続・反社会学講座(文庫)

日本列島プチ改造論

コドモダマシ

反社会学講座(文庫)

つっこみ力

反社会学の不埒な研究報告