FC2ブログ

反社会学講座ブログ

パオロ・マッツァリーノ公式ブログ
反社会学講座ブログ TOP >

選挙の候補者全員に学力テストをやらせたい

 ナポリ3区の有権者のみなさま、こんにちは。新党アルデンテ代表のパオロ・マッツァリーノでございます。しなやかで芯のある政治を目指します。
 これまでもさまざまなマニフェストを発表してきましたが、本日ひさびさにご提案する新マニフェストが、こちら。

 選挙の立候補者全員に学力テストを課す。

 なんだ、そんなことかとおっしゃらず、アイデアを煮詰めてみましたので、まずは話を聞いてください。
 だって、みなさんウンザリしてるでしょ。国でも地方でも、政治家が不祥事を起こすたびに、なんでこんなバカが政治家やってるの? って思いますよね。もういいかげん、政治の世界からバカを一掃すべきだと願っているかたが多いのでは。
 バカが政治家をやってはいけないのか? 学力で政治家の資質を決めるのは差別ではないのか? などと愚問を並べるかたには、逆にお聞きします。なんで候補者はプロフィールに○○大学卒などと書くのですか。たいした学歴のない候補が、アメリカのわけわかんない大学に在籍したと詐称した例もありました。そこまでするのは、候補者のほうが、有権者に自分の知性をアピールしたがっている証拠です。
 でも学歴を示されるだけでは実際の知的レベルがわかりません。学力テストをやれば、候補者は自分の現在の実力を客観的に示せます。拒否するとしたら、それは自信がないからでしょう。

 学力テストの問題レベルですが、現行の義務教育、小中学校の国数理社英の内容でじゅうぶんだと思います。義務教育は、国民が最低限知っててほしい知識を教えるためのものなのだから、知らなくても政治はできる、なんて開き直ったら、義務教育の否定になってしまいます。
 テストは筆記式で行い、答案そのものをネットで誰でも閲覧できるように公開します。点数だけの公表だと、どういう誤答をしたのかわからないからです。昔めちゃイケでやってたように、バカはとてつもない誤答をするものです。
 なお、問題は現行の教育内容から出題します。「オレが習ったのとちがうよ~」っていいわけは通用しません。知識をつねに新しいものにアップデートしているかどうかも、重要なポイントですから。カビの生えた常識しかないひとに、最新の問題を解決することはできません。

 で、真剣にテストを受けてもらうためには、なんらかのペナルティ、足切りみたいなものも導入したいところです。たださすがに、何点以下のひとは立候補できない、みたいにすると、これはこれで民主主義国家の選挙としては問題があります。
 そこで私の提案なのですが、足切り基準に設定した○○点以下のひとは、政党の公認や推薦、応援、金銭的な支援を一切受けられないというペナルティはいかがでしょうか。

 みなさん問題の本質を取り違えていませんか。バカが政治家をやってるという事実は問題の本質ではありません。バカでも政党の力で政治家になれてしまうシステムこそが、諸悪の根源なのです。
 バカが無所属で自己資金による選挙運動をして当選したなら、そのバカ個人の資質が認められたことになります。このバカに政治を任せてみようと有権者が判断したのなら、それは尊重されてもいいのです。
 ところが実際には多くの有権者は、候補者個人の能力よりも、候補者の所属政党を重視して投票しています。バカだと知らずに投票しておいて、当選後に不祥事をやらかすと、なんだあいつあんなバカだったのか、ってことになるわけです。
 しかもいったんバカが政治家になってしまうと、政党は自分らの勢力を弱めたくないから、議員がバカをやってもかばい続けます。だからこそ、選挙のときにバカを公認・推薦させないことが重要になるのです。

 この方式を導入すれば、政党が票集めのために、おバカタレントやおバカアスリートをにわかに擁立することができなくなります。これだけでも実施する価値があると私なんかは思うのですけども。
 さらにもうひとつ、高齢議員の引退時期を見極めやすくなるメリットもあります。
 議員の定年制に反対するひとたちは、高齢だって能力があれば続けてもいいじゃないか、と主張します。たしかに正論です。でも、能力があるかどうかをどう判定するの? 学力テストをやれば、アタマがまだしっかりしているかどうかをある程度客観的に判断できますよね。

 というわけで、なんかもう、やらない理由が見当たりません。え? ただでさえ地方は議員のなり手がいなくて困ってるのに、そんな制度を導入したら誰も立候補しなくなる? ……やれやれ。
[ 2019/04/14 17:25 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

可もなく不可もなく地味で普通な令和

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。令和、って最初に聞いた瞬間、おそらく多くのひとの正直な反応は、「……ん?」とか、「これ……なのか?」などと違和感をおぼえるものだったんじゃないですか。私もそうでした。でも一日経ったら、もう慣れたでしょ。
 なんでかというと、令和は可もなく不可もなく、地味で普通だからです。でも、元号はそれでいいんです。元号そのものに強い色やイメージや自己主張があってはいけないんです。

 新元号は何になるんだろう、とみんなが事前にむちゃくちゃ盛り上がり、期待値マックスで、ハロウィンの仮装パレードかなんかみたいに、どんなヤツが来るんだろ、と待ち構えてたところに、地味な「令和」がやってきたから、「……ん?」と肩すかしをくらったのです。
 でも元号って、発表されたからといって「イエーイ!」とかいうもんじゃないでしょ。サプライズを期待するのもおかしい。平成だって、最初聞いたときは、ふうん、くらいにしか思わなかったし、周囲でもそんな感じの受け止めかたでしたよ。
 これから数十年もの日常を過ごすにあたって、もうだれも元号のことなど気にしなくなります。書類に日付を記入するときに、あれ、今年令和何年だっけ? と思い出すくらいで。
 発表や改元直後は、元号はハレのものかもしれないけど、そのあとは長く使う日用品になるんです。だから華美なものや勇ましいものだと、日常では逆にうるさくなってしまいます。可もなく不可もなく地味で普通な令和は、みんなすぐに慣れるだろうから、元号にふさわしいんじゃないですか。
[ 2019/04/02 19:57 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

コント・平成最後の道場破り

 俺は俺より強いヤツを求め、日本中を旅し続けている武道家だ。時代遅れと笑うがいい。俺はそういう生きかたしかできない男なのだ。
 そんな俺に天が味方してくれたのだろうか。今日、はじめて訪れたこの町の裏通りで、「極真カラテ」と書かれた看板を見つけたのだ。
 躊躇なく、俺はその道場の扉を開けた。
「たのもう!」
「いらっしゃいませ」
 穏やかな笑顔でカウンターの向こうに立つのは、カフェのマスターのような初老の男性。微塵も殺気が感じられない。俺のような道場破りを目の前にして、ここまで見事に平常心を保てるとは、この男、相当の使い手に違いない。
 それより、なんだこの道場は。内装まで、まるっきりカフェのようではないか。
「何故、道場をカフェのごとく偽装しているのですか?」
「カフェのごとくじゃなくて、カフェなんですけども」
「笑止。看板に極真カラテと大書してあるではないかっ!」
「あれは、きわみまことちからラテ、です」
「……は?!」
「力うどん、ってご存じですか」
「お餅が乗ってるうどん」
「そこから発想を得て、カフェラテに焼き餅を浮かべた、ちからラテというオリジナルメニューを作ってみました。で、私の名前が極真と書いて、きわみ まことと申します。開発者である自分の名前をつけまして、きわみまことちからラテ。当店のおすすめです」
「いただこう」
 ……
「お待たせしました、きわみまことちからラテでございます」
「ううむ、深煎り豆が醸し出す強いアロマと苦み。それをやさしく包み込むミルクのクリーミーな泡と自然な甘さ……。こんな美味いラテは飲んだことがない。俺の負けだ……」
「おそれいります」
「だが、マスター!」
「なんでしょう?」
「餅は、余計だ!」
[ 2019/03/31 17:46 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

春休み特別講義 日本人と茶髪の歴史

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。ヘアケア製品のブランド・パンテーンが、新学年がはじまる時期に合わせて「この髪どうしてダメですか」というキャンペーンをはじめたとのことで。
https://pantene.jp/ja-jp/brandexperience/school-hair

 髪の色や髪型を校則で決めることは本当に必要なのか。中高生や教師やその他オトナたちに問いかけるもので、私のところにも協力の依頼が来ました。あ、べつに金品などは一切もらってないですよ。
 なんで私に話が来たかというと、昨年発売した『歴史の「普通」ってなんですか?』という著書で、茶髪・長髪・パーマが日本で迫害を受けてきた歴史を取りあげたからです。
 ぶっちゃけ、この本読んでください、学校の図書室に購入依頼を出してください、で終わらせたいところですが、今回は中高生のみなさんが不毛な議論で潰されないためにも、本の内容から抜粋して講義をしておきます。

 むかしの日本人は地味で保守的だったと思ってるなら、それは誤った歴史認識です。江戸時代、江戸の庶民のあいだでは、男女ともに髪の結いかたにむちゃくちゃたくさんの流行がありました。当時のファッションリーダーは歌舞伎役者と花魁(おいらん)。彼らが新しい髪型を披露すると、江戸の若者はこぞって髪型をマネしたものです。
 みなさんの先祖の日本人は、髪のおしゃれが大好きな民族だったのです。もしも江戸時代にヘアカラー剤があったら、いろんな色に髪を染めるひとがいて、マンガの『銀魂』みたいな世界になっていたかもしれません。

 明治時代には画家・文人の淡島寒月が、日本ではじめて茶髪にチャレンジしています。灰汁(あく)で脱色したといってますが、だれもマネしなかったところをみると、うまくいかなかったようです。
 その後、日本では長いこと髪染めはあまり行われませんでした。パーマやマニキュアは戦前からけっこう流行ってたけど、髪染めは戦後になってもマイナーなままでした。
 その理由は、日本人の髪質にあう品質の良いヘアカラー剤がなかったからです。手間がかかるわりにきれいに染まらなかったので、染めたくてもあきらめてたひとが多かった。
 でも、ヘアカラーメーカーの開発者たちはめげずに研究を続けました。その結果、1980年代後半にはヘアカラーの品質はかなりのレベルに達しました。そこで、メーカーや美容室が、サッカー選手や芸能人をモデルに起用して茶髪普及キャンペーンに力を入れたところ、90年代前半にようやく茶髪ブームが到来したのです。
 なんか『下町ロケット』や『陸王』のような感動的な展開です。社長、ついにやりましたよ! みたいな。
 しかし、そういうドラマには必ず、主人公たちのジャマをするキャラが登場します。若者の間で茶髪がブームになると、現実の世界にも、それを敵視するおじさんが登場しました。1996年ごろが茶髪批判のピークで、週刊誌などにはアンチ茶髪記事が頻繁に載りました。とりわけ、中高生の茶髪に対してはおじさんたちの批判が集中します。
 でも、なぜ茶髪や髪染めがいけないのかという理由は不可解なものばかり。生まれつきのままにしろというのなら、生まれつき茶髪の子に黒染めを強制するのもいけないはずです。茶髪にすると不良になる? 茶髪にすると勉強せずにバカになる? カネがかかるから万引きをするようになる? 逆に髪を染めない子がダサいといじめられる?
 どれも根拠がありません。歴史的にも統計的にも間違ってます。茶髪ブームが起きたのは90年代でした。じゃあそれ以前は不良はいなかったのですか? とんでもない。むしろ以前のほうが多かったし、むかしの不良はみんな黒髪でしたけどね。勉強しないヤツも、万引きするヤツも、茶髪が流行る前からたくさんいました。髪の色が目立つほうが、店員の注意を惹きやすいから、犯罪はやりにくくなるじゃないですか。陰湿なイジメは戦前から普通にありました。つまり、茶髪にすることで非行や犯罪が増えたというデータはないのです。
 勉強をサボる生徒や万引き、イジメをする生徒は、キビシく指導するべきです。でも、生徒が髪の色を変えたことで、世間のおじさんや先生たちは、なにか迷惑を被ったのですか? うるさいとか臭いとか目が痛いとかカネを盗まれたとか、具体的な被害を受けたのなら、禁止する理由になりますが、なんとなく気に入らないってだけでは理由になりません。

 私は中高生の髪の色や髪型なんて、好きなようにさせればいいと考えてます。それは、規制する正当な理由がないからです。
 自由に理由は要りません。自由を規制する側に、その理由を説明する義務が生じるのです。この基本理念が無視されたとき、法治国家は崩壊します。支配者によって無制限に自由が奪われる社会になってしまいます。
 もちろん、すべてが自由ってわけにはいきません。社会には法律やルールで自由を規制しなければならないことがいろいろあります。ただし、他人の自由を奪うからには、理由がなければいけません。理由のない理不尽・不条理なルールは存在してはならないのです。
 だから生徒のみなさんには、自由を規制するルールがなぜ存在するのか、その理由を問う権利があります。学校側には、説明する義務があります。規則だから、昔からそうだから、なんてのは説明になってません。
 でも、それは裏を返せば、生徒のみなさんも、自由を規制する理由をきちんと説明できるオトナになることが求められるわけです。そのために必要な、論理的・科学的思考力や、調査力、文章力、コミュニケーション力などをきちんと身につけて、賢いオトナになってください。
[ 2019/03/24 17:05 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

あえて震災の感傷を排す

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。東日本大震災のときに壊れた建物などを震災遺構として残すかどうかで、8年経ったいまでももめてるところがあるそうです。
 その是非を感傷で決めてはいけません。震災遺構は、その維持管理費をすべて寄付でまかなえるもののみ、残すべきです。
 建物だけでなく道路や橋など、すべての建築物は完成した瞬間から劣化がはじまり、ほうっておけば崩壊します。だから必ず維持管理が必要になるんです。そして維持管理にはけっこうなお金がかかります。
 もし、震災遺構の維持管理を怠ったために崩れ落ち、見学に来てた人が下敷きになるなるなんてことが起きたら、しゃれになりません。
 維持管理の費用を税金でまかなうつもりなら、やめたほうがいい。被災した自治体でお金がありあまってるところなんてないはずです。他に使いみちがたくさんあるのに、震災遺構というノスタルジーの維持管理に使うのはバカげてます。ただでさえ、日本全国の自治体で、高度成長期に作った水道などのインフラは改修時期に来ていて、予算を工面するのに頭を悩ませてる現実があるというのに。
 震災の教訓を正しく伝えるなら、文字や映像での説明で残すべきです。モニュメントを見たところで、何が伝わるのですか。印象だけですよ。災害対策は、事実と根拠に基づいて、効果のあることをやらなければいけません。感情論でやるのは、かえって危険です。
 感傷じゃないというのなら、なおさらのこと、そういうあなたが率先して維持管理費を寄付するのがスジってものでしょう。多くの人がこれを遺構として残したいと本気で思ってるのなら、維持管理費を寄付でまかなうことはできるはずです。
[ 2019/03/11 19:18 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

Author:パオロ・マッツァリーノ
イタリア生まれの日本文化史研究家、戯作者。公式プロフィールにはイタリアン大学日本文化研究科卒とあるが、大学自体の存在が未確認。父は九州男児で国際スパイ(もしくは某ハンバーガーチェーンの店舗清掃員)、母はナポリの花売り娘、弟はフィレンツェ在住の家具職人のはずだが、本人はイタリア語で話しかけられるとなぜか聞こえないふりをするらしい。ジャズと立ち食いそばが好き。

パオロの著作
偽善のトリセツ

歴史の「普通」ってなんですか?

世間を渡る読書術

会社苦いかしょっぱいか

みんなの道徳解体新書

日本人のための怒りかた講座

エラい人にはウソがある

昔はよかった病

日本文化史

偽善のすすめ

13歳からの反社会学(文庫)

ザ・世のなか力

怒る!日本文化論

日本列島プチ改造論(文庫)

パオロ・マッツァリーノの日本史漫談

コドモダマシ(文庫)

13歳からの反社会学

続・反社会学講座(文庫)

日本列島プチ改造論

コドモダマシ

反社会学講座(文庫)

つっこみ力

反社会学の不埒な研究報告