FC2ブログ

反社会学講座ブログ

パオロ・マッツァリーノ公式ブログ
反社会学講座ブログ TOP > 2018年06月

近況など

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。オリンピックと同様に、ワールドカップ中継もまったく見てません。ボールは他人。興味ないよ!
 ここんところ、ブログもツイッターもあまり更新していないのですが、べつに体調不良とかではありません。現在、新刊の執筆作業が大詰めを迎えているところです。
 なぜか締めきりが迫ると、シャンシャン見に行きてえなあ、とか世俗的な欲求に駆られまして、じゃあ脱稿したら見に行こう、なんて思うのですが、完成しても、たぶん見に行かないんです。しょせん現実逃避の欲求なんで、仕事が終わると欲求も消えるんですね。
[ 2018/06/25 21:26 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

漫談・下町のドンファン

 こんにちは、下町のドンファンです。足立・葛飾・江戸川区あたりの商店街やスナックでがんばっていきたいな、と思いますけども。

 さっそくのダメ出しなんだけど、ドンファン、人生の先輩として、ジャニーズのメンバーに忠告しておきたい。女遊びをしてもいい。だけど、遊ぶ相手はオトナにしろよ、ってね。
 よし、ドンファンいいこといった。テンションマックスだから、今夜はショーンKの復帰パーティだっ!
 ウソです。いや、ウソはいかんよねえ、ショーン。

 で、あちらのドンファンの事件だけど、仮に殺人だとしたら、あまりにわかりやすすぎません? あんなすぐにバレるような殺しかたする? 犬を殺して次はおまえだぞ、って、まるでマフィアの脅しかたじゃん。コワぁ。
 殺人だとして、犯人は2時間サスペンスも名探偵コナンも観たことないのかね。計画殺人ならもうちょっと工夫しそうなもんだけど。学習能力ないのか。まあ、スナックの常連の2サスファンの推理では、意外性を狙って犯人はデヴィ夫人だろうってことだったけど。シロウトの推理ほどあてにならないものはないね。

 学習能力がないといえば、スポーツをやると人格が磨かれるとか、スポーツをやると人間性が高まるとかいってる人たち。
 アメフトの件ばかりじゃない、相撲、レスリング、ああいう一連のゴタゴタを見ればわかりそうなもんだ。スポーツをやってる人間にも指導者にも、クソみたいなヤツはたくさんいるんだよ。クソ人間がスポーツをやったからって、人間性は変わらないの。クソ人間がスポーツをやっても、スポーツが得意なクソ人間になるだけ。

 あちらのドンファンならきっと、女遊びが男を磨く、とかいうよ。スポーツをやれば人格を磨けるってのも一緒。なんの根拠もない俗説だし、スポーツやらない人への差別・偏見だよね。
 じゃあさ、生まれつきからだが不自由でスポーツができないひとは、みんな一生クソ人間のままだってことになっちゃうじゃん。女房こどもがいるのに、浮気相手と旅行に行きまくってたりするような……あれ? なんかそんなひとがいたような……?
 気のせいかな。とにかく、スポーツ経験と人間性にはなんの関連もないってことに、いいかげん気づけよ、って話。

 ドンファンも最近気づいた。女優とつきあうにはIT社長をめざさなきゃいけないのかと思ってたけど、いまから社長になるのはムリだなあ。大変だなあ。IT係長くらいじゃダメ? ダメかぁ。じゃあ、また!
[ 2018/06/11 09:46 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

Author:パオロ・マッツァリーノ
イタリア生まれの日本文化史研究家、戯作者。公式プロフィールにはイタリアン大学日本文化研究科卒とあるが、大学自体の存在が未確認。父は九州男児で国際スパイ(もしくは某ハンバーガーチェーンの店舗清掃員)、母はナポリの花売り娘、弟はフィレンツェ在住の家具職人のはずだが、本人はイタリア語で話しかけられるとなぜか聞こえないふりをするらしい。ジャズと立ち食いそばが好き。

パオロの著作
偽善のトリセツ

歴史の「普通」ってなんですか?

世間を渡る読書術

会社苦いかしょっぱいか

みんなの道徳解体新書

日本人のための怒りかた講座

エラい人にはウソがある

昔はよかった病

日本文化史

偽善のすすめ

13歳からの反社会学(文庫)

ザ・世のなか力

怒る!日本文化論

日本列島プチ改造論(文庫)

パオロ・マッツァリーノの日本史漫談

コドモダマシ(文庫)

13歳からの反社会学

続・反社会学講座(文庫)

日本列島プチ改造論

コドモダマシ

反社会学講座(文庫)

つっこみ力

反社会学の不埒な研究報告