FC2ブログ

反社会学講座ブログ

パオロ・マッツァリーノ公式ブログ
反社会学講座ブログ TOP > 2018年09月

10月に新刊が発売されます!

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。すでに書店や問屋などの新刊情報に載っているのでご存じのかたもいるようですが、私の書き下ろし新刊が10月中旬に発売されます。

『歴史の「普通」ってなんですか? 忘れられた庶民の伝統』(ベスト新書)
 今回は当初、「伝統の検証」というテーマで書きはじめまして、去年の秋口には3分の1くらいできてたのですが、その後個人的な事情で長らく執筆できなくなりました。その間に伝統というテーマに飽きてしまい(伝統なる概念が空虚な共同幻想にすぎないと、看破してしまったので)、ようやく書き上がるころには、伝統というテーマ以外のネタの比率が高まってしまいました。そこで書名は『歴史の「普通」ってなんですか?』になりました。

 書店向けの内容紹介では、恵方巻のことが書いてありますが、これは他人が調べたことをさらっと紹介してるだけなんで、ここをフィーチャーされてもなあって感じなんですけども。どちらかというと、本の帯のほうが的確に内容をイメージできると思います。

保育園がうるさい! 建設反対!(昭和51年)
マニキュアしてるから、漬け物なんて作れなーい。(昭和13年)
祝日に国旗を掲揚する慣例はありません。(警視庁・大正9年)
生まれつきの茶髪を黒く染めろと先生に言われた。(昭和40年)

 これ全部、むかしの日本であったこと。
 昭和初期のギャルたちも、料理よりおしゃれが大事でした。庶民はもとより、官公庁でさえ、祝日に国旗を掲揚する習慣はありませんでした。祝日に国旗を掲揚する行為は、戦時体制下で強制されてはじまったことなので、日本の伝統ではありません。

 今回いちばんの目玉は、これまでだれも教えてくれなかった、保育園と共働きの迫害の歴史です。
 元の原稿では第3章だったのですが、これを冒頭に持ってこようという編集の提案に乗りました。私もこれをぜひ、できれば日本人全員に読んでもらって、あらためて日本庶民の近現代とはなんだったのかを、考えていただきたいので。それくらい重要な問題だったんです。
 最近も保育園の建設反対運動が話題になりましたけど、40年前には、都内ほとんどの区で、反対運動が起きてました。いまはむしろ少なくなったくらいです。
 保育士(保母)は60年前から低賃金重労働で離職者が多かったし、自治体が無認可保育所を支援する予算を組むと地方議員が妨害したりと、大正・昭和の日本人は、保育園と共働き夫婦を、執拗なまでに差別・迫害してきたのです。まさにヘイトとしかいいようがない実態を調べれば調べるほど、知れば知るほど、怒りをおぼえました。

 たまに、こういう意見をいただきます。歴史もいいけど、前のように社会学、社会問題のほうに戻ってほしい、と。
 いえ、私はずっと、社会問題に取り組んでるんです。いまの社会問題を正しく理解するには、いまだけ見ててもダメなんです。いま起きている問題の根は、必ず過去にあることを痛感したから、私はしつこく過去の社会と人間の実態を洗い直すのです。
 社会問題の解明・解決のためには、ありのままの歴史を見る必要があります。極右みたいな連中は、過去の歴史を美化・捏造してお花畑にしてしまいます。だから彼らは、素晴らしい過去に戻せば社会は良くなるなどというデタラメな処方箋を書いてしまうわけです。
 人間は歴史の失敗からしか学べません。いま保育問題の対応が後手に回ってるのは、1970年代までの失敗の歴史とその教訓が、80年代のバブル期にすっかり忘れられ、リセットされてしまったからなんです。だから90年代に問題が再燃したときに、またゼロからはじめるはめになりました。

 これ以上詳しいことは、本でお確かめください。発売までひと月ほどなので、また発売日が迫ったら追加情報をお届けします。
[ 2018/09/21 09:24 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

残暑お見舞いコラム

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。この夏は毎日のように、記録的、観測史上最高、みたいな暑さが続きました。ソバやそうめんをゆでるのさえイヤで、スーパーで売ってる冷や奴とネギトロ巻きだけで過ごそうかと思ったくらい。
 ただでさえ、暑いってだけでなんか腹立つのに、東京オリンピックの暑さ対策のためサマータイムを導入しようなんていい出すマヌケな政治家たちがいるんだから、余計に腹立ちます。夏場の東京は、朝6時ごろに起きた時点でもう暑いんですよ。朝の8時ごろには30度くらいになってます。冷房入れなきゃ、やってられません。日が沈んでもずっと暑いままなんですよ。1時間時計を早めたところで、暑さ対策にもならないし、経済効果もあるわけない。
 カジノにせよ、サマータイムにせよ、海外ではそろそろやめようかって相談してるようなことを、周回遅れでやりたがる日本のおじさん政治家たちって、なんなんでしょうね。

 とまあ、そんな暑さのなか、ネットメディアにこんなコラムを書きました。

2030年に氷河期が来る!? 酷暑の中でもトンデモ説がはびこる理由

 とりあえずご一読を。扇情的な記事タイトルは編集部がつけたものです。私が考えたのではありません。
 ……読みましたか? 笑っちゃうでしょ。図書館で下調べをしているあいだ、ずっと苦笑してましたよ。記事でも断言してますけど、2030年に氷河期は来ません。なぜなら、50年前から〝必ず〟氷河期が来ると〝専門家〟が〝断言〟していたにもかかわらず、結局一度も来なかったから。
 70年代に一度は消えた氷河期説が、温暖化懐疑論と名を変えて復活したんだから、しぶといですね。ある科学者は2009年に、すでに太陽活動の低下がはじまっているから、地球はすぐにも寒冷化する。数年で温暖化論争には決着がつく! と豪語してました。
 はい、ハズレ~。あんたの負け~。なのにこのひと、2015年になっても、数年後に寒冷化がはじまると発言してたそうです。ズリぃなあ。1万年くらいそういい続けてりゃ、いつか当たるだろうから、がんばって長生きしてください。

 あらためて調べてみて知ったのですが、氷河期到来ブームだった70年代に、すでに温暖化論もあったんですね。で、当時から、温暖化を支持する科学者のほうが多かったというのが事実。キリンビールも広告で温暖化を支持してたようですし。
 1968年の『少年マガジン』に、温暖化で水没した都市で人類が暮らす未来予想イラストが掲載されてたってのも驚くでしょ。
 未来人がダイオウイカとモリ一本で戦ってたりするんだけど、未来だったらもっといい武器がありそうなもんですけどね。水中のビルの谷間で使える立体起動装置とか、誰も発明しないのか。未来人はみんなバカなのかな?
[ 2018/09/05 20:49 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

Author:パオロ・マッツァリーノ
イタリア生まれの日本文化史研究家、戯作者。公式プロフィールにはイタリアン大学日本文化研究科卒とあるが、大学自体の存在が未確認。父は九州男児で国際スパイ(もしくは某ハンバーガーチェーンの店舗清掃員)、母はナポリの花売り娘、弟はフィレンツェ在住の家具職人のはずだが、本人はイタリア語で話しかけられるとなぜか聞こえないふりをするらしい。ジャズと立ち食いそばが好き。

パオロの著作
偽善のトリセツ

歴史の「普通」ってなんですか?

世間を渡る読書術

会社苦いかしょっぱいか

みんなの道徳解体新書

日本人のための怒りかた講座

エラい人にはウソがある

昔はよかった病

日本文化史

偽善のすすめ

13歳からの反社会学(文庫)

ザ・世のなか力

怒る!日本文化論

日本列島プチ改造論(文庫)

パオロ・マッツァリーノの日本史漫談

コドモダマシ(文庫)

13歳からの反社会学

続・反社会学講座(文庫)

日本列島プチ改造論

コドモダマシ

反社会学講座(文庫)

つっこみ力

反社会学の不埒な研究報告