fc2ブログ

反社会学講座ブログ

パオロ・マッツァリーノ公式ブログ
反社会学講座ブログ TOP > 未分類 > 冬ドラマと昨年話題の作品評

冬ドラマと昨年話題の作品評

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。国際ロマンス詐欺ではありません。
 全体的に手堅いけれど、抜きんでたものがない印象の今期のテレビドラマ。そのなかから一本選ぶなら、『3年A組』です。事前に設定・あらすじを読んだかぎりでは新鮮さを感じなかったんですけど、『家族ゲーム』の脚本家が書いてるとのことで、ひねりを効かせて楽しめるレベルにまで持ってってるのは、さすがプロの仕事。
 いまはこの手の作品を書くのがむずかしい時代です。みんな寄ってたかってネットでありそうな展開を予想しまくっちゃうから、少しくらいの意外性では驚かないし、かといって誰も予想しない展開にしちゃうと、たぶん矛盾で自爆する。整合性と裏切りのバランスをどこでとるかですよね。
 『いだてん』も観てますが、おそらく私も含めてクドカンファンのみなさんは、いつものはちゃめちゃなスピード感が控えめなので、もの足りないのでは。

 正月にやってたドラマの一気再放送で『陸王』を観ました。
「社長、私たちも手伝います!」
 エビデ~イ
「お兄ちゃんは、1人で営業に回ってたのよ!」
 エビデ~イ
 なんなのこれ。のべつまくなしエビデ~イの歌が流れて、はい、ここが感動ポイントですよ、と教えてくれる親切設計。感動の押し売りに飽きてしまい、途中で観るのやめました。
 結局、池井戸作品の映像化で私がおもしろいと思えたのは、『半沢直樹』だけなんですよね。

 『おっさんずラブ』も正月の再放送で観ました。もともとそっち方面には何の関心もなかったので、スルーしてたのですが、観たらヒットの理由がわかりました。
 これ、もし男女の話だったら、あまりにも凡庸なラブコメなんですよ。それを男同士にするだけで、こんなに爆笑できるのか!
 と同時に、性別の変更によって、恋愛ドラマの本質というか骨格がはっきり見えたのが興味深い。三角関係だの嫉妬だの不倫だの、そうか、恋愛ドラマってこういうことをやってるんだよな、と。
 もうひとつ気づかされたのは、物語を楽しむのに「共感」は必ずしも必要ではないってこと。私はゲイではないので、キャラクターに共感できません。なのにこのドラマを楽しめました。まあ考えてみれば、私は戦争にも暴力にもまったく共感できませんが、戦争映画やバイオレンス映画を楽しんでますからね。共感って、じつはマストな要素ではないのかもね。
[ 2019/01/25 20:48 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

Author:パオロ・マッツァリーノ
イタリア生まれの日本文化史研究家、戯作者。公式プロフィールにはイタリアン大学日本文化研究科卒とあるが、大学自体の存在が未確認。父は九州男児で国際スパイ(もしくは某ハンバーガーチェーンの店舗清掃員)、母はナポリの花売り娘、弟はフィレンツェ在住の家具職人のはずだが、本人はイタリア語で話しかけられるとなぜか聞こえないふりをするらしい。ジャズと立ち食いそばが好き。

パオロの著作
つっこみ力

読むワイドショー

思考の憑きもの

サラリーマン生態100年史

偽善のトリセツ

歴史の「普通」ってなんですか?

世間を渡る読書術

会社苦いかしょっぱいか

みんなの道徳解体新書

日本人のための怒りかた講座

エラい人にはウソがある

昔はよかった病

日本文化史

偽善のすすめ

13歳からの反社会学(文庫)

ザ・世のなか力

怒る!日本文化論

日本列島プチ改造論(文庫)

パオロ・マッツァリーノの日本史漫談

コドモダマシ(文庫)

13歳からの反社会学

続・反社会学講座(文庫)

日本列島プチ改造論

コドモダマシ

反社会学講座(文庫)

つっこみ力

反社会学の不埒な研究報告