FC2ブログ

反社会学講座ブログ

パオロ・マッツァリーノ公式ブログ
反社会学講座ブログ TOP > 未分類 > 『東京ブラックホールⅡ』は必見の秀作

『東京ブラックホールⅡ』は必見の秀作

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。台風被害を受けたかたは、テレビどころじゃないかもしれませんが、日曜日にNHKで放送された『東京ブラックホールⅡ』が見逃すには惜しい秀作だったので。
 で、それが本日、15日火曜日の深夜に再放送されるようなので、間に合うなら、録画だけでもしておくことをおすすめします。
 山田孝之さんが前回の東京オリンピックが開催された1964年にタイムスリップするドラマ仕立てのドキュメンタリーで、当時のフィルムに山田さんを合成する、『カメレオンマン』や『フォレストガンプ』のような手法を使ってます。
 いまではタブー視されがちな、高度成長期日本のブラックすぎる真の姿を暴き出してます。昔はよかった病患者は、過去の日本人の恥を見せるな! と激怒するかもしれません。しかし、現代史の美化・捏造を防ぐためにも、小中高校の歴史の授業で見せるべきです。

 スモッグがひどすぎて、工場近くの小学生がみんなマスクをしている。
 出稼ぎの工事現場労働者が大ケガをしても補償はない。
 交通事故死亡率は世界一。
 うんこは汲み取って、東京湾の沖に捨てていた。
 貧乏人は血を売って生活していたが、それによって肝炎が広まってしまった。
 オリンピックの4か月前の世論調査で、オリンピックにとても関心があると答えたのは2.2%。
 海外からの観光客に配慮して、物乞いをしている傷痍軍人を町から追い出した。
 女子バレーはもともと種目になかったのに、日本が強いから開催国権限でムリヤリ加えた。結果的に金メダルを獲ったが、参加国はたったの6か国だった。

 などなど、いまの若者たちは知らないことばかりでしょう。私くらいの世代だとぎりぎり知ってるネタですが、あらためて記録映像で確認できたことに価値があります。
[ 2019/10/15 19:53 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

Author:パオロ・マッツァリーノ
イタリア生まれの日本文化史研究家、戯作者。公式プロフィールにはイタリアン大学日本文化研究科卒とあるが、大学自体の存在が未確認。父は九州男児で国際スパイ(もしくは某ハンバーガーチェーンの店舗清掃員)、母はナポリの花売り娘、弟はフィレンツェ在住の家具職人のはずだが、本人はイタリア語で話しかけられるとなぜか聞こえないふりをするらしい。ジャズと立ち食いそばが好き。

パオロの著作
偽善のトリセツ

歴史の「普通」ってなんですか?

世間を渡る読書術

会社苦いかしょっぱいか

みんなの道徳解体新書

日本人のための怒りかた講座

エラい人にはウソがある

昔はよかった病

日本文化史

偽善のすすめ

13歳からの反社会学(文庫)

ザ・世のなか力

怒る!日本文化論

日本列島プチ改造論(文庫)

パオロ・マッツァリーノの日本史漫談

コドモダマシ(文庫)

13歳からの反社会学

続・反社会学講座(文庫)

日本列島プチ改造論

コドモダマシ

反社会学講座(文庫)

つっこみ力

反社会学の不埒な研究報告