fc2ブログ

反社会学講座ブログ

パオロ・マッツァリーノ公式ブログ
反社会学講座ブログ TOP > 未分類 > 秀逸だったNNNドキュメント

秀逸だったNNNドキュメント

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。テレビのドキュメンタリー番組は、おもしろそうなものをとりあえず録画しておいて、あとから見ることが多いです。最近、秀逸なのがありましたので、放送からだいぶ時間が経ってしまったのですが、紹介しておきます。

 6月21日深夜に日テレで放送された『NNNドキュメント 封印~沖縄戦に秘められた鉄道事故』。
 この日のテーマは、戦時中に沖縄で起きた知られざる鉄道事故。沖縄には鉄道はないと思ってたのですが、戦前にはあったんですね。戦火で鉄道施設が破壊されてしまったあと、再建されなかったのだそうです。戦時中はおもに軍が兵士や物資の輸送に使い、民間人もついでに乗せてもらうような感じで利用してたのだとか。
 昭和19年12月のある日、弾薬や医療物資を満載した貨車の上に数百人の兵士と民間人が座った状態で走っていたところ、機関車の火の粉が飛んで、積んでいたガソリンに引火します。そばにいた兵士や女学生の数人は、あわてて列車から飛び降りて九死に一生を得ますが、またたく間に燃え上がった火は弾薬に引火して大爆発。大半の乗客は逃げる間もなく、200名以上が死亡しました。
 悪いことは重なるもの。来たるべき米軍上陸に備えて、線路脇のサトウキビ畑に弾薬が野積みにされていたのですが、それにも火が燃え移って爆発したことで、大量の弾薬が失われてしまいます。
 無蓋車での弾薬輸送は危険だからと軍規で禁じられていたのに、現場ではやってたんです。軍の上層部は箝口令を敷き、この失態を封印したけれど、弾薬の補給がないままでは、数か月後に上陸した米軍とまともに戦えるはずもなく、一方的な負け戦となることは、はなから確定していました。
 これ、事故の原因として、典型的といってもいいパターンです。安全のために設定されたルールは、なぜそれが必要なのかという理由まで周知されてないと形骸化し、現場の勝手な判断で、無視されてしまうんです。
 安全のためのルールを無視したことで起こった事故が、その後の歴史にまで大きな影響を及ぼしてしまったのでした。こんな映画みたいな出来事が本当にあったんですね。
[ 2020/07/08 13:24 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

Author:パオロ・マッツァリーノ
イタリア生まれの日本文化史研究家、戯作者。公式プロフィールにはイタリアン大学日本文化研究科卒とあるが、大学自体の存在が未確認。父は九州男児で国際スパイ(もしくは某ハンバーガーチェーンの店舗清掃員)、母はナポリの花売り娘、弟はフィレンツェ在住の家具職人のはずだが、本人はイタリア語で話しかけられるとなぜか聞こえないふりをするらしい。ジャズと立ち食いそばが好き。

パオロの著作
つっこみ力

読むワイドショー

思考の憑きもの

サラリーマン生態100年史

偽善のトリセツ

歴史の「普通」ってなんですか?

世間を渡る読書術

会社苦いかしょっぱいか

みんなの道徳解体新書

日本人のための怒りかた講座

エラい人にはウソがある

昔はよかった病

日本文化史

偽善のすすめ

13歳からの反社会学(文庫)

ザ・世のなか力

怒る!日本文化論

日本列島プチ改造論(文庫)

パオロ・マッツァリーノの日本史漫談

コドモダマシ(文庫)

13歳からの反社会学

続・反社会学講座(文庫)

日本列島プチ改造論

コドモダマシ

反社会学講座(文庫)

つっこみ力

反社会学の不埒な研究報告