fc2ブログ

反社会学講座ブログ

パオロ・マッツァリーノ公式ブログ
反社会学講座ブログ TOP > 未分類 > 春ドラマ評と夏ドラマ序盤のおすすめ

春ドラマ評と夏ドラマ序盤のおすすめ

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。春ドラマは序盤のおもしろさを維持したまま、『大豆田とわ子』と『イチケイのカラス』が最後まで楽しませてくれました。
 『大豆田』は本当に毎週楽しみで、録画でなく放送時間に観てたほど。おしゃれなライトコメディのようなフリをしていながら、けっこう途中で驚くような重い展開があったりもします。親友の突然の死ですら、人生の中ではひとつの通過点にすぎず、それでもひとは生きていくものなのです。エンディングテーマも気にいったのでiTunesで購入して聴いてます。
 それともう1本、NHKはドラマの開始時期をシーズンで合わせないから序盤で紹介できなかったのですが、『半径5メートル』も、身近な社会問題をちょっと違う角度から調べてみたら……? というテーマが光る良心的な作品でした。

 さて、夏ドラマ序盤戦ですが、私のおすすめは、この3本。
『ハコヅメ』
『TOKYO MER』
『シェフは名探偵』

『ハコヅメ』は戸田さんと永野さんで大正解。この手の作品は、コメディエンヌの資質がない女優さんがやったら大惨事になりかねませんから、キャスティングが命です。とくに戸田さんは毒っ気も出せて緩急自在な人なので、はまり役になるかも。
 で、ついでにムロツヨシさんまで入ってて、3人並ぶと、ドラマファンは嬉しくなってしまいます。
 リアルな交番勤務の実態が元になってるので、多少デフォルメはあるにしても、荒唐無稽ではなく、わりとしっかりしたお仕事ドラマになってるところもよし。
 初回で自殺未遂をする人が住んでるアパートが、前クールの『コタローは1人暮らし』と同じだと気づいて調べたら、撮影専用のアパートだそうです。住人がいるアパートで撮影許可を取るのは大変そうだから、そういう需要はあるでしょうね。

 私の中では『ER』という金字塔がそびえ立っているので、医療ドラマの評価はどうしても辛いものになってしまいます。『ナイトドクター』は初回のアタマ20分で新たな魅力をなにも感じられなかったのでやめました。
『TOKYO MER』も、移動式MERのお披露目式の最中に出動要請がかかるなんて、偶然すぎるだろ、とシラケかけたものの、その後の怒濤の展開で不自然さを払拭してしまうあたりが上手い。いつのまにか医師たちを応援してる自分に気づくのです。
 まあ、『ER』は凌駕できないにしても、このドラマが海外ドラマに勝負を挑もうとしてる気概はビシビシ伝わってきます。近頃は配信で海外の大作ドラマが気軽に観られるようになり、ますます日本のテレビドラマがしょぼく感じられるようになりました。これくらい熱量があるドラマも、たまにはいいものです。

 一転して、『シェフは名探偵』はリラックスして観られる日常系ミステリ。殺人などの犯罪が起きるわけではなく、職場や家庭で起きる不思議な現象や、誰かの不可解な行動の謎を解き明かすのが、日常系ミステリ。人間って案外、論理的ないきものなんです。無意味な行動はめったにしません。奇妙な行為にはたいてい何か理由があります。
 たとえばこのドラマの初回では、近所の店のショコラティエがチョコの詰め合わせ個数を必ず素数にしている理由が解き明かされてました。
 日常系ミステリは、謎があまりに凡庸だとつまらないし、複雑すぎるとウソ臭くなる。さじ加減がけっこう難しいのですが、このドラマは毎回ほどよいレベルの謎を提供してくれます。
[ 2021/07/11 20:05 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

Author:パオロ・マッツァリーノ
イタリア生まれの日本文化史研究家、戯作者。公式プロフィールにはイタリアン大学日本文化研究科卒とあるが、大学自体の存在が未確認。父は九州男児で国際スパイ(もしくは某ハンバーガーチェーンの店舗清掃員)、母はナポリの花売り娘、弟はフィレンツェ在住の家具職人のはずだが、本人はイタリア語で話しかけられるとなぜか聞こえないふりをするらしい。ジャズと立ち食いそばが好き。

パオロの著作
つっこみ力

読むワイドショー

思考の憑きもの

サラリーマン生態100年史

偽善のトリセツ

歴史の「普通」ってなんですか?

世間を渡る読書術

会社苦いかしょっぱいか

みんなの道徳解体新書

日本人のための怒りかた講座

エラい人にはウソがある

昔はよかった病

日本文化史

偽善のすすめ

13歳からの反社会学(文庫)

ザ・世のなか力

怒る!日本文化論

日本列島プチ改造論(文庫)

パオロ・マッツァリーノの日本史漫談

コドモダマシ(文庫)

13歳からの反社会学

続・反社会学講座(文庫)

日本列島プチ改造論

コドモダマシ

反社会学講座(文庫)

つっこみ力

反社会学の不埒な研究報告