fc2ブログ

反社会学講座ブログ

パオロ・マッツァリーノ公式ブログ
反社会学講座ブログ TOP > 未分類 > ボートマッチは試す価値があります

ボートマッチは試す価値があります

 こんにちは、新党アルデンテ代表、パオロ・マッツァリーノです。前回に続いて選挙についてのお話。
 候補者の訴えをいろいろ聞いても、結局、誰に投票していいのかわからないという意見は、とくに若い人の間では多いと思います。むしろマジメな若者ほど、候補者全員の意見を聞いてみよう、読んでみようとして、かえって迷ってしまうんじゃないですか。
 そりゃあたりまえなんです。自分とまったく同じ考えの候補者なんていないんですから。経済政策に関してはこの人と同意見だけど、この人の安全保障についての意見には全然賛成できないんだよなあ、みたいな、もやもやするケースばっかりです。
 政党や候補者はさまざまな主張を一皿に盛って提供してくるわけで、いわば選挙は定食を選ぶようなものなんです。自民定食とか立憲定食とかがメニューにあるのですが、どの定食にも自分の好きなものと嫌いなものが入ってる。自分の好きなものだけ選ぶということができないのが選挙です。
 好きなものだけが入ってる定食を提供してる政党や候補者は逆に怪しい。都合の悪いことを隠してる可能性が高いです。だから、好きなものを選ぶと自動的に嫌いなものも食わなきゃならないと思ったほうがいい。じゃあ嫌いなものが少ない定食を選べばいいかというと、そういう定食には好きなものも入ってなかったりするんですよね。

 そこで、マスコミ各社がネットで提供してるボートマッチというのをやってみてはいかがですか。カタカナで書くと船こぎ競争みたいだけど、vote、投票ですね。政党や候補者と自分の意見がどれくらいマッチするかを判定してくれるシステムです。
 私もいくつか試してみましたが、ほとんどのものは政党とのマッチングしか判定できません。そんななか、NHKが参院選特設ページでやってるボートマッチは候補者個人とのマッチングもわかるので、おすすめです。
 それで高い数値が出た候補者何人かの主張を詳しく読んでみて、最終的に自分で決めるというのがいいかもしれません。
 私がやってみたところでは、もっとも高い人でも58%でした。まったく注目してなかった人と意外とマッチング率が高いことがわかり、主張を読んでみると、こういう考えの人だったのか、とわかったりとか、とりあえず試してみる価値はありますよ。

 で、自分とはマッチングしなかった人も含めて、いろんな候補者の意見を見ているうちに気づいたのですが、ほとんどの質問に無回答の人がいるんです。それって答えたくないの? それとも政治のことなんてなにもわからないってことなの? しかも、自民党の候補なのに、これまでの岸田政権をどの程度評価しますかという質問に無回答って人がいるのにはさすがに呆れました。
 でもこの人、自民党という強いブランド力をバックに当選してしまう可能性はあります。その場合、政治のことなど何もわかってない、何の意見も持ってない人が議員になってしまうわけです。
 ほら、だから私は前回のブログで、参議院は国民から抽選で選んでも現状とたいして変わらないだろうといったんです。
[ 2022/07/05 17:25 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

Author:パオロ・マッツァリーノ
イタリア生まれの日本文化史研究家、戯作者。公式プロフィールにはイタリアン大学日本文化研究科卒とあるが、大学自体の存在が未確認。父は九州男児で国際スパイ(もしくは某ハンバーガーチェーンの店舗清掃員)、母はナポリの花売り娘、弟はフィレンツェ在住の家具職人のはずだが、本人はイタリア語で話しかけられるとなぜか聞こえないふりをするらしい。ジャズと立ち食いそばが好き。

パオロの著作
つっこみ力

読むワイドショー

思考の憑きもの

サラリーマン生態100年史

偽善のトリセツ

歴史の「普通」ってなんですか?

世間を渡る読書術

会社苦いかしょっぱいか

みんなの道徳解体新書

日本人のための怒りかた講座

エラい人にはウソがある

昔はよかった病

日本文化史

偽善のすすめ

13歳からの反社会学(文庫)

ザ・世のなか力

怒る!日本文化論

日本列島プチ改造論(文庫)

パオロ・マッツァリーノの日本史漫談

コドモダマシ(文庫)

13歳からの反社会学

続・反社会学講座(文庫)

日本列島プチ改造論

コドモダマシ

反社会学講座(文庫)

つっこみ力

反社会学の不埒な研究報告