fc2ブログ

反社会学講座ブログ

パオロ・マッツァリーノ公式ブログ
反社会学講座ブログ TOP > 未分類 > 社会派ドラマの傑作の予感

社会派ドラマの傑作の予感

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。サッカーに1ミリも興味がない私はいつもどおり映画やドラマを観ています。先日、アマゾンプライムビデオに再加入しました。
 今回のお目当てのひとつは『シン・ウルトラマン』。ちゃんとSFマインドみたいなものを感じさせてくれるのがよかったです。ただ、SF的な要素の説明は必要最低限で済ませてしまってるので、SFを囓ってきた人たちは、だいたいああいうことだなと察することができますが、わからない人たちはちょっと置いてけぼりをくらうかもしれません。
 『シン・ゴジラ』ほどのレベルには至らなかったけど、ありきたりなヒーローものとはひと味違う、オトナの鑑賞にも耐える作品にはなってます。

 『シン・ウルトラマン』では捕まって変身できないウルトラマンの救出に単身で乗り込んだり、巨大化させられたり(笑)と大活躍だった長澤まさみさんは、今期のテレビドラマでも活躍中。
 それが『エルピス』。いま私が観続けてる連ドラは『エルピス』と『PICU』の2本です。両方とも女性脚本家によるオリジナル作品で、最近は、女性脚本家のほうが社会問題に果敢に取り組んで、いい作品に仕上げてる気がします。野木亜紀子さんも『アンナチュラル』や『MIU404』ではけっこう社会性の強いテーマを盛り込んでました。
 中島みゆきさんの歌じゃないけど、ホントによのなか、戦わない連中が戦う者を嗤ってるケースばかりです。会社や社会の不正や不条理と戦おうともせず、怒りもせず、正しさとは何かと思考することさえ忌避して、「それがオトナだから」「よのなかそういうもんだから」「会社の方針には従わなきゃいけないから」みたいな薄っぺらい理由を免罪符にしてる体制順応ことなかれ主義者は、20代30代の若い人にも多いですからね。

 眞栄田郷敦さん演じるADの「正しいことがしたいなあ」ってセリフが刺さります。長澤さんが演じる落ち目のアナウンサーとともに、会社と、そして世間の理不尽に怒り、戦い、正しさとは何かを問うフィクションであると同時に、このドラマは制作陣の戦いでもあるんです。
 5年くらい前にTBSでボツにされた企画を、プロデューサーが関西テレビに移籍して実現させたと聞いて、ビックリしました。戦ってるなあ。
 なんでTBSはボツにしたんだろう。報道がウリのTBSこそ、こういう社会性の強いドラマをやるべきなんじゃないの。テレビ局がテレビ局の内情を批判するドラマはタブーなのかな。まあ、メンツとか忖度とか事なかれ主義とか、志の低い連中による自己保身なんだろうけど、そのあたりのテレビ局内の理不尽さへの批判も脚本にしっかり込められてます。会社内では上の男たちのメンツを傷つけないようにふるまわなきゃいけないとかね。
 TBSでボツになったときからすでに主演は長澤さんで決まっていたそうですが、期待にじゅうぶん応える演技をしています。アナウンサーとして画面に登場するときはアナウンサーの発声でしゃべってるし、弱さと強さの振れ具合の表現とか。
 ものまね芸人たちはいまだに、ハタチくらいの頃のヘラヘラしてた長澤さんのイメージをマネしてますが、いつのまにか、シリアスも笑いも演じられる凄い女優さんになってます。

 もちろん渡辺あやさんの脚本の素晴らしさはいわずもがな。プロデューサーや脚本家の戦いを、演出が凝った映像で後押ししてます。私は映像表現の専門家じゃないのでうまく説明できないんだけど、画面からは映画的な陰影というか色づかいというか、そんな印象を受けます。テレビドラマってけっこう、べたーっと撮ってるのが多いんですよね。テレビだと明るく見やすいほうがいいって配慮もあるのでしょうけど。

 『PICU』にもふれておかねば。ようやくこのテーマ、小児救急医療が取りあげられました。
 日本は乳児死亡率の低さでは世界トップレベルです。生まれて1年以内に死ぬ赤ん坊が極端に少ないことは誇っていい。でも、1歳から5歳までの死亡率となると、先進国のなかでワーストに近いという事実はずっと前から知られていたのに、長年無視されてきたんです。
 むかしの俗説では、弱い赤ん坊をムリに生かしてしまうから、その子たちが幼児期に亡くなって死亡率を高めているのだろう、なんていわれてたのですが、10年くらい前だったかな? 厚労省と医学者による研究班がその俗説が間違いであると立証し、真の理由を突き止めました。日本は他の先進国に比べ、小児救急がある病院も医師も極端に少ないから幼児死亡率が高いのだと。
 小さいお子さんをお持ちの親御さんたちは、覚悟しておいたほうがいい。あなたのお子さんが重病や重傷になったら、適切な治療を受けられずに亡くなる可能性が非常に高い。それが日本の現実です。なのに、小児救急医療を充実させようって気運は盛り上がらない。ドラマもその辺を描いてます。
 それは仕方ない? よのなかそういうもんだ? 少子化を問題視しておきながら、こどもが死ぬのはかまわないってのは矛盾してない? 不条理な現実に怒らず容認し、なんの改善も求めないのがオトナなのですか? 
 ドラマやフィクションは問題を提起することができます。でも、実際に問題解決に取り組むかどうかは、現実の人間の判断と行動次第です。
[ 2022/11/29 17:46 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

Author:パオロ・マッツァリーノ
イタリア生まれの日本文化史研究家、戯作者。公式プロフィールにはイタリアン大学日本文化研究科卒とあるが、大学自体の存在が未確認。父は九州男児で国際スパイ(もしくは某ハンバーガーチェーンの店舗清掃員)、母はナポリの花売り娘、弟はフィレンツェ在住の家具職人のはずだが、本人はイタリア語で話しかけられるとなぜか聞こえないふりをするらしい。ジャズと立ち食いそばが好き。

パオロの著作
つっこみ力

読むワイドショー

思考の憑きもの

サラリーマン生態100年史

偽善のトリセツ

歴史の「普通」ってなんですか?

世間を渡る読書術

会社苦いかしょっぱいか

みんなの道徳解体新書

日本人のための怒りかた講座

エラい人にはウソがある

昔はよかった病

日本文化史

偽善のすすめ

13歳からの反社会学(文庫)

ザ・世のなか力

怒る!日本文化論

日本列島プチ改造論(文庫)

パオロ・マッツァリーノの日本史漫談

コドモダマシ(文庫)

13歳からの反社会学

続・反社会学講座(文庫)

日本列島プチ改造論

コドモダマシ

反社会学講座(文庫)

つっこみ力

反社会学の不埒な研究報告