fc2ブログ

反社会学講座ブログ

パオロ・マッツァリーノ公式ブログ
反社会学講座ブログ TOP > 未分類 > 『レコード芸術』の休刊と新時代のクラシック入門スタイル

『レコード芸術』の休刊と新時代のクラシック入門スタイル

 こんにちは、パオロ・マッツァリーノです。図書館で『レコード芸術』の最終号を読んできました。
 『レコード芸術』は戦後まもなくの創刊以来、およそ70年にわたってクラシック音楽のレコード・CDの新譜情報やレビューなどを載せてきた老舗雑誌でした。といってもクラシックを聴かない人たちにとってはまったく縁のない雑誌だったことでしょう。
 ただ、歴史の長い雑誌ですから、数か月前に突如休刊が発表されると、新聞各紙で報じられました。

 私は10代のころは洋楽、20代からはもっぱらジャズを聴いてきました。クラシックのおもしろさがわかるようになったのは、ようやく40歳過ぎてからで、それ以来、クラシックの新譜情報に関しては『レコード芸術』にほぼ依存してました。
 でも買ったことは一度もありません。毎月図書館で読んで、興味のある新譜をメモっておき、iTunes StoreやSpotifyで試聴、気にいったものはCDやiTunesで購入、というのが習慣になってたんです。
 コロナ禍で図書館の利用が制限されたころ、auブックパスの雑誌読み放題で『レコード芸術』が読めると知って利用するようになりました。家で読めるので便利だったのに、去年の12月号を最後に『レコード芸術』が読み放題から突如消えたんです。
 がっかりしてブックパスを解約。また図書館で読む習慣に戻った矢先の休刊発表。そうか、去年末にはもう休刊が決まってたんだな、とそのとき悟った次第。

 私としては2010年にジャズCDの情報誌『スイングジャーナル』が休刊したときのほうがショックでしたね。『スイングジャーナル』は毎月買ってましたから。こちらも創刊は『レコード芸術』と同時期の老舗雑誌だったのですが、一足先に力尽きたのでした。
 ジャズもクラシックも音楽界では斜陽ジャンルなのでしょう。ファンは減る一方って気がします。『レコード芸術』はよくここまで持ちこたえたものです。

 そもそもCD自体が売れなくなってきた時代です。サブスクで新譜も旧譜も全部聴けちゃうだなんて、なんかもう、暴力的な革命ですよね。
 私もSpotifyを使ってみて愕然としました。これまで何十年、CDをコツコツ買い集めて自分だけのライブラリを作ってきた努力はなんだったのか、と。ジャズもロックもクラシックも、ほぼ全部Spotifyで聴けるじゃん。そりゃあ、CDショップもCDレンタルも廃業するわなぁ。

 さて、今後はクラシックの新譜情報をどうやって知るかが悩みどころ。クラシックファンが書いてるブログを検索して読んでみると、途方に暮れてるかたもけっこういらっしゃるようで。
 『レコード芸術』は国内盤レビューよりも、海外盤の新譜紹介ページを楽しみにしてた人が多かったんじゃないでしょうか。ジャズでもクラシックでも、ホントにおもしろいのは輸入盤なんですよね。
 ジャズの場合、『スイングジャーナル』亡き後も、ディスクユニオンなどのCD輸入販売店が熱心に海外盤新譜情報をネットで流してくれてるのでおおいに助かってます。
 でもクラシックには、そういう日本のサイトやショップが見当たりません。クラシックに詳しいマニアはどこから情報を仕入れてるのだろうとブログなどを探したら、イギリスのprestomusicというショップが紹介されてました。覗いてみるとたしかにかなり詳しい情報とレビューが満載なので、しばらくはここを頼りにしてみようかと思います。

 さて、これからクラシックを聴いてみようと思ってる奇特な人がいたら、迷わずSpotifyなどのサブスクをおすすめします。他のサブスクを利用したことがないので比較はできませんが、Spotifyにはクラシックの名盤といわれるものも新譜も、ほとんど揃ってます。
 たとえば、ベートーヴェンの「運命」の冒頭だけをさまざまな指揮者のバージョンで聴き比べるなんて贅沢な楽しみかたも、サブスクなら簡単にできてしまいます。

 ガイドブックとしておすすめしたいのが、『新時代の名曲名盤500+100』(音楽之友社)というムック。これは『レコード芸術』の恒例企画として、5年ごとぐらいに改訂されてきたクラシックの名盤CDガイドです。
 今年初めに改訂版が出たばかりですが、名盤の選定委員の平均年齢を下げたことで内容も刷新されました。以前は1950~70年代に録音された巨匠指揮者の古臭い演奏をありがたがる年寄り批評家の意見が幅をきかせてたのですが、選者が若くなったことで、今世紀に入ってから録音された名盤がランキングの上位を占めるようになったんです。
 過去の巨匠の演奏って、古臭くてつまらないと、ずっと思ってました。私は楽器も演奏できないし、クラシック音楽の理論についてもまったくの無知なシロウトです。だからどこがどうつまらないのか説明はできないのですが、最近の演奏のほうが聴いてて楽しいんです。この新たなランキングを見て、自分の感覚は間違ってなかったのだと嬉しくなりました。

 このムックを参考にして、サブスクで片っ端から聴いてみるというのが、それこそ新時代にふさわしいクラシック入門スタイルではないかと思います。
 『レコード芸術』は休刊になったけど、『名曲名盤500』の5年ごとの改訂は、今後も続けていただけませんかね、音楽之友社さん。
[ 2023/06/22 20:30 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

Author:パオロ・マッツァリーノ
イタリア生まれの日本文化史研究家、戯作者。公式プロフィールにはイタリアン大学日本文化研究科卒とあるが、大学自体の存在が未確認。父は九州男児で国際スパイ(もしくは某ハンバーガーチェーンの店舗清掃員)、母はナポリの花売り娘、弟はフィレンツェ在住の家具職人のはずだが、本人はイタリア語で話しかけられるとなぜか聞こえないふりをするらしい。ジャズと立ち食いそばが好き。

パオロの著作
つっこみ力

読むワイドショー

思考の憑きもの

サラリーマン生態100年史

偽善のトリセツ

歴史の「普通」ってなんですか?

世間を渡る読書術

会社苦いかしょっぱいか

みんなの道徳解体新書

日本人のための怒りかた講座

エラい人にはウソがある

昔はよかった病

日本文化史

偽善のすすめ

13歳からの反社会学(文庫)

ザ・世のなか力

怒る!日本文化論

日本列島プチ改造論(文庫)

パオロ・マッツァリーノの日本史漫談

コドモダマシ(文庫)

13歳からの反社会学

続・反社会学講座(文庫)

日本列島プチ改造論

コドモダマシ

反社会学講座(文庫)

つっこみ力

反社会学の不埒な研究報告